CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「ニュージーランドと言えばラグビー!」だけじゃない! 〜南半球でマリンスポーツに励むB&Gのイケメン・セーラーたち〜 | Main | 【B&G職員リレートーク】 あらためて「ブルーシー」と「グリーンランド」を想う»
プロフィール

B&Gロゴ-JPGデータ大.jpg

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 
カテゴリ
検索
検索語句
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
リンク集
ブログアーカイブ

水プロブログアーカイブ
東北地方太平洋沖地震支援基金 http://blog.canpan.info/bgf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bgf/index2_0.xml
【こうほう雑記帳】 癒されたい人におススメ!マイナスイオン爆浴びスポット三選 [2015年12月04日(Fri)]
こうほう雑記帳
癒されたい人におススメ!マイナスイオン爆浴びスポット三選

B&G財団 企画部広報課 美濃越 香織


今年1年間に話題を集めた言葉に贈られる流行語大賞が12月1日に発表され、大賞の一つに「爆買い」が選ばれました。「爆買い」は中国人をはじめとする外国人観光客が日本で大量に買い物をすることを指します。私が仕事でたまに銀座を歩く際にも、外国人観光客が買い物を楽しむ姿があり、どうしてそんなにお金があるのかうらやましい限りです。

そんな「爆買い」の言葉に象徴されるように訪日観光客の数は年々上昇しており、政府は2020年までに年間2,000万人以上の達成を目標として掲げています。元々観光客の多い著名なスポットもさることながら、美しい自然や風景を求めて思わぬところを訪れる外国人も増えているようです。

B&G財団と共に事業を進めている472ヵ所の地域海洋センターは、日本全国津々浦々44道府県390市町村にあります。そのどこにも美しい景色や美味しいものが沢山あるので、私も出張する度に訪日観光客の如く感動させていただいています。

そこで、今回は私が完全主観で選んだ、海洋センター所在自治体の癒しのスポット三選をご紹介します。爆買いでお疲れの外国人にも、師走で忙しい日本人にも、ぜひおススメしたいところばかりです!

151204_美濃越01.jpg
奈良県曽爾村の「曽爾高原」。秋になると眼下のススキが黄金色に輝きます

■四万十川の源流点(高知県津野町) 

津野町には、津野町東津野B&G海洋センターを初めて訪れたB&G財団職員の、ほぼ全員が足を運ぶ名所があります。それは日本最後の清流とも呼ばれる、四万十川の源流点です。源流点のすぐ下流に『源流の碑』があるのですが、車で行けるのはここまでです。あとは、歩いて行くしかありません。この「歩いてしか行けない」というところがいいですよね。もちろん私も、美味しい空気とマイナスイオンを楽しみながら歩きました。
その他、津野町には美しい棚田や地球のてっぺんにいるような気分になれる天狗高原などもあり、天然の癒しのスポット満載です。

源流点(縦)_1449881152.JPG
源流の碑から20分程度歩くと源流点に到着します。
川のせせらぎが天使のささやきのようです。


151204_美濃越03.jpg
絵画のような美しい棚田



■曽爾高原(奈良県曽爾村)

曽爾村(そにむら)は、「日本で最も美しい村」に認定されていて、その言葉通り美しい自然に包まれています。村のシンボルとも言える曽爾高原は、秋にはススキの穂が陽射しを浴びて金色に輝きます。その風景は、童話の世界に迷い込んだように本当に幻想的です!そして、高原の近くには、村役場の職員も開発に携わった、ドイツのマイスター直伝製法による地ビールや地元野菜をふんだんに使ったメニューが楽しめるカジュアルフレンチレストランもあります。

また、300年間も口伝されてきた獅子舞で知られる歴史のある村で、どこか凛とした古の息吹を感じる村です。

151204_美濃越04.jpg
金色に輝くススキ。古にタイムトリップしたような気分になります


151204_美濃越05.jpg
曽爾村B&G海洋センタープールは、外観がプラネタリウムのような美しい施設です



■三本杉岩(北海道せたな町)

せたな町には、不思議なかたちを成す三本杉岩があります。これら30メートル前後の高さがあって紺碧の海にそびえ立ち、独特の風情をもっています。人生の厳しさを見立てたような波に打たれる岩を見ていると、自分のちっぽけさを感じてなぜか癒されます。そのおかげか、出張帰りにこの三本杉岩を見た際に車が雪で埋まってしまい、みんなで車を押して動かしたのですが、それもなぜかとても楽しい思い出になっています。

また、夏限定ですが、三本杉海水浴場に隣接するせたな町B&G海洋センターでは、紺碧の海でカヌー・ヨット・セールボートなどのマリンスポーツを楽しむことができます!

151204_美濃越06.jpg
3つ並んでそびえる岩を前にするとなぜか話しかけたくなります


151204_美濃越07.jpg
夏場には美しい海でカヌーやヨットを楽しむことができます


以上、私の完全主観による「おススメの癒しスポット三選」でした。
今回ご紹介したどの場所でもその場所を大切にしてきた地元の方々がとてもあたたかかく接してくださったので、行く先々で癒されました。そのため、日々のトゲトゲしい振る舞いを反省し、明日からはいい人になろうと思ったものです。なかなか実現は難しいのですが……。

2020年の東京オリンピック開催を控え、外国人観光客がますます増えることが予想されています。全国各地のレジャー施設が集客を競っていますが、美しい自然やふるさとのぬくもりが残る場所が今後の日本観光の新名所となるのではないかと思っています。深い癒しを求める方は、外国人観光客に人気が出る前に、ぜひ行ってみください!



B&G財団の活動へのご支援をお願いしております。      
寄付の方法について  詳しくはこちら
当財団に対するご寄付は一定の税制優遇の対象となります。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1142831

コメントする
コメント
Trackback type=