CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«水辺の安全教室〜自分の身は自分で守ろう〜:B&G葉山海洋クラブ(神奈川県葉山町) | Main | 「水辺の安全教室」&「親子ヨット教室」:B&G江の島海洋クラブ(神奈川県藤沢市) »
プロフィール

B&Gロゴ-JPGデータ大.jpg

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 
カテゴリ
検索
検索語句
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
リンク集
ブログアーカイブ

水プロブログアーカイブ
東北地方太平洋沖地震支援基金 http://blog.canpan.info/bgf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bgf/index2_0.xml
「水辺の安全教室」普及への新たな取組み〜広域的“おやじの会”との連携〜 [2015年08月26日(Wed)]
「水辺の安全教室」普及への新たな取組み〜広域的“おやじの会”との連携〜

                         B&G財団 事業部 海洋センター・クラブ課 日比野 小百合


現在、海洋センター・クラブ課では「オール世田谷おやじの会」(※)と協力して、より多くの子供達に「水辺の安全」について学ぶ機会を増やしていくことを検討しています。

(※)世田谷区内の各小学校にある“おやじの会”に対して、情報交換の場を提供しながらそれぞれの会の活動を支援し、また、会員相互の融和を図りながら世田谷区内の子供達の健全育成を進めている組織。

150826_01.jpg
「水辺の安全教室」の実施に向けてライフジャケットの浮力を体感する、おやじの会の皆さん。イカ泳ぎも楽ちんです!
水の事故を減らしたい!

毎年、夏になると悲しい水の事故のニュースを耳にしますが、B&G財団は、「危険だから」といって子供達を水辺から遠ざけることはしません。そのかわりに、「水辺の安全教室」を実施して水の事故から身を守るための知識と技術を身に付けてもらうとともに、「自分の命は自分で守る」意識を高めてもらいます。

「水辺の安全教室」では、背浮き体験・ライフジャケット浮遊体験・水辺の安全紙芝居などを行うほか、カヌー体験を通じて水辺の活動の楽しさも伝えています。今年度は8月までに、都内12校2,321名の小学生・先生に参加いただき、9月末までにあと3回の開催を残しています。

150826_02.jpg
ライフジャケットの着用方法をレクチャーするB&G財団のスタッフ


おやじから子供達に伝えてほしい!

都内の全小学校で、ゆくゆくは全国すべての小学校で「水辺の安全教室」を実施して、少しでも水の事故を減らしたいという想いが私たちにはありますが、職員数の関係もあって自分達の力だけでは限りがあります。

それならば、誰よりも「子供達の命を守りたい!」と強く思っているお父さんやお母さんの力を借りることはできないだろうか? と考えました。
 
具体的にどうしたらよいのか考えをめぐらすと、「水辺の安全教室」をはじめた当初、東京都の中央区や杉並区のおやじの会から実施要請があったことを思い出しました。そこで、子供に関する情報提供を行っている特定非営利活動法人「おやじ日本」を訪ねて主旨を説明したところ、同法人の防災教室担当理事で「オール世田谷おやじの会」顧問の寺澤惠太郎氏を紹介していただきました。

150826_03.jpg
日々、子供達のための活動に励んでいる寺澤氏


寺澤氏に説明をしたところ、「子供だけでなく、大人も知っておくべき内容だ!」と、「水辺の安全教室」普及に強く共感いただきました。

さらに、「B&G財団がカヌーやライフジャケット等の器材貸与と研修会の開催を行いますので、お父さん達に指導者となってもらい、6〜9月の土日に世田谷区内の小学校プールで『水辺の安全教室』を開催していただくことは可能でしょうか?」と質問すると、「おおよそ可能だと思います。8月22日に(区立)桜小学校のプールに親子が集まるので、まずは桜小のおやじの会のメンバーに『水辺の安全教室』がどのような内容なのか体験してもらうのはどうでしょうか?」と、ありがたい提案をしてくださいました。

いざ体験!

真夏の太陽が照りつける8月22日(土)、さっそく寺澤氏の提案を受けて桜小学校と近隣の桜木中学校の児童・生徒(17名)や保護者(おやじの会・PTA等16名)、そして国士舘大学の学生ボランティア(2名)に「水辺の安全教室」の体験をしてもらいました。

150826_04.jpg
カヌーの乗り方・降り方、パドルの使い方などを説明


150826_05.jpg
水辺の安全紙芝居で、いざという時の対処方法について学ぶ


150826_06.jpg
「UITEMATE」浮き身をとって救助を待てるかな?


150826_07.jpg
ペットボトル1つで楽に浮けることを知って感動するお父さん


期待したい今後の展開

こうして、さまざまなプログラムを実際に体験することで、参加者の皆さんには「水辺の安全教室」の趣旨をご理解・賛同いただけたものと感じました。

また、今後に向けてアンケートをとったところ、保護者の方からは「大変勉強になりました」「カヌーまたやってみたいです」といった感想を、そして学生ボランティアの方からは「大学生向けにもやったら、とてもよい勉強になると思った」との回答をいただきました。 

こうしたなかで、カヌーについて楽しかったと答えるものの、自分達で指導するのは難しそうだと感じた方もいらっしゃいました。今後、お父さん・お母さん向けの研修会を実施する際には、なるべくカヌーの練習時間を長くとるようにしたいと思います。

今後は、桜小学校以外の世田谷区内のおやじの会やPTAのみなさんとも手をとりあい、「水辺の安全教室」を展開していけるように準備を進めて参ります。まずは、2015年9月23日(祝)に、オール世田谷おやじの会主催で行われる「おやじと子どもフェスタ」にB&G財団のブースを出させていただけることになったので、「水辺の安全教室」等の事業を説明・PRして、多くの方に「是非、一緒にやってみたい!」と思っていただければと思います。

まだ小さな一歩を踏み出したばかりですが、来年は世田谷区内の学校プールで、たくさんの親子の笑顔を見ることができるようにしたいと思います。
そして、少しでも全国の悲しい水の事故を減らせますように! 

150826_08.jpg
世田谷の学校プールに、より多くの笑顔を集めたい!



B&G財団の活動へのご支援をお願いしております。      
寄付の方法について  詳しくはこちら
当財団に対するご寄付は一定の税制優遇の対象となります。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1116409

コメントする
コメント
Trackback type=