CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«B&G指導者養成研修サポートスタッフを終えて:石川県志賀町 谷場さん | Main | 大正大学とB&G財団がフィールドワーク実習に関する協定を締結»
プロフィール

B&Gロゴ-JPGデータ大.jpg

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 
カテゴリ
検索
検索語句
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
リンク集
ブログアーカイブ

水プロブログアーカイブ
東北地方太平洋沖地震支援基金 http://blog.canpan.info/bgf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bgf/index2_0.xml
高知県津野町の活動(9)植樹「草引き」実施 [2015年07月01日(Wed)]
2015年5月14日(木)高知県津野町

大きな森をめざして先輩に続け!

昨年10月24日に高知県津野町駄場小草山で開催された植樹祭には、津野町の葉山小学校、精華小学校、中央小学校の4年生46名が参加し、シラカシ、スダジイ、モチノキなど25種類340本の苗木が植えられました。

それから半年が過ぎた5月14日(木)、今度は今年4年生になった葉山小学校の児童17名と担任の先生1名が集まって、5年生になった先輩たちが昨年に植えた木の成長を知ると共に本物のふるさとの森をつくろうと、植樹祭後の植樹地への手入れ「草引き」を行いました。

150701津野町_01.jpg
「草引き」作業中の新4年生。先輩たちが植えた苗木を大きな森に育てたい!
植樹後の手入れは初めが肝心!

植樹祭から半年。植樹地には、苗木より大きくなった雑草がたくさん茂っていまいした。実は「草引き」が行われるのは、これが2回目。植樹を行った葉山小学校4年生が、今年3月に自分たちが植えた苗木の手入れをしたばかりでした。それでも、もうこんなに雑草が大きくなってしまったのです。

宮脇方式の植樹では、最初の3年間程は除草などの手入れが必要ですが、その後は人の手助けなしでも育ってくれるので安心です。しかし、初めの手入れが重要。ここで、苗木が雑草に負けてしまうと、大切な苗は枯れてしまいます。

150701津野町_02.jpg
雨が多く暑くなってきたので、苗木よりも大きく育ってしまった草がたくさん!


みんなが知っている植樹事業

葉山小学校の児童は、4年生になるとB&G財団の「水に賢い子どもを育む年間型活動プログラム」(水プロ)を受講しており、その一環として「海を守る植樹教育事業」も行っています。今年3月には、4年生が次に水プロを実施する3年生に1年間学習したこと伝え、新年度の学習がスムーズに行えるよう「水プロ発表会」を開きました。ですから、今回の「植樹事業」のことは、みんな話を聞いて知っていました。

今回の「草引き」作業では根っこが丈夫で抜けにくい草もありましたが、子供たちが一生懸命取り組んでくれたので、植樹地はすっかりきれいになりました。

150701津野町_03.jpg
大きな草がたくさん抜けました


【参加者の感想】
・草がとても伸びていたのでびっくりした。
・根っこまで、きれいに抜けてうれしかった。
・早く木が大きくなってほしい。

【B&G植樹リーダー 大アあやさんの感想】
「子供たちが一生懸命草引きに取り組んでくれてよかった。草がだいぶ伸びていたので、時間内に取りきれるか心配だったが、ほとんど抜くことができた。これから梅雨になり、またあっという間に雑草が伸びてしまうと思うので、苗が雑草に負けてしまわないように定期的に植樹地に足を運び、子供たちと共に手入れを行っていきたいと思う。また、今年度同じ場所に追加して植樹を行うので、植樹の学習も深めていきたい」

150701津野町_04.jpg
植樹地はすっかりきれいになりました!



B&G財団の活動へのご支援をお願いしております。      
寄付の方法について  詳しくはこちら
当財団に対するご寄付は一定の税制優遇の対象となります。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1100997

コメントする
コメント
Trackback type=