CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«今年の夏に行う海のイベント4本立て!:B&G職員リレートーク〜事業部海洋教育課 山口 雄介 | Main | 東京湾で海を学ぼう!:B&G東京湾海洋体験アカデミー2015»
プロフィール

B&Gロゴ-JPGデータ大.jpg

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 
カテゴリ
検索
検索語句
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
リンク集
ブログアーカイブ

水プロブログアーカイブ
東北地方太平洋沖地震支援基金 http://blog.canpan.info/bgf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bgf/index2_0.xml
地域コミュニティの拠点へ〜B&G海洋センターが踏み出す 多様化・変化〜 [2015年05月13日(Wed)]
ブルーシー・アンド・グリーンランド財団(B&G財団)は、モーターボート競走法制定20周年記念事業の一つとして1973年に設立されて以来、約30年間にわたり、海事思想の普及、青少年の健全育成、地域住民の健康づくりの拠点として、「B&G海洋センター」施設を全国の自治体に対して建設・無償譲渡した(合計480ヵ所)。
それらの施設は、43年目を迎えた現在も、地域に不可欠のスポーツ施設として住民の方々に愛されており、総利用者数は年間1000万人規模となっている。

150508_湯前積丹調印式01.jpg


昨年、日本創成会議が発表した「2040年の人口推計」は各方面へ波紋を呼んだが、都市部以外の自治体へ選択的に施設を建設・譲渡したB&G財団にとっても、実施事業の策定に大きな影響を与えるものであった。
いわゆる「消滅可能性自治体」として名指しされた869自治体のうち、実に229ヵ所が「B&G海洋センター」所在地であった。



スポーツの拠点から「地域コミュニティの拠点」へ
南北2自治体と共に先鞭をつける


2015年度、B&G海洋センターは、従来の「スポーツする場所」から脱皮を図る。
“待ったなし”に自治体が求められている「地方創生」企画・立案・実行に対して、B&G財団が速やかに支援着手できること。それはまず、地域社会の活力向上だ。

そこで、5月8日(金)「地域コミュニティの再生に関するモデル事業」と銘打たれた取組みが始まった。
北海道 積丹町(人口2300人、高齢化率43%)、熊本県 湯前町(人口4200人、高齢化率37%)の各町が、B&G海洋センターを、単なるスポーツ施設から「気軽に立ち寄り、集い、交流する場所」へとシフトさせ、「住民交流」「子供の居場所づくり」「子育て支援」「高齢者の健康促進」など、コミュニティの希薄化が大きな要因と見られる社会的課題へと積極的に取り組むものである。

150508_湯前積丹調印式02.jpg
5月8日(金)「地域コミュニティの再生に関するモデル事業」 調印式
左:湯前町 鶴田町長 中:B&G財団 梶田会長 右:積丹町 松井町長


どのようにコミュティの場を再生し、活性化していくのか? 日本海に面したソーラン節発祥の漁師町(積丹町)、球磨川の峡谷に抱かれた林業の町(湯前町)、いずれも地域性、住民気質を十分に加味しなければならない。
オール積丹町・オール湯前町、そしてB&G財団も最優先で取り組むこの事業を、その進展とともに今後もお伝えしていきたい。

150508_湯前積丹調印式03.jpg北海道積丹町B&G海洋センター活用計画
・レッツトライ B&Gキッズ事業
(キッズスペース設置による子育て世代利用促進、幼児活動拠点としての利用促進、図書コーナー拡充)
・B&Gいきいき たまり場事業
(休憩・喫茶スペース、屋外休憩スペース、カラオケ器材設置による高齢者の居場所・交流場所づくり)
・B&Gはつらつ交流ウォーキング事業
(万歩計の貸し出し、健康教室実施による施設の健康拠点化)



150508_湯前積丹調印式04.jpg熊本県湯前町海洋センター活用計画
スローガン“みんなでB&Gにいくばい!”
・憩いの場づくり
(町出身選手の競技大会出場時に応援イベント実施、お茶飲み場としての解放、映画鑑賞会の開催、子供図書館・学習室として休み期間や放課後に活用)
・健康ベースアップ事業
(講師を招いた定期的な運動教室・ロコモ予防教室の実施、健康・運動能力の測定会実施)



B&G財団広報課  持田雅誠
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1087401

コメントする
コメント
Trackback type=