CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「もっとがんばれ」より「一緒にやってみよう」に | Main | 「水辺の安全教室」&親子の「スノーケリング教室」:B&G江の島海洋クラブ(神奈川県藤沢市)»
プロフィール

B&Gロゴ-JPGデータ大.jpg

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 
カテゴリ
検索
検索語句
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
リンク集
ブログアーカイブ

水プロブログアーカイブ
東北地方太平洋沖地震支援基金 http://blog.canpan.info/bgf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bgf/index2_0.xml
フィットネスからアドバンストへ! :B&G職員リレートーク〜事業部海洋センター・クラブ課 中村 克也 [2015年08月18日(Tue)]
nakamura.jpg
みなさん、こんにちは!
海洋センター・クラブ課の中村です。

実は私、今まではフィットネスクラブのインストラクターとして、ピチピチの服を着てエアロビクスの指導に励んでいました。

しかし、千葉県の田舎で生まれ育った私は自然が大好きなので、青い海と緑の大地を活躍の場としているB&G財団に、縁あって今年4月に入職いたしました。


150818_01.jpg
財団入職後の5月に、B&G土浦海洋クラブで初めて経験した舟艇器材配備式。
活気あふれるクラブ員の活動に目を見張りました
励みになったクラブ代表の言葉

財団に入った私は海洋センター・クラブ課に配属され、現在、主に海洋クラブを担当しています。5月にはB&G土浦海洋クラブ(茨城県)の舟艇器材配備式を手伝い、初めて海洋クラブの活動を見ることができました。クラブは活気に溢れ、小さな子からお年寄りまでが仲良くカヌーを楽しんでいる様子がとても印象的でした。

また、海洋クラブ代表のモチベーションも高く、「土浦市の子供に全員に海洋性レクリエーションを体験してもらいたい」とおっしゃっていたことが、自分にとっても大きな励みになりました。新人ゆえに日々悪戦苦闘している毎日ですが、今、B&G財団がめざしている海洋性レクリエーションの体験者100万人達成に向けて、精一杯の努力をしていきたいと思います。

得るものが大きかった指導者養成研修

6月に入るとB&G指導者養成研修(アドバンスト・インストラクター)が待っていて、青空のもとで集団行動の訓練に参加。一生分ほどもあろうかと思うほど「回れ右」を体験しながら、たくさんの同期の仲間を得ることができました。

また、カヌーの実習ではなかなか真っ直ぐ進めずにクルクル回り、ヨットでは乗っている時間よりも沈起しを行う時間のほうが長かったように思えましたが、できなかったことができるようになった時の喜びはとても大きなものでした。

150818_02.jpg
集団行動の練習風景。「回れ右」が得意になりました


150818_03.jpg
ヨットを楽しいと思えるようになった瞬間の私です


指先だけのアイスブレイクに感動

前職がフィットネスクラブのインストラクターだったので、指導者養成研修では“自分だったらどう伝えるかな”と考えながら講義やプログラムの説明を聞きましたが、いろいろな先生方の指導法や説明、講義の進め方に多くの刺激を受けました。

その中で特に印象に残ったのが、一気にその場の雰囲気を変えてしまう、指先だけの動きで行うアイスブレイクでした。今後、教官として指導者養成研修に携わることになったら、私も試してみたいと思います。ヨットとカヌーが下手なので、指導者として呼ばれるかどうかはわかりませんが(笑)。

150818_04.jpg
指先だけで行うアイスブレイクの力には驚きました


そして、これからは……

現在、私が働いている海洋センター・クラブ課は、修繕助成や舟艇器材配備などの仕事を通じて自治体職員やクラブ代表者との繋がりを強く感じることのできる部署なので、しっかりと海洋センターの現場の声を吸い上げて、さまざまな事業に活かしていきたいと思います。

また、B&G全国ジュニア水泳大会、B&Gチャレンジなど海洋センター利用者のみなさんに楽しんでもらうための仕掛けをいろいろ展開している部署でもあるので、より多くの方々に喜んでいただける事業を私なりに積極的に考えていきたいと思います。


B&G財団の活動へのご支援をお願いしております。      
寄付の方法について  詳しくはこちら
当財団に対するご寄付は一定の税制優遇の対象となります。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1114311

コメントする
コメント
Trackback type=