CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«蔵王冠雪ほか | Main | 「紅葉の深山に登ろう」»
検索
検索語句
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
最新コメント
福井美津江
鎮魂の鐘 / きょうの人 (11/12) 長岡 久馬
2018年の夜明け (01/06) 本田
2018年の夜明け (01/06) 長岡 久馬
2018年の夜明け (01/05) ムナカタ
2018年の夜明け (01/02)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
深山秋色深し [2018年11月12日(Mon)]
2018年11月11日(日) 〜 深山の紅葉 〜

 大震災から7年と8カ月の今日、深山は紅葉真っ盛り。少年の森周辺に始まって駒返しコース鹿落ち坂頂上たかうちコースの順で、なるべく多くの写真をご紹介。
 まずは少年の森とその北側縁辺から。
2018-11-11 (2)-2-.jpg

2018-11-11 (4)-2-.jpg

2018-11-11 (5)-2-.jpg

2018-11-11 (8)-2-.jpg

2018-11-11 (9)-2-.jpg

2018-11-11 (10)-2-.jpg

 去る8日、生まれて初めて刈払い機を使った場所がここ。刈払い機は当法人の伊藤貞悦副理事長から拝借したもの。両サイドのアズマネザサを刈払い、上方に覆いかぶさるクモの巣混じりのつる草を除去するのに、不慣れもあって、家内と二人で2時間半ほどかかった。降雪の度に行く手が塞がる場所。まずは先手を打っての予防作戦だった。
2018-11-11 (13)-2-.jpg

 例年最も紅葉が遅いが、大好きな撮影スポットの一つ。
2018-11-11 (14)-2-.jpg

 一服坂で休憩する家族連れ。
2018-11-11 (16)-2-.jpg

2018-11-11 (17)-2-.jpg

2018-11-11 (19)-2-.jpg

2018-11-11 (20)-2-.jpg

 駒返しの休憩所。今日はここから進路を北にとって、鹿落ち坂と呼ばれる急坂を登る。
2018-11-11 (21)-2-.jpg

2018-11-11 (22)-2-.jpg

 登りきったところが鳥越峠
2018-11-11 (24)-2-.jpg

 いつも静かにたたずむ深山頂上の蚕神
2018-11-11 (26)-2-.jpg

 角田市側の光景。蔵王は雲の陰。
2018-11-11 (27)-2-.jpg

2018-11-11 (28)-2-.jpg

 地元の山元町
2018-11-11 (31)-2-.jpg

さっきの家族連れも元気に到着。遠慮がちに鐘を鳴らす。
2018-11-11 (32)-2-.jpg

 新たな訪問者の記念撮影風景。先客の若者が鎮魂の鐘のスケッチに余念がない。嬉しいね。
2018-11-11 (33)-2-.jpg

2018-11-11 (30)-2-.jpg

 帰路。たかうちコースの紅葉。ここの最大の魅力は何といってもウリハダカエデの琥珀色の美しさ。
2018-11-11 (36)-2-.jpg

2018-11-11 (37)-2-.jpg

2018-11-11 (38)-2-.jpg

2018-11-11 (40)-2-.jpg

2018-11-11 (43)-2-.jpg

2018-11-11 (45)-2-.jpg

2018-11-11 (46)-2-.jpg

 水道タンク近く、亀石コースの入口には、鈴木さんちの柿の実がまだ残る。
2018-11-11 (49)-2-.jpg

 少年の森南側・ちごゆりの丘あずまやからの眺め。山下小学校と、同中学校が目と鼻の先。
2018-11-11 (51)-2-.jpg

 あずまやから階段を下る途中の紅葉もまたいい。少年の森広場に戻れば、遊具の改修作業が進行中か。
2018-11-11 (52)-2-.jpg

2018-11-11 (54)-2-.jpg

2018-11-11 (55)-2-.jpg

2018-11-11 (56)-2-.jpg



 
タグ:紅葉
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント