CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«掛川市レポート きんじろうくん日記O 「それぞれの年度末@」 | Main | 掛川市レポート きんじろうくん日記Q 「それぞれの年度末A パドルから包丁へ」»
プロフィール

B&Gロゴ-JPGデータ大.jpg

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 
カテゴリ
検索
検索語句
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
リンク集
ブログアーカイブ

水プロブログアーカイブ
東北地方太平洋沖地震支援基金 http://blog.canpan.info/bgf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bgf/index2_0.xml
掛川市レポート きんじろうくん日記P 「掛川市おすすめ観光スポット」 [2014年03月24日(Mon)]

今日は掛川市の観光スポットをいくつかご紹介します。

ヤマハリゾートつま恋
「つま恋」・・・名前は知っていましたが、掛川市にあるとは知りませんでしたバッド(下向き矢印)
「つま恋」は、自然・音楽・スポーツが一体となったリゾート施設で、著名なアーティストのコンサートが開かれることでも有名です。
ホテルや温泉のほか、アーチェリーやゴルフ、ノルディックスポーツ、乗馬、水泳などなど、様々なスポーツや自然体験が楽しめます。3月28日からは「国際馬術大会」も開かれます。

冬場は「つま恋サウンドイルミネーション」が開催されているので行ってきました。
DSCF1930.JPG
イルミネーションなら他にもありますが、さすがヤマハ!!音楽が流れながらのイルミネーションはとてもきれいでしたよるんるん

DSCF1932.JPG
少し見えにくいですが、こちらは富士山をイメージしたイルミネーション。もちろん音楽付き♪

DSCF1928.JPG


続いて、掛川花鳥園
ここ掛川市に来る前に、B&G財団のO次長に「掛川市では絶対に花鳥園に行け!!」と言われていましたダッシュ(走り出すさま)
鳥たちと直接触れあえる!・・とは聞いていましたが、行ってビックリ、、確かに楽しい!

犬や猫、小動物とはふれあう機会はあっても、なかなか鳥を触る機会はない。
しかも・・・
DSCF1761.JPG

そして、エミュー
DSCF1780.JPG
中央にいるのは飼育員さんではありません。お客さんです。

とか
DSCF1779.JPG

このゲージ(?)には、フラミンゴやシギなど多くの鳥たちが
DSCF1775.JPG
ゲージにいる鳥を眺めるのではなく、人間がゲージに入ります!


他にもふくろうや鷹のバードショーもやっています。
DSCF1756.JPG


DSCF1772.JPG
観光課の伊藤さん。アクア・インストラクターです。

他にもペンギン、ツル、ペリカンなどたくさんの鳥たちがいました。
鳥と触れ合いたい方 おすすめです!


最後にカメラ目線で
DSCF1748.JPG
みんな遊びに来てね♪


続いて、謎のトンネル
テレビ番組「珍百景」でも紹介されたトンネルです。

こっちから見ると普通のトンネル。でも狭い、低いたらーっ(汗)
DSCF1907.JPG

この中を歩いて反対側から見ると
DSCF1908.JPG
手で掘った????

このトンネルは住民の手によって掘られたトンネルです。軽トラ一台がギリギリ通れると言われていますが、本当に通れるの?という位狭い。
少し山を入ったところにあるので、地元の方の秘密のトンネルのようです。
昔は大切な生活道路として使われていたのでしょうね。


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/948341

コメントする
コメント
 小野田さん、楽しかったろう!
 
 掛川花鳥園さんは、鳥たちが人を恐れないように飼育員と施設管理の皆さんが、細心の注意と蓄積されたノウハウをつぎ込んで運営されています。
 ただの「鳥の動物園」ではありません。
 鳥好きはもちろんのこと、鳥の魅力を知らない方も楽しめます。
 開館から閉館まで、ずっと楽しめます。
 屋根付きなので、雨の日も楽しめます。
Posted by: 岡田  at 2014年03月27日(Thu) 09:17

Trackback type=