CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

あっとすくーるさんの画像
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
箕面市において発生した児童虐待死事件について [2017年12月26日(Tue)]
平成29年12月26日


箕面市において発生した児童虐待死事件について


特定非営利活動法人あっとすくーる
理事長 矢野 剛

 12月24日夜から12月25日にかけて箕面市内で暮らす4歳の子どもが暴行を加えられ、死亡するという事件が起きました。多くの子どもがサンタクロースを心待ちにしたり、家族と過ごす温かな時間となる日に起きたこの事件の衝撃は、言葉で表すことはできません。まずは、犠牲となった子どもに哀悼の意を表します。

 現在までの報道で、子どもが暮らす家庭がひとり親家庭であるということがわかっています。
この事件の報道がされることによって、「やっぱりひとり親家庭はダメなんだ」「虐待して子どもを殺してしまうくらいなら、離婚なんてしなきゃいいのに」といった考えが市民の皆様に広がっていく、もしくは、さらに助長されてしまうことを危惧しております。ひとり親家庭と一口に言っても、その置かれている状況や、そうなるに至った背景は個人個人で違います。今回の事件の報道が社会に問題提起をしてくれることを願いながら、一方で、その報道の影響で傷つくひとり親家庭が出ないことを私たちは切に願っております。

 また、私たちの事業を利用している子どもたちも、様々な状況に置かれています。その子どもや家族が抱えている悩み、葛藤に寄り添いながら、言動の端々から見える小さなSOSに気がつけるよう、職員・大学生ボランティア一丸となり日々の活動を行ってまいります。

 最後に、ひとり親家庭を支える団体として、また、箕面市で事業を行う団体として、この事件は重く受け止めております。命が失われるということは、どんな事情があるとはいえ、許されることではありません。しかし、そこで加害者を責めることだけをするのではなく、自分たちにはなにができたのか。どうすれば、子どもの命を守れたのか。どうすれば、子どもの命が奪われる前に保護者を支えることができたのかということを、地域で暮らすひとりひとりの方と考えていきたいと思っています。

※本ブログの文章と全く同じものを、PDFにしてHPに掲載しております。
https://atto-school.jimdo.com/
Posted by 渡 剛 at 22:01
この記事のURL
http://blog.canpan.info/attoschool/archive/225
コメントする
コメント