CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«職員リレートーク:「古本でも寄付できる!」特別事業推進課 専任部長 遠藤 卓男 | Main | B&G瀬戸内海洋クラブ:B&G奈義海洋クラブとの交流会ほか»
プロフィール

B&Gロゴ-JPGデータ大.jpg

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 
カテゴリ
検索
検索語句
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
リンク集
ブログアーカイブ

水プロブログアーカイブ
東北地方太平洋沖地震支援基金 http://blog.canpan.info/bgf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bgf/index2_0.xml
職員リレートーク:「今年も熱い研修が沖縄で始まります!」指導者養成課 専任部長 坂倉 一寿 [2015年04月07日(Tue)]
shindo.jpg

「今年も熱い研修が沖縄で始まります!」
            指導者養成課 専任部長 坂倉 一寿





こんにちは、指導者養成課の坂倉です。
いよいよ今年も、6月5日(金)からアドバンスト・アクアインストラクター養成研修が沖縄で開催されます。参加者の募集を開始した現在、私たちは事業計画どおり70人の定員をクリアしたいという思いでいっぱいです。

欲を言えば70人ピッタリが理想ですが、昨年度(84人)のように定員をオーバーしても、うれしい悲鳴が出るだけです。指導員の必要性をご理解いただいている首長さま等の推薦ですから、なんとかして受け入れる策を考えます。

150407_01.jpg
昨年、晴れてアドバンスト・インストラクターになった皆さん。沖縄で苦楽をともにしました!


とはいえ、定員オーバーになったらホテルとの部屋数増加の交渉をはじめ、教官や指導員の増員、舟艇・器材の追加、教本等の増刷など、予算書をにらみながらの準備になります。なかでも講師や指導員、看護師まで約20人におよぶスタッフの日程調整がひと苦労で、履修時間の長いヨットの専門講師などは1週間以上にわたって滞在してもらなければなりません。初めて私がこの業務を任された頃はメールがなかったので、講師との調整は電話のみが頼り。なかなか連絡が取れないこともあって、胃が痛くなったこともありました。メールが使える昨今は至ってスムーズですけれどね!

150407_02.jpg
ヨットの講習をお願いしている元オリンピック日本代表チーム監督の小松一憲先生。
初歩から丁寧に指導してくださいます


そして、研修にはユニフォーム類が必要ですから、B&G帽子、Tシャツ4枚、ポロシャツ2枚、ジャージ1本、ラッシュガード1枚、スイムキャップ1枚などを各人のサイズに応じてそれぞれのメーカーに発注し、納品されると個々に仕分けます。

80人を超えると結構な量になるので人海で作業しますが、「サイズが合わない」などと言う参加者も出てきます。そのときには「身体を合わせてください」とお願いしたり、「帽子が小さい」という人には「頭を合わせてください」と言ったりして・・・・(冗談です)、もう大変です!

150407_03.jpg
個々のサイズに合わせて事前に仕分けされたユニフォーム類。これから研修が始まります!


それでも指導者養成課は、参加者の皆様に気持ち良く参加いただけるよう、万全を期して準備しておりますので、安心してご参加ください。沖縄の青い海が待っています。地域をリードする指導者を目指して共にいい汗をかきましょう!お待ちしております。

150407_04.jpg
研修最終日に行われる瀬底島一周のカヌーツーリング。爽やかな沖縄の海を皆で進む気分は最高です!
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1078177

コメントする
コメント
Trackback type=