CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«掛川市レポート きんじろうくん日記J いのちを守る「希望の森」プロジェクト | Main | 掛川市レポート きんじろうくん日記L 「海洋クラブと指導員」»
プロフィール

B&Gロゴ-JPGデータ大.jpg

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 
カテゴリ
検索
検索語句
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
リンク集
ブログアーカイブ

水プロブログアーカイブ
東北地方太平洋沖地震支援基金 http://blog.canpan.info/bgf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bgf/index2_0.xml
掛川市レポート きんじろうくん日記K 「こだわりの逸品たち」 [2014年03月07日(Fri)]
 
今日は「お茶」の話 第2弾です。
前回は、お茶の農法「茶草場農法」のご紹介をしましたが、今日は「お茶」についてのお話です。

掛川は、お茶処として有名ですが、なかでも「掛川深蒸し茶」が特産品です。
この「深蒸し掛川茶」は、全国茶品評会で、9年連続産地賞を獲得しています。普通煎茶よりも蒸し時間を2から3倍長くする製法により、水色が濃厚で自然の甘みが感じられる深い味わいのお茶です。

更に!!この「「深蒸し掛川茶」、緑茶効能研究「掛川スタディ」によると、体に良い成分を多く含むため、毎日飲むことにより生活習慣病予防に効果があるそうです!
健康が気になる皆さん!!!!いかがでしょうかグッド(上向き矢印)

ということで、今日は、環境経済部の後藤さんにおいしい「深蒸し茶」の入れ方を教えてもらいましたわーい(嬉しい顔)
DSCF1962.JPG
後藤さんが「掛川茶マイスター」の皆さんにレクチャー。まずは、茶葉についての説明です。

続いて、茶具の説明。南部鉄器や美濃焼の器など「茶文化プロジェクト」匠の逸品の紹介です。
DSCF1963.JPG

そして、お茶のおいしい入れ方
DSCF1965.JPG
お湯の温度や待ち時間で、同じ茶葉でもまろやかになったり、きりっとした味にもなります。両方飲み比べてみましたよ。



先ほどありました「茶文化プログラム」とは・・
緑茶文化の継承と更なる普及を目指し、各市の最高の技を結集した4市協働の活動です。
DSCF1970.JPG
●南部鉄器の南部鉄瓶 (岩手県奥州市)
●樺細工の茶筒・茶托・茶さじ (秋田県仙北市)
●美濃焼の茶器(岐阜県多治見市)
そして、
●深蒸し掛川茶(静岡県掛川市) の4市で実施しています。

匠の逸品で、こだわりの深蒸し掛川茶を味わう・・・
最高に贅沢な一時ですね〜るんるん

最後に後藤さんから急須をプレゼントしていただきました。
DSCF1973.JPG
戻ってからもこの急須で、掛川のお茶を味わいたいと思います。
ありがとうございましたexclamation×2
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/942869

コメントする
コメント
Trackback type=