CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「B&G PR大賞」に応募して10万円をゲットしよう! | Main | 体験格差をなくしたい!「第12回 B&G全国教育長会議」開催»
プロフィール

B&Gロゴ-JPGデータ大.jpg

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 
カテゴリ
検索
検索語句
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
リンク集
ブログアーカイブ

水プロブログアーカイブ
東北地方太平洋沖地震支援基金 http://blog.canpan.info/bgf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bgf/index2_0.xml
【B&G職員リレートーク】 秋は植樹のシーズン! [2015年11月10日(Tue)]
秋は植樹のシーズン!

B&G財団 事業部 海洋教育課 仲田 有

nakata.jpg
こんにちは。海洋教育課 植樹教育事業担当 参事の仲田です。

秋も深まり、そろそろ冬の到来です。先日、ちょっと紅葉狩りに出かけてきましたが、多くの人でにぎわっていました。秋は実りの季節、ドングリの季節、植樹のシーズンです。





151110_仲田01.jpg
秋も深まり、紅葉、植樹の季節が到来!

人は皆、本能的に植物は仲間であると知っている

春と秋に植樹祭が多いのは、か弱い苗が大地に植えられ根付いて行くには、夏冬の厳しい時期では難しいからでしょう。

今年度のB&G事業で植樹をしていただく市町村は、共催実施が4ヵ所、自主開催が6ヵ所です。またこの秋、植樹祭も目白押しで、11月4日現在、既に植樹を終えたところは、共催で新潟県胎内市、岡山県奈義町、高知県香美市の3ヵ所を数え、自主開催では北海道遠別町、徳島県徳島市、愛媛県愛南町、高知県津野町の4ヵ所を数えます。

まだ、共催の熊本県長洲町1ヵ所、自主開催の北海道美幌町、福島県小野町2カ所を残しており、今年も多くの自治体の皆さんのご協力をいただきました。

151110_仲田02.jpg
岡山県奈義町の植樹祭。子供たちも熱心に作業してくれました


どの事業でも、それぞれの環境、条件の中で、研修を受けられたB&G植樹リーダーや海洋センター担当者の皆さんが、地域のいろいろな方々の協力をいただきながら、がんばってくれています。

そのような中、いつも変わらないのは子供たちの笑顔です。植樹をやり終えたその顔には、にこやかな表情があふれます。人は本能的に、植物は仲間であると知っているのでしょう。

151110_仲田03.jpg
新潟県胎内市の植樹祭。とても素直な笑顔が印象的です



地道にコツコツと子供たちに伝えたい

私たちの植樹事業を指導してくださる横浜国立大学名誉教授の宮脇昭先生は、「木は一度植えられたら、一生そこで生きる。自分で移動はできない。だから命がけで生きる」とおっしゃっています。植えられたその環境が良くても悪くても、何一つ文句も言わずじっと成長を続けるのです。何百年、何千年と、人とは比べものにならないくらい長い間……。

151110_仲田04.jpg
岩手県普代村の植樹後の様子。2年11ヵ月で樹高は2.5mに達しました


ちょっと気取って考えてみましょう。
幸せとは何でしょう。私たちは何のために生きているのでしょう。楽をしたい、楽しく生きたい。家族が幸せであるように。日本が、世界が平和であるように。人の世が、地球が永らく続くように……。

でも人間や動物は、何一つ文句も言わずじっと成長を続ける植物に生かされているのです。植物なしには生きていけないのです。そのように生き物は創られ、バランスしているのです。

しかし、そのバランスが大きく崩れ始め、その影響がいろいろなところにどんどん出始めています。自然のバランスは、一度崩れてしまうと簡単には元に戻せません。そんな大変なことが起き始めていることに私たちは気付き、真剣に受け止めているでしょうか?

そのことを、しっかりと子供たちに伝えたい!
取り立てたことを普段できなくても、地道にコツコツと少しずつ!
せめて事実と考え方だけでも知ってもらいたい、知らせておきたいと思います。
子供たちの笑顔がずっと続いてほしいと思うからです。

151110_仲田05.jpg
高知県香美市の植樹祭。皆の笑顔は絶やしたくありません!



B&G財団の活動へのご支援をお願いしております。      
寄付の方法について  詳しくはこちら
当財団に対するご寄付は一定の税制優遇の対象となります。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1136735

コメントする
コメント
Trackback type=