CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«天気の回復を待って219本を植樹!〜遠別町B&G「海を守る植樹教育事業」植樹祭〜 | Main | 台風で倒木した地を緑に変えたい!〜B&G「海を守る植樹教育事業」奈義町植樹祭〜»
プロフィール

B&Gロゴ-JPGデータ大.jpg

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 
カテゴリ
検索
検索語句
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
リンク集
ブログアーカイブ

水プロブログアーカイブ
東北地方太平洋沖地震支援基金 http://blog.canpan.info/bgf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bgf/index2_0.xml
【B&G職員リレートーク】 “三世代交流”のススメ [2015年12月01日(Tue)]
“三世代交流”のススメ

B&G財団 企画部 清水 康雄

shimizu02.jpg

最近、「三世代同居、近居」という言葉をよく目にします。

今年3月に閣議決定した少子化社会対策大綱の中でも、子育て支援を目的とした「三世代同居・近居の促進」が盛り込まれたほか、10月に行われた国土交通大臣の就任インタビューでも、「出生率を上げるための三世代同居・近居の住宅施策を検討する」というコメントを耳にしました。



151201_清水01.jpg
B&G親子ふれあいキャンプで夕食の準備に励むお父さんと子供たち。
日頃から家族のコミュニケーションを深めていたいものです

減少する三世代同居率を食い止めたい!

三世代同居・近居の施策については、すでに多くの自治体が取り組んでおり、地域によっては三世代が同居、近居するための住宅の新築、増改築工事に対する補助やローンの低利融資などが受けられるようになっています。

ちなみに私の出身地である富山県を例に挙げれば、砺波市では「みんなで、散居のまち砺波で、三世代同居を!」をキャッチフレーズにした取り組みを実施しています。散居とは、かつてこの地域に住みついた人々が土地を開拓する際、水の豊かな扇状地で容易に水を引くことができたことから、皆、周囲より少し高い所を好き好きに選んで家を建て、その周りを耕作したためにできた、各戸が点在する集落形態のことを指します。

砺波市の三世代同居率は、2010年の国勢調査では22.9%となっており、全国的に見ても高い数字を示しています。これは一家総出で家の周りを開拓してきた散居の歴史があるからなのかも知れませんが、最近では20年前と比べて15%以上も減少しています。そのため、この状況を打開しようと市では「三世代同居推進事業」として、住宅支援以外に、子育て応援給付金事業、高齢者ちょっとねぎらい事業、介護者もちょっと一息事業、孫とお出かけ支援事業など、いろいろな支援事業を実施しています。

151201_清水02.jpg
散居が点在する砺波市の景観(砺波市ホームページより)



三世代がともに楽しむスポーツに注目!

B&G財団は、幼児から高齢者までの心身の健康づくりを事業の大きな柱の1つとしていますが、いま述べてきた現状を踏まえて、私は“三世代交流”の重要性を強く感じます。祖父母世代・親世代・子供世代が一緒になって、運動したり談笑したりと同じ時間を共有することが大切だと思うからです。

各地の海洋センターでは、ソフトバレーボール、ビーチボールバレー(ビーチバレーボールではありませんよ)、スポーツ吹き矢、ユニカール等々のニュースポーツを導入して、老若男女を問わずたくさんの人が楽しんでいます。どの種目も、子供の体力向上、中高年の健康維持・増進、高齢者の介護予防など、幅広い分野で活用されていて、勝敗よりも楽しみ・気晴らし・人との交流に重点を置いた生涯スポーツです。

151201_清水03.jpg
トランポリンを導入した海洋センター。
さまざまな年齢の利用者が楽しんでいます


ですから、こうした特徴を活かして、私はニュースポーツの実施対象を「子供」「中高年」「高齢者」に区分して行うのではなく、子供、中高年、高齢者が混じり合ったチームをつくるなどして、一緒に楽しむ機会をもっと増やすべきだと思っています。三世代が交じり合うことで、子供たちは多くの人間関係の中からたくさんのことを学び、高齢者は子供たちとふれあいを通して、特に心理面において良い効果をもたらすことが期待できます。

151201_清水04.jpg
海洋センターの開所記念イベントに参加した地域の皆さん。
三世代の参加者が一緒になってイベントを盛り上げました


また、高齢者で運動することが困難な人は、「見る」ことだけでも大切だと思います。子供たちや同世代の人たちのプレーを間近に見て、応援することで心に張りが生まれ、健康面に良い影響を与え、いきいきとした日常生活を送ることにつながるのではないでしょうか。皆さん、ちょっと知恵を絞って「三世代交流」をしていきましょう!



line_s.jpg
B&GオリジナルLINEスタンプ販売中!
海にまつわるスタンプや「おはよう」「おつかれ」などなど…
家族、友達、ご近所さんから恋人まで!?いろんな人との連絡に使ってね♪



トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1142077

コメントする
コメント
Trackback type=