CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「広報課の鈴木さん」ではなく、「鈴木教官」としてデビュー!! | Main | B&Gクリーンフェスティバル in むつみ(山口県萩市)»
プロフィール

B&Gロゴ-JPGデータ大.jpg

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 
カテゴリ
検索
検索語句
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
リンク集
ブログアーカイブ

水プロブログアーカイブ
東北地方太平洋沖地震支援基金 http://blog.canpan.info/bgf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bgf/index2_0.xml
選りすぐりの海猿が訓練する造波プールを体験!:B&G東京湾アカデミー2015 その7 [2015年06月25日(Thu)]
150625_01.jpg
皆さん、お久しぶりです!
B&G財団 事業部海洋教育課の林 未来です。
先週までご紹介した「オーシャン’sキャンプ」に替わり、今日からは、いよいよ来月に迫った東京湾海洋体験アカデミーの魅力を伝える連載を再開します!
(毎週木曜日更新予定)

事業案内⇒B&G東京湾海洋体験アカデミー2015事業案内

再開第1話は、前回にご紹介した第三管区海上保安本部の続編として、子供たちが見学する予定の施設で私がライフジャケット着衣体験をした際の様子をレポートします!

前回のお話はコチラ⇒『Brave Heart 海の安全は海上保安官が守る!』
全国唯一の部隊を訪問!

日本の海を守る海上保安庁。世界第6位の広さを誇る日本の排他的経済水域を、全国11の管区に分けて警備や救難、環境保全などの任務にあたっています。

その中でも、関東水域を管轄する第三管区海上保安本部(以下、三管)は、海運・貿易の中心地として特に多くの船舶が往来する東京湾を担当しているほか、昨今では小笠原諸島近海での赤珊瑚の密漁問題などにも対応し、多忙を極めています。

先日、私たちは海洋体験アカデミーで見学することになっている、三管の横浜海上防災基地を下見で訪れました。

150625_02.jpg
みなとみらい赤レンガパークのすぐそばにある、横浜海上防災基地


実は、全国でもこの三管にしかない特別部隊が2つあります。
それは、「特殊救難隊」と「機動防除隊」。
海洋体験アカデミーでは、両部隊の訓練施設を見学し、機動防徐隊の仕事を一部体験させていただく予定です。

仕事の重みを感じてもらいたい!

横浜海上防災基地には、風や波を人工的に発生させて荒天時や事故発生時を想定した訓練を行う造波プールがあります。そこで日々腕を磨いているのは、海猿と言われている潜水士の中でも各管区から特に選び抜かれた精鋭たちが集まる特殊救難隊の皆さんです。

150625_03.jpg
選ばれし特殊救難隊の潜水士たち


海洋体験アカデミーでは、この造波プールの様子を子供たちにも間近に見てもらい、海上保安官の皆さんの仕事のスゴさと重みを肌で感じてほしいと思っています。

そこで、私も子供たちにより臨場感をもって見学の際の解説ができるように、今回は海猿の皆さんと一緒に波の立つプールでライフジャケット着衣体験をさせていただきました!

150625_04.jpg
波の立つ造波プールは迫力満点!


150625_05.jpg
着衣の状態で不意に落水したら、仰向けの姿勢で「浮いて待て」


来月は、きっと子供たちも目をキラキラ輝かせてこの施設を訪れることでしょう。安全面を考慮して子供たちの造波プール入水体験は予定していませんが、日々過酷な訓練を重ねているアツい海の男たちの話にきっと耳を傾けてくれることでしょう。

三管の全面的な協力を得て、百万力!
私たちも、来月の海洋体験アカデミー実施に備え、万全の準備でサポートしたいと改めて思った1日でした。
※次回は、海洋体験アカデミーで実施するマリンスポーツ体験についてご紹介いたします。

150625_06.jpg
日々訓練を重ねる特殊救難隊。背中のネームが誇らしい!




B&G財団の活動へのご支援をお願いしております。      
寄付の方法について  詳しくはこちら
当財団に対するご寄付は一定の税制優遇の対象となります。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1099519

コメントする
コメント
Trackback type=