CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
鳥取県智頭町の「まるたんぼ森のようちえん」に行ってきました。 [2012年09月18日(Tue)]

台風16号が過ぎ去った、翌日9月18日(火)、鳥取県から30分ほど山に入った杉林の中にある、日本でも先進的な「まるたんぼ森のようちえん」の見学にいってきました。
※森のようちえんとは・・・

今日は、ヒロさんと娘と私とそれからまるたんぼの年中さんと年長さん、それから保育士さんが2人、運営に関わっている方が1人、そして代表の西村さんと森のようちえんを子どもたちと散歩してきました。

DSCF0253sono2.jpg

朝、毎日集合場所に集まって、子ども達が自分の行きたい森のフィールドを決めて、バスでスタート!!
DSCF0283sono2.jpg

森の中にさまざまなフィールをもち(現在12か所とのことでした)、季節や天候、子どもたちの意見でその日の森を決めていきます。

DSCF0248sono2.jpg
今日の出発地点はココ↑
でも、ここは園舎ではありません。もともと地域の活性化のために、住民が手作りで作り上げたログハウスや水車を、地域の人の好意で貸していただいているそうです。

ココから森のフィールドへスタート雨

雨の杉林は不思議な神秘的な空間でした(#^.^#)
DSCF0263sono2.jpg
ヒロさんも久々に、子どもたちに囲まれ、ワクワクドキドキ!!

10時から登って山のてっぺんにある鉄塔に到着したのは11時40分!!

子どもは森の生き物を見つけては、みんなで観察し・・・疲れた時にはもうここで登るの止めようかと悩み、でも、みんなが頑張って登っているのをみてまたまた頑張る決心をして・・・お腹がすいたときには大声で森に向かって叫び・・・空から落ちてくる水滴がはちみつだったらいいのにな〜・・・そうだったらパンケーキ持ってこようかな?・・・くまさんも好きなんだよね・・・なんて空想の世界に入り・・・

DSCF0259sono2.jpg

DSCF0261sono2.jpg

本当に夢に描いていた森のようちえんを見ることができて、ヒロさんも私もそして娘も感激して帰ってきました。

代表の西村さんにもいろいろお話を聞くことができて、松山でもやれるような気がしてきました。

西村さんは東京出身、私は名古屋出身なんですが、まだ自然がいっぱい残っているフィールドで子どもを育てることに憧れを感じるのは意外にも地元出身以外の人が多いことをご存じでしょか?

お話の中で、現在、震災の関係からか、西日本で子どもを育てたい人が増えているそうです。そうした人たちの求めているものが何なのか考えた時、私は絶対「自然」=「安全」=「人」=「子育て」なんだと思うんです。過疎地の少子高齢化が深刻になっている今、そうした問題を解決する手段としても「森のようちえん」という形は有効なのでは?!と思うのです。

最後に、夢を叶えつづける「まるたんぼうの活動」を見学して、一般の保育園、幼稚園という形にプラスして「森のようちえん」という選択肢をどの地域で暮らしていても選べる時代が来ること、そして行政からの支援も同じように得られる時代が来ることを願って、これからも前に進んでいくぞ!!

っと思ったぞ(^O^)/



Posted by 山本良子 at 21:58
この記事のURL
http://blog.canpan.info/asobiba/archive/166
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
http://blog.canpan.info/tb/749376
 
コメントする
コメント
プロフィール

みんなダイスキ松山冒険遊び場さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/asobiba/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/asobiba/index2_0.xml
tomotaku2009をフォローしましょう