CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ドングリにつて学ぼう!植樹ウォーキング:B&G瀬戸内海洋クラブ(岡山県瀬戸内市) | Main | 「地域に届けよう 笑顔と元気」を合言葉に、B&G指導員が大集合! 〜第3回B&G全国指導者会 総会 開催!〜»
プロフィール

B&Gロゴ-JPGデータ大.jpg

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 
カテゴリ
検索
検索語句
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
リンク集
ブログアーカイブ

水プロブログアーカイブ
東北地方太平洋沖地震支援基金 http://blog.canpan.info/bgf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bgf/index2_0.xml
苗木の成長をクラブ員で見守る!:B&G与論海洋クラブ(鹿児島県) [2016年02月09日(Tue)]
2015年11月23日(月)、与論町茶花コースタルリゾート海岸にて、2013年“B&G「海を守る植樹教育事業」植樹祭”が行われた植樹地の手入れと、周辺海岸の知識を深めるための環境学習、及び清掃活動を行いました。

参加者 4名
運営体制1名

与論写真2.jpg
海側の写真。アダン、モンパの木、クサトベラなどが急速成長!

苗木の成長に感動

小さな苗が台風被害や北風で傷まないよう、成長をクラブ員で見守ろう!ということで始まった緑化活動。始めた頃はツタが植栽に巻き付いていたこともあって、雑草取りなどを行っていましたが、現在は著しく成長している種類もあるので、参加した子供たちに草木の特徴などを説明しました。

また、毎月1回カヌーなどでB&G艇庫から植樹地までツーリングを楽しみながら、海から学ぶ環境学習としての活動を行っていますが、今回は北風が強くカヌーでのツーリングは中止にしました。

与論写真.jpg
植樹地の反対側。こちらも順調に成長し、人の背丈ほどに伸びています。


●成果と課題
・海に近い前方の場所では潮風に強いクサトベラ、アダン、モンパの木が大きく育っていた。
・マウンドの頂上部などは成長の遅い木が多く、定期的に草むしりやツタ取りをしていくよう、今後も海洋クラブ員と共に見守っていきたい。

●参加者感想
・小さかった苗がだんだんと伸び広がり、足の踏み場に困るほどの成長したことに驚いた。
・夏場などに、植樹地で海洋イベント開催してみてはどうか?と言う意見もあった。

●運営者感想
・参加者が少なく冬場のクラブ活動も減る中、集まったメンバーに協力していただき、植樹地の草取りなどの甲斐あって、植えた苗が大きく育った。
・多くの与論島住民に協力していただき、植えた苗を海洋クラブ員と協力し助け合いながら大切に育て見守っていく。来年は、同じ場所で多くの人が楽しめるような海洋レクレーションのイベントを開催したい。



トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1159073

コメントする
コメント
Trackback type=