CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【B&G職員リレートーク】この1年を振り返る | Main | 新たな仲間の誕生を祝して! B&G江田島海洋クラブ»
プロフィール

B&Gロゴ-JPGデータ大.jpg

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 
カテゴリ
検索
検索語句
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
リンク集
ブログアーカイブ

水プロブログアーカイブ
東北地方太平洋沖地震支援基金 http://blog.canpan.info/bgf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bgf/index2_0.xml
利用者主体のサークルづくり&家族の絆づくりがモットーです! 仙台市泉B&G海洋センターの取り組み [2016年03月23日(Wed)]
利用者主体のサークルづくり&家族の絆づくりがモットーです!
仙台市泉B&G海洋センターの取り組み


B&G財団 広報課 美濃越香織

「B&G海洋センター」というと自然豊かな場所にあるというイメージを持つ人が多いと思いますが、東北地方最大の都市である仙台市の住宅街の中にも海洋センターがあります。今回は、利用者主体のサークルづくりと家族の絆づくりを二大目標に掲げる「仙台市泉B&G海洋センター」をご紹介します!

160323_仙台泉01.jpg
仙台市泉B&G海洋センタースタッフの皆さん

体育館のスケジュールは半年先までビッシリ!

仙台市泉B&G海洋センターは、1983年に体育館・プールの施設としてオープン。東日本大震災の影響による地盤沈下のためプールを閉館しましたが、体育館には影響がなく、活発な運営を行っています。

オープン当初から、「海洋センター主催の教室を利用者主体のサークルにしていくこと」を目標にしており、教室からサークルへと16団体が発展。現在、月間2,000人の地域住民が海洋センターでサークル活動に励んでいます。
ただし、何もせずに教室がサークルとして定着した訳ではありません。教室をサークルに発展させるため、規約づくりや会費設定などサークルの立ち上げ方法について、担当者が親身になって相談に乗ったそうです。

また、B&G指導者歴30年以上で、現在海洋センターを担当する菅原道彦さん(第9期アドバンスト・インストラクター)は、「B&Gの体育館はとても人気で、半年先までスケジュールが埋まっています。当然、予約も取りにくいのですが、サークルの皆さんが活動を続けられるよう細かい時間設定を行い、なるべく多くの団体が利用できるようにしています。また、利用者の皆さんとは積極的に接するようにしています」と話し、せっかくできたサークルを継続させるために、場所の確保や利用者との交流を意識して行っているそうです。

160323_仙台泉02.jpg
今月の予定もビッシリ


160323_仙台泉03.jpg
掲示板には多数のサークルの参加者募集ちらしが貼ってあります



人気の秘密はトランポリン!?

私が訪れた3月4日(金)は、幼児から小学生を対象にした「ジュニア体操教室」を行っており、12人の子供達が練習に励んでいました。この教室は、「体操を好きになってほしい」という目的のもと開催されている体操入門クラスで、子供達はトランポリンや跳び箱の練習を楽しんでいました。

指導するジュニア体育研究所の成島先生は、「ここには、トランポリンがあるのがいいですね。トランポリンは、楽しみながらバランス感覚を養うことができます。子供達にも大人気です」と話していました。
このトランポリンは、「学校には無いものだからこそ、海洋センターに置きたい」という菅原さんの強い想いでオープン当初に購入したものだそうで、30年間以上も活躍しています。

また、サークル化とともに海洋センターが目指したものは、家族の絆を深めること。「家族スポーツの日」を年に3回設定し、トランポリンやニューススポーツを家族で楽しむイベントも行っています。この「家族スポーツの日」に海洋センターを訪れた人が、サークルのちらしを見て、サークルに加入することもあるそうです。

160323_仙台泉04.jpg
自由に飛び跳ねたり、先生とバクテンの練習をしたりと大活躍のトランポリン


160323_仙台泉05.jpg
体操教室の皆さんは、とても仲が良く海洋センターに来るのが楽しみだそうです


今回、仙台市泉B&G海洋センターを訪れて感じたことは、利用者との交流をとても大切にしているということ。教室をサークル化した後は、ただ場所を貸すだけ・・・というのではなく、その後のサポートを丁寧に行い、サークル活動の継続につなげています。この日も、利用者とスタッフの皆さんが談笑しており、とても温かい雰囲気に包まれていました。
「今後も海洋センターでは、学校でできないことを実施していきたい」と笑顔で話す菅原さん。今後の海洋センターの活動も楽しみです。

160323_仙台泉06.jpg
B&G会長杯バスケットボール大会は300人が参加。トロフィーには30年の歴史が刻まれています




B&G財団の活動へのご支援をお願いしております。      
寄付の方法について  詳しくはこちら
当財団に対するご寄付は一定の税制優遇の対象となります。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1169678

コメントする
コメント
Trackback type=