CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«地域コミュニティの拠点へ〜B&G海洋センターが踏み出す 多様化・変化〜 | Main | 今年度のヨット教室を開始しました!:B&G江の島海洋クラブ(神奈川県)»
プロフィール

B&Gロゴ-JPGデータ大.jpg

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 
カテゴリ
検索
検索語句
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
リンク集
ブログアーカイブ

水プロブログアーカイブ
東北地方太平洋沖地震支援基金 http://blog.canpan.info/bgf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bgf/index2_0.xml
東京湾で海を学ぼう!:B&G東京湾海洋体験アカデミー2015 [2015年05月15日(Fri)]
皆さん、こんにちは。B&G財団 事業部 海洋教育課の林 未来です。
今夏、B&G財団が初めて開催する海洋教育事業「B&G東京湾海洋体験アカデミー2015」(以下、海洋体験アカデミー)の魅力を連載でお伝えしていきます!
事業案内⇒B&G東京湾海洋体験アカデミー2015

B&G財団に入職して以来、私は子供たちを対象にしたさまざまな海洋体験事業に携わっていますが、いつも子供たちには、「いろいろ体験するなかで、なにか1つ夢中になれるものをみつけてほしい」と願っています。

150515_01.jpg 150515_02.jpg
2012年まで実施したB&G体験クルーズでは、春休みに客船をチャーターして小笠原の海に行きました


今回、私たちが新たに企画した海洋体験アカデミーは、まさに「海で自分の好きなものを探す旅!」であり、参加した子供たちは海で活躍する各分野のプロフェッショナルの方々に会って話を聞いて、仕事の一部もちょっと体験させてもらいます。

「あっ、もしかして僕って船の設計士になりたいかもしれない!」
「うわ〜、船員さんの仕事って面白そう!」
「女の子でも、海上保安官になれるのかなぁ・・・」

参加する子供たちには、いろいろな仕事に興味を持って海に目を向けてくれるだけでもうれしいのですが、このような声が出たらなおさらです。と言うのも、この事業を企画するうえで私もさまざまな海の仕事を見学させていただき、そのすべてに大きな関心を寄せたからです。
ですから、この連載ブログで皆さんに少〜しだけ、海洋体験アカデミーの内容をご紹介していきたいと思います。

150515_03.jpg
東京湾に特化した今回の事業。国際的な港湾、みなと横浜にも足を運びます


昨年の秋、事業を企画するうえで私たちは子供たちに海で何を見て欲しいか、どんな海の仕事について学んでもらいたいかいろいろ考え、まず思いついたのが、
●専門的に海について知っている人
●海をいろいろな角度で調べている人・・・でした。

つまり、海洋体験アカデミーでは、真っ先に海の「研究者」や「ハカセ」に仲間になっていただきたいと考え、そこで頭に浮かんだのが、「JAMSTEC」(ジャムステック:国立研究開発法人 海洋研究開発機構)でした。JAMSTECは、世界最先端の研究技術で海や地球のことを調査・研究する機関で、世界的なリーダーとして活躍しています。

150515_04.jpg
JAMSTECが運用する海洋地球研究船「みらい」。北極海などで調査を続けています


さっそく先方に電話をしたところ・・・
「ちょうど今週末にJAMSTECの施設一般公開があるので、来てみてはどうですか?」と、素晴らしいタイミングで見学させていただくことになりました。
そして、そこで私が見た光景とは・・・次回に続きます♪
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1088039

コメントする
コメント
Trackback type=