CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「水辺の安全教室」と親子の「ヨット教室」:B&G江の島海洋クラブ(神奈川県) | Main | 「広報課の鈴木さん」ではなく、「鈴木教官」としてデビュー!!»
プロフィール

B&Gロゴ-JPGデータ大.jpg

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 
カテゴリ
検索
検索語句
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
リンク集
ブログアーカイブ

水プロブログアーカイブ
東北地方太平洋沖地震支援基金 http://blog.canpan.info/bgf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bgf/index2_0.xml
B&G指導者養成研修サポートスタッフを終えて:北海道滝川市 鈴木 博之さん [2015年06月24日(Wed)]
suzuki_01.jpg
北海道から沖縄へお手伝い!

北海道 滝川市B&G海洋センターの鈴木 博之です。
私は、6年前に第11回アドバンスト・インストラクター養成研修に参加しました!
現在は、海洋センターの団体利用や海洋クラブ活動の指導を行い、子供たちと楽しい毎日を過ごしています(^^)

今年の指導者養成研修では6月11日〜16日までサポートスタッフとしてお手伝いさせていただきました。沖縄入りしたのは、ちょうど梅雨明けの日! 暑い沖縄で、毎日外にいたため、日焼けで肌が痛かったです・・・(涙)

※アドバンスト・アクアインストラクターについては、財団HP「指導者の養成に関する事業」をご覧ください。
※B&G指導者養成研修では、毎年、数名の現役指導員にサポートスタッフを依頼しています。
初心に帰ることができた実技補助

養成研修では、教官のサポートスタッフとして研修生のカヌー乗艇、降艇の方法や、漕ぎ方、沈からの脱艇・後方乗艇・水抜き等の実技補助を行うほか、教官方と一緒に正しい漕ぎ方の見本を見せたり、救助の仕方などを実演しました。
今回サポートスタッフとして参加させていただき、自分が養成研修に参加した頃を思いだし懐かしさを感じました。
この研修では、これから指導する上で必要な技術や、いかに楽しく飽きさせず指導することができるかの大切さ!リスクマネジメントの重要さ!などを再認識することができました。
このほか、研修生全員を前にした先輩講話では、滝川市B&G海洋センターの運営についての講話を実施。団体活動の流れや利用者を増やすための営業方法、舟艇の補修方法等をお話しました。研修生の皆さんも真剣に話しを聞いていただき、これからセンターを運営していく上での参考にしてもらえたら嬉しいです。

suzuki_02.jpg
実技指導の他、ロープワークの試験監督等も務めました


休みなき教官の日々

教官の方々は、朝早く夜遅くまで研修生の安全や体調管理に気を配っており、全員が立派な指導者になれるよう日々プログラム等を考えながら、休務日も返上して仕事をしています。
今回、サポートスタッフを務めたことで、そのような教官の方々の日々の苦労を垣間見ることができました。自分が研修生の時は、そのような裏仕事の部分がまったく見えていなかったので、今回はとても良い経験をさせていただきました。
そして、休む暇なく働いている教官の方々の体調が、ちょっと心配になりました・・・。
皆さん、無理はしないでくださいね!(^^)!

また、サポートスタッフに携わったことで、指導の難しさや救助の難しさを改めて実感しました。
アドバンストインストラクター養成研修に参加してから6年が経ちましたが、ここで培った技術や仲間の大切さは失っていないと思った5泊6日でした。

suzuki_03.jpg
カヌーの漕ぎ方を研修生たちの前で披露


〜研修生へのメッセージ〜
アドバンスト・アクア研修生の皆さん頑張っていますか? 今は辛いこともあるかも知れませんが、地元に戻ってからは人を指導する立場になるわけですから、この研修を通して学んだことが今後の皆さんの財産になるはずです。
過去には二度と戻れません!
1日1日を大切に! 残された研修期間を頑張ってください。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1099079

コメントする
コメント
Trackback type=