CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

遊び場を考える会さんの画像
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク集
http://blog.canpan.info/asobi-ba/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/asobi-ba/index2_0.xml
岡山市の子育て応援サイト「こそだてぽけっと」 [2018年06月08日(Fri)]
6/17(日)全国フォーラム、掲載していただいています!
6/10(日)申込締切です。
お申込みお持ちしております!
http://www.okayama-tbox.jp/kosodate/pages/33756
大型ハンモックのデニム生地をいただきました! [2018年05月31日(Thu)]
大型ハンモックのデニム生地を
角南被服有限会社 代表取締役の角南博和さんからいただきました。

33992635_1745466625521156_8859239040143065088_n.jpg

34017791_1745466412187844_5971909904896622592_n.jpg

今、自宅で縫っているところです。

34208057_1745466525521166_7016125959040401408_o.jpg

6/24のプレーパークから、このハンモックで遊ぶことが出来ます手(チョキ)

とても親切で、ずっと優しい笑顔で接してくださる気さくな角南さんです。

ありがとうございますexclamation
子どもたちにも大人気のハンモック。
初めて遊びに来た人も入りやすい雰囲気にしてくれるハンモックです。

創業100年になるそうですぴかぴか(新しい)

ジーンズのOEM(相手先ブランドによる生産)では国内最大規模を誇る
『メード・イン・ジャパン』だそうです。

ミシンの上に取り付けられたライトから、デニム生地に2本の光線が当たり
迷わず針を落とし、ポケットを素早く縫い付けることが出来る専用ミシンなど
工場内はひらめきアイデアに満ちているそうです。
未経験者でも午前中に練習したら
午後にはラインに入れる環境を整えられているそうです。
3カ月で一人前になってもらうそうで
月1万2千本程度を安定生産されているそうです。

IMG_20180531_0001.jpg

https://www.sunamihifuku.co.jp

※写真をクリックすると拡大されまするんるん
冒険遊び場づくり全国フォーラム2018×オレンジリボンフォーラム2018 続き [2018年05月29日(Tue)]
6/17(日) 於:岡山大学創立五十周年記念館

冒険遊び場づくり全国フォーラム2018×オレンジリボンフォーラム2018

☆遊ぶ子どもと一緒に遊びに来る。それだけでもOK
就学前までのお子さんは親子でご参加ください。

●10:00〜15:30(交流サロン)
 ・岡山大学工学部の学生さん出展の「UFOキャッチャー」
 ・備前教育協力隊さん出展の「ロボット・プログラミング」
 ・サザンツリーさん出展の「幼児用木製家具(ままごとキッチン)・木製おもちゃ」
 などなど

●13:00〜14:30(金光ホール)
 ・13:00〜 くらしき作陽大学 子ども教育学部附属児童文化部ぱれっとさんの
  手遊び、パネルシアター、人形劇おすわりくまちゃん
 ・14:00〜 一般社団法人ぐるーんさんの
  ピアニカと一緒に歌おう♪

遊ぶぶーすは、事前申し込みは不要です。
当日お越しください!
冒険遊び場づくり全国フォーラム2018×オレンジリボンフォーラム2018 [2018年05月29日(Tue)]
6/17(日) 於:岡山大学創立五十周年記念館

冒険遊び場づくり全国フォーラム2018×オレンジリボンフォーラム2018

全国初の試みが岡山で開催されますexclamation×2

みんなの居場所
冒険遊び場の可能性

子ども虐待防止とすこやかな成長のための役割
http://bouken-asobiba.org/news/detail-574.html

IMG_20180520_0001.jpg

IMG_20180520_0002.jpg

32669603_1635720153209330_8071463298421227520_o.jpg

32690302_1635718289876183_4898938151352926208_o.jpg

知る 冒険遊び場や虐待防止について

●10:00〜10:30 開会、オープニング(於:金光ホール)

●10:30〜12:00 パネルトーク(於:金光ホール)

●13:00〜14:30 グループワーク(於:2階会議室) ※要申込
 A.冒険遊び場と子育て支援
 B.学童期の多様な居場所作り
 C.青年期までの切れ目のない支援
  【遊び場を考える会担当】
  (酒津のプレーパークに小さい時から遊びに来て大きくなった子たちが
  自分にとってのプレーパークを語ってくれます。)
 D.冒険遊び場づくりをはじめよう

●14:45〜15:30 クロージング、閉会(於:金光ホール)
 一日のまとめを参加者と一緒に行います。

●10:00〜12:00託児(於:2階 小大会議室) ※要申込
 
託児とグループワークは、定員になり次第締め切らせていただきますので
お早めにお申込みくださいexclamation

申込み締切は6/10です。

お申込みお待ちしておりますexclamation×2
http://bouken-asobiba.org/news/detail-574.html

※チラシをクリックすると拡大されまするんるん
6・7月プレーパークのチラシ [2018年05月29日(Tue)]
6・7月のプレーパークのチラシです。

33762665_1743280139073138_4192358998290202624_n.jpg

33892372_1743280259073126_3209586239476858880_n.jpg

土岩一花ちゃんが作ってくれましたexclamation
デザインにコラージュを取り入れたぴかぴか(新しい)ステキなチラシをありがとう(^^)/

6月第三日曜日の17日は、岡山大学五十周年記念館にて
冒険遊び場づくり全国フォーラム2018×オレンジリボンフォーラム2018共同開催があります。
酒津のプレーパークに、小さい時から遊びに来て大きくなった子たちが、グループワーク「青年期までの切れ目のない支援」で、自分にとってのプレーパークを語ってくれます。

IMG_20180520_0001.jpg

IMG_20180520_0002.jpg

そちらがありますので、6月は第四日曜日の24日になっています。
お間違いのないようにお願いします。

7月は、初めての試み家庭教育学級委託事業「子育て中の親同士で話そう!」をします。

その関係もあり、6・7月のプレーパークは月一回となります。

※チラシをクリックすると拡大されまするんるん
2018/05/26(土)「お〜い みんなあそぼうよ!」 [2018年05月26日(Sat)]
団扇で仰いだら、火がぼうぼう燃えてきました!
おもしろくてたまらない⁈
家はIHだそうで、火を見るのも初めて?

33575122_1740526202681865_4719354869943631872_o.jpg

最初は乗って引っぱってもらうのを楽しんでいたけど
今度は自分で引っぱってみるようです。
三輪車がこけると、三輪車の近くに寄って「ごめんなさい」って言って
やさしく起こしてあげてを繰り返していました〜。

三輪車さん、こんなに優しくいたわってもらうのって初めてじゃない?(^^)

33499909_1740545212679964_3336921703291813888_o.jpg

何度も何度もバケツで水を汲んで来て。

室内だと狭いしパワー発散できないので
イロイロ気になることもありますよね。

外で遊ぶと子どものパワーも気にならなく
全身を使って遊ぶので
よく寝てくれて眠い(睡眠)
親も楽になれませんかね?(*^^*)

33532274_1740554446012374_3080985233483366400_o.jpg

日本語ペラペラ。
知らない土地に来て、子育てもされてたくましいお母さんですexclamation
学生の時に中国語を専攻していました!というお母さんと話も弾んで
すぐに打ち解けられていました!

ハンモックが以前より小さくなって、子どもたちが乗っていて気になることもあり
またジーンズ生地をいただくことが出来たので
今回この倉敷帆布のハンモックは見納めとなります。

33553561_1740561069345045_7244503685294718976_o.jpg

第三日曜のプレーパークには、お孫さんと来られる女性です。
「まめっこ」が平日でお孫さんが来られなくても
ひとりで来てくださって自主的にいろいろ動いてくださっていました。
今日は特にスタッフが少ないこともご存知で「片付けの頃にと思って来ました」とのこと。
スタッフ以上に動いて、尋ねられることもなく片付けてくださっています。
いつもありがとうございます!m(__)m

33516557_1740596419341510_5106574260764147712_o.jpg

詳しい様子はFacebookアルバムで見ることが出来まするんるん

https://www.facebook.com/pg/asobi.ba.01/photos/?tab=album&album_id=1743270892407396

※写真をクリックすると、写真が拡大されコメントも見ることが出来ます。
2018/05/20(日)「お〜い みんなあそぼうよ!」 [2018年05月20日(Sun)]
2.jpg今日、スタッフが少ないので、なかなか倉庫から荷物が出ません。

そこで、「われらが!」とばかりに
常連の子が工具箱を運ぼうと
いろいろと考えてくれているようです(*^^*)

こんなに小さいのに、ありがとね揺れるハート
その気持ちがとても嬉しく、頼もしく感じます。

33043216_1734820876585731_1046744007469694976_o.jpg

いつもきれいな材木を持って来てくださる大工さん。

今日は、いろいろ修理をお願いしたので
いろんな工具類が見れて、興味津々の小2の棟梁はついて回っています(^^)/

33118851_1734861199915032_8522992806522781696_o.jpg

「見て!磁石になってる!」

33043197_1734868026581016_7381932000132726784_n.jpg

掲示板を修理してくださっている大工さん。
じっと見ている小2男子。

実際、憧れのインパクトドライバーも使わせてもらって、大満足exclamation

棟梁と呼ばれている男の子「僕が大きくなったら、お家タダで直してあげるからね!」と。

その言葉に、ビックリするやら、嬉しいやら、頼もしいやら(*^^*)

この春から社会人になり、ひとり暮らしを始めた彼。
「今日は顔見せに来た!」と午前中の仕事を終えて、来てくれました!

「どーしてるかな〜」と気にしていると思って、近況報告をしに顔を見せに来てくれて
ありがとー揺れるハート

仕事にも慣れたとのこと。
朝早く夜遅くまでの仕事で、疲れて日曜日はゆっくり寝るんだと言いながら
来てくれたことがとても嬉しいです!

また顔見せに来てね!
ずっとずっといつまででも応援してるからねー!

33057430_1734885763245909_6691346459171749888_n.jpg

今日は、朝から2人でイオンまで歩いてボールを買いに行ったり。

午後からは、キャッチャー防具をここにある物で作ったり。

左の彼は、この春中学で野球部に入り、とっても楽しそう揺れるハート

明日から初めての中間試験だそう。
この子も「ちょっと顔見せに行く」と来てくれたけど
他の予定もキャンセルして
ずーっと最後の最後まで遊んでましたーダッシュ(走り出すさま)

33130989_1734906506577168_8699840172289687552_n.jpg

将来設計(*^^*)

お父さんが地域医療に貢献されているお医者さん。
マコクリニック完成です!!

屋根の中には、自分で見つけた大きな四つ葉のクローバーが入っていますぴかぴか(新しい)
ここに来る患者さんには、幸せが訪れそう\(^o^)/

33076206_1734919256575893_7243741362959417344_n.jpg

虫好きな男の子と一緒にいると、いろんな虫に出会えます手(チョキ)

33038953_1734937276574091_2941296112285253632_n.jpg

目見えます?

地面に穴が開いていたので、掘ってみた社会人2年目の青年。
もう、セミが羽化するのでしょうか

33101392_1734944159906736_7471542391069999104_o.jpg

小さな命の営みを発見できるかも手(パー)

この日の詳しい様子はFacebookアルバムをご覧くださいるんるん

https://www.facebook.com/pg/asobi.ba.01/photos/?tab=album&album_id=1737287636339055

※写真をクリックすると、写真が拡大されコメントも見ることが出来まするんるん
2018/04/28(土)「お〜い みんなあそぼうよ!」(元まめっこ) [2018年04月28日(Sat)]
1.jpg平日出られるスタッフの確保が難しく
平日開いていた「まめっこ」を土曜日にしてみました。

土曜なので平日のやっていた「まめっこ」では来られない子たちも「またプレーパークするのー⁈」って、人伝に聞いて遊びに来ていました!

朝、倉庫から荷物を出していると(@_@;)

30168046_1712953755439110_7704933339517904574_o.jpg

「見つけると幸せが訪れる」
四つ葉のクローバーぴかぴか(新しい)
この後、6本もexclamation

31417074_1408981509248014_7502159250123128832_n.jpg

ぶっかけうどんの材料を幼稚園の子たちが、ぜーんぶ切ってくれました目
ありがとう揺れるハート

31430273_1712961368771682_5635183018773492291_n.jpg

時々、お味見(^^)
ちくわの中にきゅうりを入れては「おいちぃ(*^^*)」

今日、初めて靴をはいてお外で遊ぶんだそうです。

30420257_1712973555437130_7449050541241494628_o.jpg

親も子も、どんどんお外で遊んで丈夫にたくましくなあれ(*^^*)

ひたすら黙々と木を切っている小2の男の子。
手が痛くなっても、やめられない〜(*^^*)
夢中ですexclamation

30425411_1712983135436172_8000599161829949679_o.jpg

今日は「この前の西野さんの講演会を聞いて、初めて来ました!」と言われる方が多かったですexclamation

30420670_1712993575435128_23670284799310379_o.jpg

小さいうちから、どんどん外に出て遊びましょう(^^)/

ストライダー埋まっちゃってマス(^^)

30821130_1712997965434689_28416267339077666_o.jpg

女の子
「ここお家なの」
「ここでくつ脱いでー」

落ち葉かけに(^^)

30420838_1712999602101192_4583790634316063130_o.jpg

そばで見ている大人もいい笑顔るんるん

みんながしているのを見て目

30821806_1713020715432414_5217893935328876716_o.jpg

前回のプレーパークの魚とりが楽しすぎたexclamation(>_<)
今日も魚捕まえるぞexclamation×2

30856649_1714990641902088_1826255006888681904_o.jpg

魚探してたはずがいつのまにか網で紙のカップをキャッチする遊びにexclamation

「魚とらんのー?」「いい!これして遊ぶ!」

30171741_1714996821901470_3341128323681141418_o.jpg

最後にはその場にいた初めて会った子たちと協力してでっかいコイゲットexclamation×2

31494229_1714998678567951_3246210727022020971_n.jpg

「来月も魚採ろうなぁexclamation×2

詳しい様子はFacebookアルバムをご覧くださいるんるん

https://www.facebook.com/pg/asobi.ba.01/photos/?tab=album&album_id=1717214635013022

※写真をクリックすると、写真が拡大されコメントも見ることが出来ますぴかぴか(新しい)
天野秀昭さんより [2018年04月20日(Fri)]
当会、立ち上げ当初からお世話になっている天野秀昭さんですexclamation
みなさん、ぜひ読んでみてくださいexclamation×2

天野さん宇部に行かれる日は
5/12・6/9・7/7・9/8この前後に企画されると来てもらえるかもですよー。
岡山には6/17の全国フォーラムで来られますexclamation

19143090_100710223882462_8073713768504708370_o.jpg

新年度に入って、もう半月が過ぎようとしている。
年度締めである先月は、全国のいろいろなところに行った。
福島市、山形の東根市・鶴岡市、長野の東御市、北海道帯広市、茨城の市原市。
すべての場所に共通していることは、子どもが外で遊んでいないという事だ。
そう、これはもう全国どこに行っても共通の事となってしまっている。
子どもが外で遊ばない! 
現代は、前代未聞の時代に突入している。
子どもには、本来、自分で育つ力が備わっている。
その力の最大の発揮の場が「遊ぶ」という事だった。
興味の赴くままに、自分(自分たち)の世界をさまよい、築き、
時には痛い思いをし、そこからまた始まっていく。
それが自分(自分たち)の世界を創り出すことにつながっていった。
「外」は、屋内では受け止めきれない「育ちたい!」という
子ども(子どもたち)のエネルギーを受容し、
更に引き出していく格好の環境だった。
それが、危機的な状況にある。
子どもが外で遊ばない影響は、すでにいたるところに現れていると僕は感じている。
最大のものは、「生きている」という実感が持ちにくくなっていることだ。
大人は教育で命の大切さを教えようとするが、
「生きている」実感を教えることは決してできない。
それはその子自身が感じる以外ないからだ。
生きている実感が持てない子どもには、命の重さが分からない。
外遊びがなくなってきたことの背景はいろいろあるが、
最たるもののひとつは、大人による激しい干渉がある。
大人が決めた通りの時間の過ごし方をすることが放課後や休日にまで及び、
その子が自由自在に自分の世界を創ることがとても困難となっている。
常に大人から評価を受けている子どもは、大人による外付けの評価で自分を創り上げ、
自分の内から湧きだす確信を持てずにいる。
確信は、試行錯誤を伴う数多くの経験を積み上げることでしか持ちえないのに、
その機会が大人によって奪われてしまっているのだ。
子どものことを心配しない大人なんて、そうたくさんいるものではない。
その大人が良かれと思ってやっていること、
それがまさに子どもの息の根を止めんとすることになっている。
そんなことがとても多いと感じている。
それは、今の子どもの時代背景を知らないこと、
遊ぶことの本当の価値を知らないことから来ているとぼくは思っている。
ぼくがそれを伝えに行ったところでは、
必ずと言っていいほど大きな反響を得ることがその確信の根拠にある。
ぼくはそれを、もっともっともっとたくさんの人に知ってほしい。
知れば、間違いなく変るからだ。
今年、山口の宇部で、プレーパークーが誕生する。
瀬戸内海に面した穏やかな地域だ。そのための研修に、9月までの間に4回宇部に行く。
ついでに来てほしいというところがあったら声をかけてほしい。
出来る限り調整したいと思っている。
新刊のご案内 [2018年04月19日(Thu)]
3/3実施した講演会の講師
西野博之さんの新刊出来立てのほやほやですexclamation

30716677_125320788324203_596291271172219473_n.jpg

ぜひ、手に取って読んでみてくださいexclamation
https://bookwith.net/books/789127

西野さんのFBより引用
やっと手元に新刊が届いた。日本で初めてスクールソーシャルワーカーとして実践活動をした山下英三郎さんと僕との対談本ができあがった。
ともに30年近く前から子どもの居場所づくりに関わりながら、じっくりと話し合う機会がなかった二人が、思う存分語り合った。英三郎さんの生きざまに触発されながら、自分の生きてきた道を振り返った。今まで外で話したことがないような話まで、思わず語ってしまった。
できあがってみたら、二人の語りをつうじて、子どもの居場所づくりにとって大切なことのほとんどが、やさしい言葉づかいでこの本の中に盛り込まれたのではないかと思う。
いま子ども食堂など、何らかの形で居場所づくりに興味がある方は、ぜひ手に取って読んでみてほしい。
また、いま導入されつつあるスクールソーシャルワークが、子どもの声を聴き、その思いを受け止めて家庭と学校のあいだの環境調整にあたる役割を担えているか、その在りように一石を投じている。
一人でも多くの人に読んでいただけたら嬉しいです。
『居場所とスクールソーシャルワーク』 西野博之・山下英三郎著
(子どもの風出版会)
| 次へ