CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«6月の「海・川・森のファミリー教室」:B&G葉山海洋クラブ(神奈川県) | Main | B&G指導者養成研修サポートスタッフを終えて:鹿児島県日置市 片野さん»
プロフィール

B&Gロゴ-JPGデータ大.jpg

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 
カテゴリ
検索
検索語句
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
リンク集
ブログアーカイブ

水プロブログアーカイブ
東北地方太平洋沖地震支援基金 http://blog.canpan.info/bgf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bgf/index2_0.xml
マグロで有名な三崎漁港を見学!:B&G東京湾アカデミー2015 その9 [2015年07月09日(Thu)]
皆さん、こんにちは。
B&G財団 事業部 海洋教育課の林 未来です。
今夏、B&G財団が初めて開催する海洋教育事業「B&G東京湾海洋体験アカデミー2015」(以下、海洋体験アカデミー)の魅力を連載でお伝えしています
(毎週木曜日更新)。

事業案内⇒B&G東京湾海洋体験アカデミー2015事業案内

海洋体験アカデミーのプログラムや協力団体などがほぼ固まってきた頃、こんな意見が聞こえてきました。

「海の仕事と言えば、やっぱり水産業は外せないんじゃないかな・・・」

わわわ、たしかにー電球あせあせ(飛び散る汗)

150709_01.jpg
日本には、なくてはならない水産業
私たちの食文化を支える仕事に注目!

他国に比べて、日本の魚介類が本当に新鮮で種類が豊富なことは、皆さんもよくご存じだと思います。子供たちの多くもそうだと思いますが、私は毎日でもいいくらい無類のお寿司好きです。

それは、まさに海の恵み!
世界中でも、今は空前の寿司ブームです。
健康志向の方々には特に好まれ、先進諸国では「寿司ロール」がもはや定番化しつつあって、寿司職人の需要も高いと言われます。

150709_02.jpg
美味しいお寿司は日本の宝!


また、それだけでなく、近年では乱獲による漁獲量の減少という問題を解決するために、いわゆる“近大マグロ”などの新しい養殖方法や漁法の開発が進められており、「水産研究」の分野も大いに注目されています。

このように水産業は、四方を海に囲まれた日本にとって大変重要な産業でありながら、一方では後継者不足という問題にも直面しています。

150709_03.jpg
重要な産業だからこそ、子供たちに関心を持ってもらいたい


ならば、そのような大切な仕事の魅力を子供たち再発見してもらうべきだということで、海洋体験アカデミーでも水産業に触れるプログラムを検討することになりました。

マグロの流通を支える超低温冷蔵庫も体験!

東京湾にもいろいろな漁港がありますが、今回は前日のプログラムを行う横浜方面からアクセスしやすい、マグロで有名な神奈川県の三崎漁港に伺うことになりました。三崎のマグロと言えば、日本では言わずと知れたブランド品。週末となれば、美味しいマグロや魚介を求めて港の周辺には人が溢れます。

そこで、思いきって三崎のマグロを扱う「三浦市三崎水産物地方卸売市場」食堂にお電話をしてみたところ、社長さんが大変親身になって相談に応じてくださり、いろいろなアドバイスをいただきました。

150709_04.jpg
活気溢れる三崎漁港の競りの様子


その結果、海洋体験アカデミーに参加する子供たちは、毎日多くの人が働いている三崎漁港を訪れ、競りや市場施設を見学することに。世界に向けて日本のマグロを普及・発信している“世界を飛び回るマグロ商人”の方々にお話しを伺いながら、実際にマグロがどのように漁獲・取引・加工・流通されているのか学びます。

しかも、食堂の社長さんが仲間の有志とともに食育の普及に努めている「三浦半島食彩ネットワーク」のご協力によって、「マグロの加工工程」や「近海魚類の選別」なども見学したうえ、なんとマグロが保管されている超低温冷蔵庫にも潜入します!

子供たちは、少なからず「水産業=漁師さんや魚屋さん」というイメージを持っているかと思いますが、このような市場の現場を体験しながら、海産物を扱う数多くの仕事があることを知ってもらいたいと思います。

150709_05.jpg
日本の海は美味しい魚がたくさん獲れます


また、市場では三崎マグロを実際に食べてもらいます!
「こんなに美味しい魚を食べられるのは、日本が四方を海に囲まれているからなんだ」
「その日本の海が、生物多様性に富んだ豊かな海であるからなんだ」
と、改めて海の恵みに感謝し、海を守らなければいけないという気持ちを抱いてくれたらいいなと思います。

※次回は、海洋体験アカデミーにご協力いただく講師の先生方や舞台となる横浜についてお伝えします!


B&G財団の活動へのご支援をお願いしております。      
寄付の方法について  詳しくはこちら
当財団に対するご寄付は一定の税制優遇の対象となります。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1103297

コメントする
コメント
Trackback type=