CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

さんの画像
バックアップ新潟
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2011年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集
御礼 [2011年04月21日(Thu)]

「救援物資 バックアップセンター新潟」は、4月10日を以って活動を終了いたしました。

全国、時には海外からの温かいご支援を、本当にありがとうございました。
皆様から頂いた物資は、運送会社さんの協力を得、福島県会津を中心に届けて参りました。

現地での負担を軽減するために、新潟で仕分け作業を行ってきましたが、
送られてくる物資には、応援のメッセージが多く添えられていました。

それらは全部、物資と一緒に現地へ届けさせて頂きました。

3月18日から4月10日までの約1か月という短い期間ではありましたが、
現地のニーズを聞き取った上で、スピード感を持って活動をすすめてきました。

現地に送り届けた物資は、10トントラック12回分にもなります。
本当にありがとうございました。

被災地では、残念ながらまだまだ復旧の段階です。
息の長い支援が必要となりますので、これからもこの気持ちを大事にして頂ければ幸いです。

「救援物資 バックアップセンター新潟」の活動はここで一度終了となりますが、
これからも形や仕組みをかえて被災地をサポートしていきます。


1ヵ月という短い期間ではありましたが、皆様、本当にありがとうございました!
【報告会】〜救援物資バックアップセンター新潟の取り組み、 写真家の視点から〜 [2011年04月11日(Mon)]



【報告会】〜救援物資バックアップセンター新潟の取り組み、 写真家の視点から〜
____________________________________
       被┃災┃地┃の┃今┃を┃見┃つ┃め┃る┃
       ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛


東日本大震災から1ヶ月が経ちました。

新潟NPO協会では、震災直後から、
「救援物資バックアップセンター」を開設し、
個人小口から団体の大口物資まで、皆様の気持ちと共に
福島県会津を中心にお届してまいりました。


期間中、500を超える団体や個人からの物資を、
10トントラック12回分を届けることができ、
ご協力頂いた皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。


「救援物資バックアップセンター」でのこれまでの活動の成果を発表すると共に、
今回のコーディネートを担当してくださった写真家 たかはしじゅんいちさんが、
岩手、宮城の被災地へ出向いて目にしたもの、感じたことを、お伝えします。





■日時:4月14日(木)19時00分 (受付18時30分開始)
■会場:新潟ユニゾンプラザ 5階 中研修室
■参加費:500円(資料代)※学生無料
■定員:80名


■スケジュール
19:00 開会挨拶
     「救援物資バックアップセンター 一か月間の活動報告」
     新潟NPO協会 富澤佳恵

19:30 「石巻・女川・南三陸で見てきたこと・感じたこと」
     写真家 たかはしじゅんいちさん
     
21:00 閉会挨拶、終了


※「救援物資バックアップセンター」ブログ
http://blog.canpan.info/backupniigata/


■問合せ先
NPO法人新潟NPO協会
新潟市中央区上所2−2−2新潟ユニゾンプラザ 1F
TEL/025-280-8750  FAX/025-281-0014
メール:info@nan-web.org

■申し込み
下記のフォームもしくは、FAX、電話にてお申し込みください。


**************************************
<所属>
<お名前(ふりがな)>                          
<住所>                                
<電話番号>               
<FAX>                    
<Eメール>                    

**************************************





「バックアップセンター新潟」物資提供のおねがい〜最終号〜 [2011年04月05日(Tue)]

ここ数日、更新が出来ておらず、すみませんでした。

実は…

会津経由で福島県内の避難所へ送る救援物資提供のお願い、
今回が最終のご案内になります。

これまで、本当に多くの方から物資を提供頂きました。
本当にありがとうございました。

皆様から頂いた物資に関する情報は、改めて発信をさせて頂きます。

さて、最終号で皆様にお願いしたい物資に【靴、下着、靴下(新品に限る)】
が加わりました。
現地では日常的に必要な物のニーズが高まっています。

なお、皆様へのお願いなのですが、新潟の拠点と輸送の関係から
【4月10日必着】
(もしくは、10日中に持ち込み)で物資を発送してください。

ご協力頂きますよう、何卒よろしくお願いいたします。


●●● 小口・少量の物資も受付「バックアップセンター」〜最終号〜 ●●●


<< 4月5日(火)〜 4月10日(日)必着分まで >>


◇募集している物資
----------------------

◆保存がきき、ダメージを受けにくい野菜や果物
  (大根・ジャガイモ・人参・リンゴなど)
◆保存食であり、直ぐに食べられるもの
  (ふりかけや梅干し・カップラーメン・味噌汁・缶詰など)
◆お米(精米済みや無洗米のもの)
◆日用消耗品(タオル・粉ミルク・オムツ大小・生理用品・石鹸など)
◆靴、下着、靴下(新品に限る)


※いずれも少量から受け付けます。


◇受付先および方法
------------------------

◇◆◇直接お持込みの場合◇◆◇
午前9時〜午後6時まで受け付けています。
最終日は『4月10日』になります。

 <物資受付先>
  950-0925 新潟市中央区弁天橋通1−8
  日本自然環境専門学校


◇◆◇郵送する場合◇◆◇
「受け取り時間指定 午前9時〜正午」とし、送料は各自ご負担ください。
必ず『4月10日 午前』必着でお願いいたします。

 <物資送付先住所>
  950-0925 新潟市中央区弁天橋通1−8
  日本自然環境専門学校内 
   「救援物資バックアップセンター新潟」 会津食ルネ宛
  пF080-1210-2125


※出来るだけ仕分けして箱で送って下さい。


◇お問合せ
--------------------
  NPO法人新潟NPO協会
  950-0994 新潟市中央区上所2−2−2新潟ユニゾンプラザ1F
  пF080-1210-2125(物資受付ダイヤル)

  東北関東大震災 支援特設サイト
  http://nponiigata-jishin.blogspot.com/
新聞の反響 [2011年03月31日(Thu)]

昨日、新潟日報に物資募集の掲載があった事をお伝えしましたが、
その反響は本当に多かったです。

決して無理はしてほしくないのですが、私たちだけでは、広報にも限界があります。

広報支援をして頂けるだけでも、本当にありがたいです。

さて、宅急便屋さんは大人気です。
トラックが入ってくると、皆で外に出てお出迎えです。


宅急便のお兄さんから受け取り、



早速仕分け&メモです。


一日でも早く現地に届けたいのですが、実は最近量が減ってしまいまして、
運送会社さんはまとめた量でのお届けとなりました。

先週までは10トントラックで入りきらなかったのですが、
昨日は1/3以下になってしまっていました・・・。

皆様!
忘れないでくださ〜ぃ!!

「救援物資バックアップセンター新潟」

は、現地でのニーズによって、募集品目を変えて物資提供のお願いをしています。
救援物資に終わりはありません。


どうか、広報の面でもご協力頂ければ、ありがたいです。
このブログを見て頂いている方、
いつも本当にありがとうございます。

送って頂いたりと、これ以上お願いするのも申し訳ないのですが、
被災地の笑顔のために、もう少しだけ、お力を分けて頂ければ嬉しいです。


<< 3月29日(火)〜 4月5日(火)まで >>


◇募集している物資
----------------------

1.保存がきき、ダメージを受けにくい野菜や果物
  (大根・ジャガイモ・人参・リンゴなど)
2.保存食であり、直ぐに食べられるもの
  (ふりかけや梅干し・カップラーメン・味噌汁・缶詰など)
3.お米(精米済みや無洗米のもの)
4.日用消耗品(タオル・粉ミルク・オムツ大小・生理用品・石鹸など)

※いずれも少量から受け付けます。


◇受付先および方法
------------------------

◇◆◇直接お持込みの場合◇◆◇
午前9時〜午後6時まで受け付けています。

 <物資受付先>
  950-0925 新潟市中央区弁天橋通1−8
  日本自然環境専門学校


◇◆◇郵送する場合◇◆◇
「受け取り時間指定 午前9時〜正午」とし、送料は各自ご負担ください。

 <物資送付先住所>
  950-0925 新潟市中央区弁天橋通1−8
  日本自然環境専門学校内 
   「救援物資バックアップセンター新潟」 会津食ルネ宛
  пF080-1210-2125


※出来るだけ仕分けして箱で送って下さい。
こちらでも対応しますが、運送の都合上箱が欠乏中です。


◇お問合せ
--------------------
  NPO法人新潟NPO協会
  950-0994 新潟市中央区上所2−2−2新潟ユニゾンプラザ1F
  пF080-1210-2125(物資受付ダイヤル)

  東北関東大震災 支援特設サイト
  http://nponiigata-jishin.blogspot.com/



メッセージ [2011年03月31日(Thu)]

バックアップセンターには、届けて頂いた物資と一緒にメッセージも寄せられています。

そのほとんどは現地に送ってしまっていますが、ほんの数枚、センターの支え(励み?)として残しているものを紹介いたします。

one for all, all for one
今、日本中が頑張る時です。


インドネシアの子ども達が書いて送ってくれました。
教会で祈りを捧げる様子も描いてくれていました。それは今現地に届いています。


十分です。ほんのひとつでも送って頂けるなら、本当に有難いのです。


実はこれ、香港から送られてきた荷物の段ボールに書いてありました。
(昨日届いたばかりで、明日以降、荷物を入れて現地に運ばれます)


日本国内はもちろん、海外からも物資を受け取る事ができるなんて。
バックアップセンターでは今、皆さんの気持ちをとても身近で受け取る事が出来ています。
本当に幸せな事です。

温かいご支援をありがとうございます。
何度「ありがとう」を言っても言い切れません。

本当にありがとうございます。
嬉しい事 [2011年03月31日(Thu)]

今朝の新潟日報に、「救援物資バックアップセンター新潟」の記事が出ました。



おかげで、多くの方が問合せをしてくださっています。
気にとめて頂いて、ありがとうございます!!


新聞の力は大きいのだなぁ、と、改めて感じました。


さて、物資に関してのお問い合わせ、本当にありがとうございます。
被災地での混乱を避けるため、現在は品目を限定してお願いをしております。

今は募集品目となっていなくても、今後必要になる事があるはずです。

長期的な目線で、必要になる時まで大事に取っておいてくださいませんか?


どうかご協力頂きますよう、お願いいたします。
中間報告です! [2011年03月30日(Wed)]

みなさまこんにちは!!

新潟はとても気持ちの良いお天気です。
お天道様が出ているだけで、1日がとても気分良く過ごせますよね。

昨日、救援物資提供のお願いをメールにてお送りさせて頂きましたが、
3/19〜3/24 までで、皆様から頂いた物資の数をお知らせいたします!

なかなか情報を発信出来ていなくて、ごめんなさい。。。

以下、頂いた件数の発表です!

日にち    持込み件数    宅急便BOX個数     
19日(土)     18件         47個
20日(日)     27件        185個
21日(月)     28件         76個
22日(火)     10件         89個
23日(水)      ・・・確認中・・・
24日(木)     17件        355個



今後も、集計が済み次第、お知らせいたします。
BOXの数が多いのは、企業や団体さんから、地域や仲間同士でまとめて送ってくださったからです。

本当にありがとうございました。
この荷物が運ばれた先の情報も、今後お知らせさせて頂きます!

4月中旬まで、もうしばらくご支援ください!
現在募集しているのは以下のとおりです。


<< 3月29日(火)〜 4月5日(火)まで >>


◇募集している物資
----------------------

1.保存がきき、ダメージを受けにくい野菜や果物
  (大根・ジャガイモ・人参・リンゴなど)
2.保存食であり、直ぐに食べられるもの
  (ふりかけや梅干し・カップラーメン・味噌汁・缶詰など)
3.お米(精米済みや無洗米のもの)
4.日用消耗品(タオル・粉ミルク・オムツ大小・生理用品・石鹸など)

※いずれも少量から受け付けます。


◇受付先および方法
------------------------

◇◆◇直接お持込みの場合◇◆◇
午前9時〜午後6時まで受け付けています。

 <物資受付先>
  950-0925 新潟市中央区弁天橋通1−8
  日本自然環境専門学校


◇◆◇郵送する場合◇◆◇
「受け取り時間指定 午前9時〜正午」とし、送料は各自ご負担ください。

 <物資送付先住所>
  950-0925 新潟市中央区弁天橋通1−8
  日本自然環境専門学校内 
   「救援物資バックアップセンター新潟」 会津食ルネ宛
  пF080-1210-2125


※出来るだけ仕分けして箱で送って下さい。
こちらでも対応しますが、運送の都合上箱が欠乏中です。


◇お問合せ
--------------------
  NPO法人新潟NPO協会
  950-0994 新潟市中央区上所2−2−2新潟ユニゾンプラザ1F
  пF080-1210-2125(物資受付ダイヤル)

  東北関東大震災 支援特設サイト
  http://nponiigata-jishin.blogspot.com/

バックアップセンター事務所・・・ [2011年03月29日(Tue)]

今更ですが・・・

バックアップセンターの事務所では、実はこの方が現地とのコーディネートをしています。


手前に置いてあるカンパの入れ物・・・。
この事務所の運営費に充てています。みなさま、こちらへのご協力も本当にありがとうございます。


さて、物資が行き届き始めた。という話や、仮設住宅の建設が始まった。
と、ニュースで流れています。

果たして、全ての避難所に本当に物資が届いているのか・・・?

新潟市内から2時間程の場所にある福島県会津では、残念な事に毎日がおにぎりとパンです。
そう。炭水化物ばかりです。

先日、ここでお知らせした「アサヒ企画」さんが炊き出しを行った際に、
初めて野菜を口にしたそう。

キャベツの芯も細かく刻んで、余す事なくありがたく頂戴したそうです。

“救援物資”

終わりはありません。

どうか、これからも気にとめてください。
本当の戦いはこれからです。


現在バックアップセンターでは、
「保存のきく野菜・果物」
を受け付けております。

皆様、今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
「バックアップセンター新潟」物資提供のおねがい第3弾 [2011年03月29日(Tue)]

会津経由で福島県内の避難所へ送る、
救援物資提供のお願い、第3弾が始まりましたので、
ご案内させていただきます。

現在TVなどのメディアにより、仮設住宅の建設や、
物資が行き渡り始めているニュースが増えております。
ですが、ニーズは変われど、今だ支援を必要としている人が沢山いらっしゃいます。

引き続き、ご支援・ご協力いただければ幸いです。

●●● 小口・少量の物資も受付「バックアップセンター」〜第3弾〜 ●●●


<< 3月29日(火)〜 4月5日(火)まで >>


◇募集している物資
----------------------

1.保存がきき、ダメージを受けにくい野菜や果物
  (大根・ジャガイモ・人参・リンゴなど)
2.保存食であり、直ぐに食べられるもの
  (ふりかけや梅干し・カップラーメン・味噌汁・缶詰など)
3.お米(精米済みや無洗米のもの)
4.日用消耗品(タオル・粉ミルク・オムツ大小・生理用品・石鹸など)

※いずれも少量から受け付けます。


◇受付先および方法
------------------------

◇◆◇直接お持込みの場合◇◆◇
午前9時〜午後6時まで受け付けています。

 <物資受付先>
  950-0925 新潟市中央区弁天橋通1−8
  日本自然環境専門学校


◇◆◇郵送する場合◇◆◇
「受け取り時間指定 午前9時〜正午」とし、送料は各自ご負担ください。

 <物資送付先住所>
  950-0925 新潟市中央区弁天橋通1−8
  日本自然環境専門学校内 
   「救援物資バックアップセンター新潟」 会津食ルネ宛
  пF080-1210-2125


※出来るだけ仕分けして箱で送って下さい。
こちらでも対応しますが、運送の都合上箱が欠乏中です。


◇お問合せ
--------------------
  NPO法人新潟NPO協会
  950-0994 新潟市中央区上所2−2−2新潟ユニゾンプラザ1F
  пF080-1210-2125(物資受付ダイヤル)

  東北関東大震災 支援特設サイト
  http://nponiigata-jishin.blogspot.com/

バックアップセンターって? [2011年03月28日(Mon)]

バックアップセンターってどんな所?
誰が、何をしているの??

そんな疑問にお答えします。

まず、場所は新潟市中央区弁天橋通りにあります。
新潟駅南口から、車で5分程の場所です。

センターの入り口には、こんな看板を立てています。


直接物資を持ち込んで頂ける方、この看板を目印にしてくださね。


奥に進むと、プレハブの事務所があります。
ここで荷物の受け取りを行っています。


ここでは、頂いた荷物を一度開封させて頂き、更に細かく仕分けをします。
そうやって、物資単位で段ボールを作り、品物名を書いたうえで、必要とされている場所に届けられています。


また、皆様から頂いた物資の内容は、その場ですぐにひとつひとつ書き留めています。
目に見える形として残したい。
そんな想いから、ボランティアスタッフが、頑張っています。


物資センターは、期間限定で開設しているものです。
今、必要な物を的確に把握し、品目を限定して募集しております。
これは、現地での混乱を避けるためでもあります。
皆様にはご協力を頂き、本当に感謝しています。

ありがとうございます!



3月29日(火)までの必要物資はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


◇募集している物資
----------------------

1.保存食であり、直ぐに食べられるもの
  (カップラーメン・スープ・味噌汁・缶詰など)
2.お米(精米済みのもの)
3.日用消耗品(タオル・粉ミルク・オムツ大小・生理用品など)

※いずれも少量から受け付けます。


◇受付先および方法
------------------------

 <物資受付先>
  950-0925 新潟市中央区弁天橋通1−8
  日本自然環境専門学校

※こちらで仕分けし、梱包しますので、物資は段ボールに入れ、封をせずにお持ちください。
※午前9時〜午後6時まで受け付けています。
※こちらに郵送する場合は、送り先を下記のようにしてください。
ただし、「受け取り時間指定 午前9時〜正午」とし、送料は各自ご負担ください。

 <物資送付先住所>
  950-0925 新潟市中央区弁天橋通1−8
  日本自然環境専門学校内 
   「救援物資バックアップセンター新潟」 会津食ルネ宛
  пF080-1210-2125
| 次へ