CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年12月 | Main
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
最新コメント
福岡県大任町の活動(2)  「育苗」“どんぐりのまきつけ”  [2015年01月12日(Mon)]


大任町で11月19日(木)、地元の今任小学校3年生の児童35名による「どんぐりのまきつけ」が行われました。

今年から「B&G植樹教育事業」に取り組んでいる大任町では、11月7日(金)・11日(火)の2日間、同小学校の2・3年生を対象に「どんぐり拾い」を実施(12月16日付ブログに掲載)。今回の活動は、その時拾った“どんぐり”の蒔き付けを行ったものです。るんるん

子供たちは、まず最初に、B&G植樹リーダーの佐々木 一成さんから“どんぐりの蒔き付け”の手順等について説明を聞いた後、グループ別、さらに班別に作業を分担して“蒔き付け”を行いました。るんるん

蒔き付け用のトレイへ培養土を入れる班、虫の喰っていないどんぐりを選別する班など、班ごとの作業を行いながら、みんなでドングリを蒔き付けました。最後にモミガラを敷いてマルチングをして終了です。るんるん

写真@_1418359419.JPG

ひとつのグループを2つの班に分けて作業してもらいました

写真A_1418359419.JPG

こちらの班ではどんぐりの選別をしています

写真B_1418359419.JPG

培養土をいれたトレイに、一つずつドングリを並べて蒔き付けました
並べ方にもグループごとに個性が出ていました

写真C_1418359419.JPG

どんぐりを蒔き付けた後に、土をかぶせます

写真D_1418359419.JPG

みんなで5つのトレイにドングリを蒔き付けました
手前が生徒で、奥は右からB&G植樹リーダーの佐々木 一成さん、渡辺指導員、清藤指導員、担任の先生です


【運営者の感想等】
ほとんどの子供たちが楽しそうに作業してくれたので良かった。また、土の入れ方やどんぐりの並べ方など、子どもによっていろいろなやり方をしていたので、見ていたこちらも楽しかった。あまり面白くなさそうな子が若干いたことが残念だった。


| 次へ