CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«指導者会の子供たちが、がんばりました!〜宍粟市波賀海洋センター「海を守る植樹教育事業」育苗活動〜 | Main | 海洋センターを活用した地域コミュニティの再生に関するモデル事業 熊本県 湯前町 の今(湯前町B&G海洋センター)12月レポート»
プロフィール

B&Gロゴ-JPGデータ大.jpg

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 
カテゴリ
検索
検索語句
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
リンク集
ブログアーカイブ

水プロブログアーカイブ
東北地方太平洋沖地震支援基金 http://blog.canpan.info/bgf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bgf/index2_0.xml
総勢101人が7日間にわたって活動!〜B&G豊津海洋クラブ「海を守る植樹教育事業」育苗活動〜 [2015年12月25日(Fri)]
福岡県みやこ町では、これまで大雨や豪雨のときに町を流れる祓川が氾濫していましたが、洪水の調整や水道用水の貯水、農業用水等の水量の安定化を目的に、平成30年3月に伊良原ダムが完成することになりました。

ダムの工事に伴い、広いエリアが水に沈んで環境への影響も大きいわけですが、少しでもこうした影響を和らげようと、できる限りダム計画地周辺地域に生育している樹木を利用して貯水池周辺等に植栽する計画が進められています。

既に伊良原小学校など地元小学生が周辺で採取してきたドングリを蒔き育て、植樹するための苗木づくりを行っていますが、B&G豊津海洋クラブでも豊かな森の再生に役立てようと、今年、B&G「海を守る植樹教育事業」の育苗活動を行いました。

151225_豊津01.jpg
海洋センター広場でドングリの種類の説明を聞く海洋クラブ員

地元の保育園児や小学生も参加

育苗活動には、海洋クラブ員に加えて豊津保育園および祓郷小学校の1年生も授業で取り組んでいただけることになり、クラブ員の保護者や小学校教諭も合わせて総勢101名が、
10月3日から11月26日までの中の7日間にわたって作業に励みました。

●各実施日の活動
10月3日 (土):事業説明、ドングリ拾い(海洋クラブ員)
10月10日(土):ドングリ蒔き付け(海洋クラブ員)
10月20日(火):ドングリの種類の説明、ドングリ拾い(祓郷小学校1年生)
10月22日(木):事業説明、ドングリ蒔き付け(祓郷小学校1年生)
11月 4日(水):ドングリ拾い(豊津保育園児)
11月7日(土) :ドングリの種類の説明、ドングリ蒔き付け(海洋クラブ員)
11月26日(木):ドングリ工作(祓郷小学校1年生)


盛りだくさんの内容に子供たちは大喜び!

活動してみて、まずは子供も大人もドングリの種類がたくさんあることに驚きました。経験がないためか、ドングリ拾いではたくさん地面に落ちているのに気付かない場面も多々ありました。

蒔き付けでは踊り出す子もいて、たいへん楽しく作業が進みましたが、内心、来春本当に芽が出るかどうか心配です。工作も行いましたが、みやこ町中央公民館館長の中村誠一さんが3種類の工作を考えくれ、最後にはゲームなど盛りだくさんの内容で、小学生たちは大満足していました。

●海洋クラブ員(スポネットTOYOTSU会員)の活動
10月3日(土)
151225_豊津02.jpg
豊津B&G海洋センターで事前説明を聞きました


151225_豊津03.jpg
海洋センター周辺の公園で、マテバシイのドングリを拾いました。
バケツ4個分も取れ、これが後で工作に使うアルパカの胴体になりました


10月10日(土)
151225_豊津04.jpg
サッカー教室のジュニアプログラムの合間を縫って、ドングリの蒔き付けを行いました


151225_豊津05.jpg
きちんと並べて蒔き、この後ワラを敷いてB&Gプールに置きました


●祓郷小学校1年生の活動
10月22日(木)
151225_豊津06.jpg
なぜ植樹をするのかなどを教えてもらい、
蒔き方の注意を聞きいてから蒔きました


151225_豊津07.jpg
蒔いてからワラを被せ、水をまいた後に、「芽が出ろ芽が出ろ!どんぐりさん!」
と踊りだす班もありました


11月26日(木)
151225_豊津08.jpg
みやこ町公民館館長の中村誠一さんを講師に迎えて、ドングリ工作です


151225_豊津09.jpg
枝にとまったドングリ鳥。子供一人ひとりが好きなところを選んで作りました


151225_豊津10.jpg
4つ足の動物を、子供たちは「アルパカをつくった」と言っていました
他にも「ドングリパチンコゲーム」で遊び大喜び


●豊津保育園の活動
11月4日(水)
151225_豊津11.jpg
豊津保育所の皆さん43人に袋を渡し、クヌギを拾ってもらいました


151225_豊津12.jpg
ドングリを拾ったことがないのか、
目の前のどんぐりが分からない子供もたくさんいましたが、
天気もよく楽しい時間でした


【参加者の感想】
・ドングリ拾いでは、ドングリの種類がたくさんあって楽しかった。
・植えたドングリが、早く大きくなって森ができたらいいな。
・大人になったら、ドングリの森をみんなで見に行きたい。
・アルパカのドングリ工作を教えてくれてありがとう。

【スタッフの感想】 豊津海洋クラブB&G植樹リーダー 進友雄さん
・地域の樹木を調査して、運営側も驚くほど知らないドングリが多くあった。また、運営委員の教頭からの呼びかけで、祓郷小学校の1年生が取り組んでくれるようになるなど、思った以上に多くの方に協力していただいた。
・祓郷小学校の1年生は育苗もしてくれることから、2〜3年後の植樹場所についても早々に決めなければならない。子供たちの多くが、植樹して大人になったら大きくなった木を見に行きたいと言っているので、責任重大だ。
・ドングリ工作では、小学生が安全に、簡単にできるよう事前に準備し、2時間30分の間飽きさせず工作やゲームなどで指導いただいた中村さんに感謝したい。


B&G財団の活動へのご支援をお願いしております。      
寄付の方法について  詳しくはこちら
当財団に対するご寄付は一定の税制優遇の対象となります。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1148055

コメントする
コメント
Trackback type=