CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«由利本荘市西目B&G海洋センター「避難所開設訓練」開催! | Main | 「B&Gクリーンフェスティバル in 長洲」(熊本県長洲町)»
プロフィール

B&Gロゴ-JPGデータ大.jpg

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 
カテゴリ
検索
検索語句
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
リンク集
ブログアーカイブ

水プロブログアーカイブ
東北地方太平洋沖地震支援基金 http://blog.canpan.info/bgf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bgf/index2_0.xml
【B&G職員リレートーク】〜体験格差、知っていますか? 〜 [2015年09月15日(Tue)]
〜体験格差、知っていますか?〜

B&G財団 企画課 東條剛之

tojo_02.jpgこんにちは! 企画課の東條です。
企画課と聞くと、何かお堅いイメージを受ける方が多いと思いますが、主な仕事は新たな事業展開などを検討する業務で、決してお堅い部署ではないと自分では考えています。

ご存じのとおりB&G財団は、設立以来、多くの子供たちに海辺や水辺での自然体験活動(海遊び、水遊び)を提供しています。潜ったり飛び込んだり、波打ち際を走ったり、磯場で小さな生き物を見つけたり等々、子供たちが“遊び”の中で見せてくれる屈託のない笑顔は、私たちスタッフにも元気を与えてくれます。そして、子供たちはその“遊び”を通じて、ごく自然に仲間を作り、地元や学校の様子などを語り合いながら環境の違いや共通点を見つけて盛り上がります。そんな姿を見ると、自然体験活動は子供の世界観を広げる有効なツールだと改めて実感します。


150915_東條01.jpg
子供たちの屈託のない笑顔は、大人の私たちにも元気を与えてくれます
遊びたいのに遊べない格差

しかし皆さんは、この日本において“遊びたいのに遊ぶことができない子供たち”が少なからずいることをご存知ですか。今、経済的事情や家庭問題などにより、自然体験活動に参加することが困難な子供たちが増えています。私たちは、そのような状況を「体験格差」と捉え、その是正に向けた事業の検討を進めています。政府も「子供の貧困対策に関する大綱」を発表するなどしてこの問題を注視しており、企業やNPOなどの団体も関心を寄せています。

このようにして、官民が一体となって困難な状況にある子供たちの支援を進めていますが、とても残念に思うことがあります。それは、多くの取り組みが学習支援であり、自然体験活動については、あまり着目されていないという事実です。

150915_東條02.jpg
帆船のバウスプリットを登る子供たち。小さな冒険の積み重ねが成長につながります


先日、同僚が学習支援を行っているNPOの方とお話しをしたときに、「やっぱり学習支援が大切なんです」と言い切られました。確かに学力は、数値データとしてテストや偏差値などで客観的にその効果を図ることができます。一方、自然体験活動は、思いやりや正義感、道徳観などの社会性を身につけることや学習意欲の向上に効果があることはわかっていますが、それを計測し、わかりやすく伝える方法が確立されていません。こうしたことも、自然体験活動の重要性があまり理解されない一因のようです。

求められる『学習と体験』の両輪

ところが、歴史を振り返ってみると、すべでの学問は自然科学を起因していることが分かります。アイザック・ニュートンはリンゴが木から落ちるのを見て万有引力のインスピレーションを得た(諸説あるようですが)とも言われていますし、ベンジャミン・フランクリンは嵐の中でも凧を揚げる技術があったからこそ、雷が電気であることを知りました。

実際、自然体験活動を楽しむ子供たちからも、「海の匂いが違う」、「沖縄の海は、地元の海よりしょっぱい」(皆さんは、これらの理由が分かりますか?)などの声をよく聞きます。「このヤドカリは何を食べているのかな?」、「なんで中国語のゴミがあるの?」といった質問をする子供たちもたくさんおり、遊びを通じて知的好奇心を刺激されていることがよくわかります。

150915_東條03.jpg
栽培漁業について学ぶ子供たち。知識と体験の両輪が知的好奇心を高めます


確かに学習支援は大切ですが、長い人生において高校受験や大学受験は一つの通過点です。成長して社会に出る子供たちの未来を考えるのであれば、心を豊かにし、社会性を育み、知的好奇心を刺激する自然体験活動も、学習同様に支援をしなければならないのではないでしょうか。今の子供たちの10年は、60年以上続く人生を生き抜く土台となるものです。

日本の次代は常に子供たちが担います。困難な状況にある子供たちの支援が、学習と体験が両輪となるよう、B&G財団では新たな事業の企画立案を進めています。



B&G財団の活動へのご支援をお願いしております。      
寄付の方法について  詳しくはこちら
当財団に対するご寄付は一定の税制優遇の対象となります。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1121881

コメントする
コメント
Trackback type=