CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

GAP認証米を使った米焼酎「ねっか」 IWSCにてシルバーメダル受賞 飲んでみませんか(10月26日) [2019年10月11日(Fri)]
GAP総合研究所 所長の武田です。

GAP認証食材を使うビュッフェレストラン「グランイート銀座」では、お酒も50種類ほど用意されています。

その中の一つ、福島県只見町産の米焼酎「ねっか」をご紹介します。

豊穣の森、美しい田園風景、福島県只見町には日本の原風景とも言える世界が広がっています。
この町の酒米を作る農家が集まり、2016年に小さな蒸留所を作りました。

そして、自らの米を使い、吟醸香のする米焼酎を創り出しました。

日本酒の吟醸酒と同じ酵母や麹を使ったり、吟醸酒と同じ精米歩合60%まで酒米を削って醸したり、30度という低温での蒸留など、他の焼酎には無い工夫がされています。

そしてついに、英国で毎年開催され、世界で最も権威のあるコンテストのひとつでIWSC (インターナショナルワイン&スピリッツコンペティション)で、シルバーメダルを獲得。

今や、入手困難な人気の米焼酎となっています。

★ねっか 公式ホームページ

https://nekka.jp/


原料は、只見町産JGAP認証米100%であり、グランイート銀座ではオープン当時から「ねっか」を定番メニューとして採用しています。

都内でも数店舗でしか手に入らない希少な米焼酎で、東京・銀座で「ねっか」が飲めるのは、グランイート銀座だけなのです。

グランイート銀座で初めて「ねっか」を飲み、香り高くフルーティーな味わいに惚れ込んで、「ねっか」目当てで来店する方も増えています。

このファン急増中で希少な「ねっか」を満喫するイベントを企画しました。
ぜひ、この機会に「ねっか」の世界を体験してみてください。


■ねっかdeナイト2019 in グランイート銀座

〜今宵ねっかで飲み明かす〜

とき: 2019年10月26日(土)17:00〜21:00

ところ: グランイート銀座(東京都中央区銀座西2-2 銀座INZ2 2F)

参加費: 6,000円(税込)※食べ放題・飲み放題

定員: 70名様 ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

申込期限: 2019年10月24日(木)

詳細・パンフレット
https://asiagap.jp/graneat/nekka_de_night.pdf

参加申込
https://asiagap.jp/graneat/nekka_de_night.html

今回イベントでは蔵元(JGAP認証農家)も来場し、ねっかシリーズの中でも珍しい「ねごねっか」や、ロット番号ごとの飲み比べなど、普通は出来ない「ねっか」も体験できます。


受賞歴を見ただけでも、この酒、ただものじゃないですね。

IWSC2018 ・ 2017 年焼酎部門 二年連続シルバーメダル受賞
CINVE2019 焼酎部門最高賞受賞
HKIWSC2018 焼酎部門ゴールドメダル受賞

「ねっか」に興味ある方は、ぜひお越しください。



■■ 最新の GAP 研修日程 ■■

GAPの研修機関はいろいろありますが、研修機関によって、研修内容は異なります。

★GAP総合研究所の「GAP指導員 研修」は、ここが違う!

https://asiagap.jp/contens/content1.html

研修参加のお申し込みは、こちらまで

https://asiagap.jp/kenshu/kenshu_schedule.html

問い合わせ電話番号 029-893-4424



<<GAP総合研究所>>
日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供を行う公益団体です。
特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の方の希望に合わせ、広く対応しています。

農業者の方やJA、都道府県からGAPに関する様々なご相談を日々お受けしております。
その他の関連業種につきましても、会員を中心に対応しております。
お気軽にご連絡ください。

https://asiagap.jp/

------------------------------------------------------------------------------------------
認定NPO法人 GAP総合研究所
info@asiagap.jp / https://asiagap.jp
●つくば事務所&研修センター
●東京リエゾンオフィス(グランイート銀座内)
●台湾事務所
●香港事務所

------------------------------------------------------------------------------------------
GAP総合研究所のメールマガジン(無料)を読んでみよう!

>>GAP総合研究所の研修スケジュールはこちら

------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by GAP総合研究所 at 10:20 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
コストコの会員誌で、GAPが取り上げられています 〜消費者の評価は?〜 [2019年09月25日(Wed)]
GAP総合研究所 所長の武田です。

コストコは世界第二位の小売業で、日本でも近年、とても人気がありますね。

行ったことない方には想像がつきにくいかもしれませんが、倉庫のような店です。
商品は全てパレットに載っていて、お客さんは大きなカートに商品を入れていきます。

<参考>
コストコ倉庫店内ビデオツアー

https://www.costco.co.jp/AboutCostco


コストコは調達基準にGAP認証を使っている小売業で、コストコ社員の講演によれば、農産売場の85%が既にGAP認証ということでした。

輸入品は、ほぼ100%
国産も50%以上、このような説明でした。

コストコは、GAPについて消費者ともコミュニケーションを始めています。
会員誌8月号「特集 Ethical Shopping」で、GAPを説明したページが出てきます。

https://www.costco.co.jp/CostcoConnection

コストコの会員数は500万人を超えているそうなので、全員が読んでいるとは思いませんが、多くの消費者がGAPを知り、またコストコの姿勢・アクションを知ることなると思います。

農林水産省の2018年の調査によれば、消費者の56%が「バイヤー企業が、GAPを取引基準などに使う」ことをポジティブに評価しています。

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1176372599464452099

きっと、コストコがGAPを推進することで、コストコのファンが増えるという構図になるのでしょう。

小売業や外食業は、消費者との接点を持っているので、消費者向けGAP普及の重要なプレーヤーですね。



■■ GAP総研のGAP指導サービス 「一番早い審査認証機関を探す」 ■■

GAP総合研究所は、日本最大級のGAP指導機関です。
40人のベテランGAP指導員が所属し、年間400農家の認証取得を支援しています。

JGAP / ASIAGAP / GLOBALGAPに加え、都道府県GAPの支援をすることもあります。

最近は、審査機関が混んでいて、なかなか審査が受けられず、認証まで待たされることも多いですが、GAP総研の指導サービスは「一番早い審査認証機関を探す」ところもサポートしています。

ご興味ある方は、以下ホームページをご覧ください。

https://asiagap.jp/contens/content1.html#gap-shido

担当:GAP指導受付 029-893-4424 / info@asiagap.jp



■■ 最新の GAP 研修日程 ■■

GAPの研修機関はいろいろありますが、研修機関によって、研修内容は異なります。

★GAP総合研究所の「GAP指導員 研修」は、ここが違う!

https://asiagap.jp/contens/content1.html

研修参加のお申し込みは、こちらまで

https://asiagap.jp/kenshu/kenshu_schedule.html

問い合わせ電話番号 029-893-4424


<<GAP総合研究所>>
日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供を行う公益団体です。
特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の方の希望に合わせ、広く対応しています。

農業者の方やJA、都道府県からGAPに関する様々なご相談を日々お受けしております。
その他の関連業種につきましても、会員を中心に対応しております。
お気軽にご連絡ください。

https://asiagap.jp/

------------------------------------------------------------------------------------------
認定NPO法人 GAP総合研究所
info@asiagap.jp / https://asiagap.jp
●つくば事務所&研修センター
●東京リエゾンオフィス(グランイート銀座内)
●台湾事務所
●香港事務所

------------------------------------------------------------------------------------------
GAP総合研究所のメールマガジン(無料)を読んでみよう!

>>GAP総合研究所の研修スケジュールはこちら

------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by GAP総合研究所 at 09:30 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
オリンピックで福島県産の農産物は使われるか [2019年09月18日(Wed)]
GAP総合研究所 所長の武田です。

<< オリンピックで福島県産の農産物は使われるか? >>

この問いを気にしている方は多いようですね。

答えは「 YES ! 」です。

使われますよ。

理由は以下の通り。

我々を悩ませた放射能の問題について、最新の状況を整理していきましょう。


★日本の食品の放射性物質の基準値は世界トップクラスに厳しい

食品衛生法で定められた基準は「100 Bq/kg」
これは、例えば国連CODEX基準の1/10です。


★この基準で厳しく検査されている日本産/福島県産農産物

福島県だけでなく、他県も同じ基準で検査されています。
そして、福島県産の検査結果は以下の通り。

平成30年度
検査件数 492品目、16,708サンプル

基準違反の件数 6サンプル(全体の0.04%)、違反事例はイワナ・ヤマメと野生タラノメのみ

福島県産の野菜・果物の検査結果の推移は次の通り。

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1173970701516099585

この6年間、ずっと基準超過ゼロです。
もう大丈夫です。


★オリパラ食材調達基準のJGAP/ASIAGAPには、放射性物質に関する管理点がある

JGAP2016 青果物 管理点8.2.1
ASIAGAP ver2.2 青果物 管理点8.2.1 (GFSI承認規格)

どちらも必須項目ですから、第三者による審査を受け、100%適合でないと認証が取れません。
GAP認証農産物なら、「さらに安心」です。


★選手村を担当するケータリング会社も「福島県産を使う」と言っている

武田がケータリング会社の幹部に直接お聞きしたところ、福島県産であっても特に区別なく使うとのことでした。


最新の消費者庁の調査によれば、放射性物質を理由に福島県産食品の購入をためらう消費者の割合は12.5%です。

正しい情報を分かりやすく伝え、この12.5%の消費者の不安を無くす。
そのための活動を、農業界・流通業界・行政が協力して行うべきです。

オリンピックで福島県産農産物が使われることで、この12.5%の消費者の中に、考えを変える人たちが出てくることを期待します。


■■ グランイート銀座 最新情報 ■■

★テレビ東京・ワールドビジネスサテライト 「福島フェア@グランイート銀座とGAP」

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1173803007923777536

★オリンピアン@福島フェア
元サッカー日本代表 前園選手
元ソフトボール日本代表 松岡選手(銀メダリスト) 増淵選手(銀メダリスト)
現役セーリング日本代表 吉岡選手と中村ヘッドコーチ

https://lineblog.me/maezonomasakiyo/archives/1062446560.html

★福島フェア@グランイート銀座(9月23日まで) 料理と店内の写真 福島は食材の宝庫だ!
オリンピックに出せるGAP食材が25農場以上から集まる

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1173778958212464641
https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1173780295666913282
https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1173779236928098304


■■ 最新の GAP 研修日程 ■■

GAPの研修機関はいろいろありますが、研修機関によって、研修内容は異なります。

★GAP総合研究所の「GAP指導員 研修」は、ここが違う!

https://asiagap.jp/contens/content1.html

研修参加のお申し込みは、こちらまで

https://asiagap.jp/kenshu/kenshu_schedule.html

問い合わせ電話番号 029-893-4424



<<GAP総合研究所>>
日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供を行う公益団体です。
特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の方の希望に合わせ、広く対応しています。

農業者の方やJA、都道府県からGAPに関する様々なご相談を日々お受けしております。
その他の関連業種につきましても、会員を中心に対応しております。
お気軽にご連絡ください。

https://asiagap.jp/


------------------------------------------------------------------------------------------
認定NPO法人 GAP総合研究所
info@asiagap.jp / https://asiagap.jp
●つくば事務所&研修センター
●東京リエゾンオフィス(グランイート銀座内)
●台湾事務所
●香港事務所

------------------------------------------------------------------------------------------
GAP総合研究所のメールマガジン(無料)を読んでみよう!

>>GAP総合研究所の研修スケジュールはこちら

------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by GAP総合研究所 at 09:30 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ふくしま。GAPチャレンジフェア@グランイート銀座(9月17日から23日) [2019年09月13日(Fri)]
GAP総合研究所 所長の武田です。

2020年オリパラに向け、47都道府県のうち、もっともGAP普及に熱心だったのはどこか?

福島県は確実にその一つでしょう。

★「ふくしま。GAPチャレンジ宣言」(内堀知事 小泉環境大臣(現在)他)

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/36021d/170515gap.html


来週のグランイート銀座では、今が旬の福島県産のGAP食材を集め、素材の味を生かしたビュッフェをご提供します。

せっかくオリンピックに出せる福島県食材がたくさん集まるので、過去の選手村のメニューを再現した料理も提供します。

詳しくはコチラ

https://asiagap.jp/


■ふくしま。GAPチャレンジフェア

主催::福島県農林水産部 環境保全農業課

期間:9月17日から23日

場所:グランイート銀座(東京都中央区銀座西2−2 銀座インズ2)


フェアでは、下記のメニューが出されます。

すごい数のGAP認証農家・GAP認証JAが集まりました。
さすが、GAP日本一を目指す福島県ですね。


・あぐり勝方の白飯

・ガンバ農園/感謝農園平井のアスパラの天ぷら

・みさき未来のカボチャの天ぷら/ジャガイモ ローズマリー風味/ナスのプッタネスカ

・JA会津よつばのキュウリ/チェリートマト

・浜の野菜 小松菜のアメリケーヌ

・さんさいファームのインゲン

・ひばり菜園のサンチュ サムギョプサルに添えて

・安達東高校の玉ねぎのロースト

・JA福島さくらのトマトの鉄板焼き

・吉野家ファーム福島のねぎ タリアテッレ スターアニス風味

・磐栄アグリカルチャーのフリルレタス

・グリーンファームのベビーリーフ

・S.G グリーンファームのほうれんそう

・農業倶楽部 農家のすずきさんちのリーフレタス

・きのこ屋のきくらげ ポルチーニクリーム

・M&A ふぁーむ・わたなべ 焼きシイタケのマリネ

・アジプロファームのさるなし

・渡辺果樹園の梨

・まるせい果樹園のブドウ /もも ミニパフェ/リンゴとゴルゴンゾーラのオーブン焼き

・会津農林高校の小菊かぼちゃのジェラート

・木野内ファームのローストポーク/サムギョプサル

・福島県漁業協同組合連合会のひらめ(MEL認証) お刺身ポン酢ジュレ


オリパラが行われる8月と9月は、福島県産農産物が旬です。
魅力的な食材の数々を、お楽しみください。

予約はこちらから

https://www.gran-eat.jp/



■■ 最新の GAP 研修日程 ■■

GAPの研修機関はいろいろありますが、研修機関によって、研修内容は異なります。

★GAP総合研究所の「JGAP指導員 研修」は、ここが違う!

https://asiagap.jp/contens/content1.html

研修参加のお申し込みは、こちらまで

https://asiagap.jp/kenshu/kenshu_schedule.html

問い合わせ電話番号 029-893-4424


<<GAP総合研究所>>
日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供を行う公益団体です。
特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の方の希望に合わせ、広く対応しています。

農業者の方やJA、都道府県からGAPに関する様々なご相談を日々お受けしております。
その他の関連業種につきましても、会員を中心に対応しております。
お気軽にご連絡ください。

https://asiagap.jp/

------------------------------------------------------------------------------------------
認定NPO法人 GAP総合研究所
info@asiagap.jp / https://asiagap.jp
●つくば事務所&研修センター
●東京リエゾンオフィス(グランイート銀座内)
●台湾事務所
●香港事務所

------------------------------------------------------------------------------------------
GAP総合研究所のメールマガジン(無料)を読んでみよう!

>>GAP総合研究所の研修スケジュールはこちら

------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by GAP総合研究所 at 09:30 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
くまもとGAP農産物フェアin豊洲市場 / 都道府県のアンテナショップでGAPのPR [2019年09月10日(Tue)]
GAP総合研究所 所長の武田です。

GAP普及はすべての都道府県がやっています。
いくつか紹介です。


★くまもとGAP農産物フェアin豊洲市場

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1167473073072664576

8月30日の朝6時から、豊洲市場内で開催されました。

GAP農産物の試食会も行われ、荷受会社と仲卸の方を中心に100人ぐらいは集まっていたでしょうか。
くまもんも応援に駆けつけてました。

話をそばで聞いていると、仲卸の方々も、GAPについては基本用語として使いこなすようになっていましたね。
「このレンコンは、何GAPなの?」なんて会話が飛んでいました。

今後、他の県も同じような取り組みを豊洲市場でやっていくそうです。

豊洲市場でGAP農産物が日常的に取引される日も近いでしょう。


★都道府県のアンテナショップでGAPのPR

http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/gap/attach/pdf/index-4.pdf

昨年から始まっていますが、都道府県のアンテナショップでGAPのPRイベントが開かれています。

今年は参加する都道府県も増え、ますます面白くなってきました。
アンテナショップめぐりをしつつ、GAP農産物を楽しんでもらえたらいいですね。


★展示会 ご紹介 アグリビジネスジャパン2019

武田も2つのカンファレンスで登壇する予定の展示会です。
給食や加工・業務向けにフォーカスして、農業関係者とのマッチングを目指している展示会です。

ぜひ、ご来場ください。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

      46,000名来場の『フード業界専門展』へマーケットイン
       _______________________
        アグリ・ビジネス・ジャパン(ABJ)2019
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     会 期: 2019年9月11日(水)〜13日(金) 
     会 場: 東京ビッグサイト 青海展示棟
          (※4月オープンの新会場です。最寄駅にご注意ください)
     主 催: アグリ・ビジネス・ジャパン実行委員会
          http://www.agri-business.jp/
               <同時開催展>
   フードシステムソリューション(F-SYS)、フードセーフティジャパン(FSJ)
     フードファクトリー(FF)、フードディストリビューション(FD)
         フードeコマース(Fe)、SOUZAI JAPAN、他
             http://www.f-sys.info/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



■■ 最新の GAP 研修日程 ■■

GAPの研修機関はいろいろありますが、研修機関によって、研修内容は異なります。

★GAP総合研究所の「JGAP指導員 研修」は、ここが違う!

https://asiagap.jp/contens/content1.html

研修参加のお申し込みは、こちらまで

https://asiagap.jp/kenshu/kenshu_schedule.html

問い合わせ電話番号 029-893-4424


<<GAP総合研究所>>
日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供を行う公益団体です。
特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の方の希望に合わせ、広く対応しています。

農業者の方やJA、都道府県からGAPに関する様々なご相談を日々お受けしております。
その他の関連業種につきましても、会員を中心に対応しております。
お気軽にご連絡ください。

https://asiagap.jp/

------------------------------------------------------------------------------------------
認定NPO法人 GAP総合研究所
info@asiagap.jp / https://asiagap.jp
●つくば事務所&研修センター
●東京リエゾンオフィス(グランイート銀座内)
●台湾事務所
●香港事務所

------------------------------------------------------------------------------------------
GAP総合研究所のメールマガジン(無料)を読んでみよう!

>>GAP総合研究所の研修スケジュールはこちら

------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by GAP総合研究所 at 12:40 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
東京2020 日本の「食」を選手村アスリートへ あなたのメニュー募集キャンペーン(組織委員会 企画) [2019年09月04日(Wed)]
GAP総合研究所 所長の武田です。

おもしろ企画ご紹介します。

■東京2020みんなのフードプロジェクト 日本の「食」を選手村アスリートへとどけよう!あなたのメニュー募集キャンペーン

主催
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

世界のアスリートに知ってほしい、堪能・楽しんでほしい、日本の食文化や食卓の味などを広く一般の方々から募集する参加型のプロジェクトです。

メニューそのものだけではなく、メニューにまつわるエピソードや調理のポイントなども含めて募集し、総合的に選定されます。

採用されたメニューはカジュアルダイニングにおいて実際に世界各国のアスリートにふるまわれるほか、考案者にはアスリートを交えた試食会への参加など、すてきな特典が検討されています。

詳しくは、下記のサイトをご覧ください。

https://tokyo2020.org/jp/news/notice/20190808-02.html


募集開始&発表イベントでは、GAP総合研究所の副理事長である池田信太郎(オリンピアン)も登壇致しました。

選手村カジュアルダイニングもGAP食材を使うことになりますから、皆さんが考案したメニューが、GAP食材を使って世界中のアスリートにふるまわれるかもしれませんね。

興味ある方は、ぜひ参加してみてください。


■■ GAP いろいろメディアに取り上げられています ■■

★アーバンライフメトロ(東京メトロ 地下鉄の雑誌)

気分はもうオリンピック? 銀座に「選手村」メニュー再現したビュッフェダイニング、話題の「GAP認証」食材が食べられます(2019年8月2日)

https://urbanlife.tokyo/post/17006/


■■ 最新の GAP 研修日程 ■■

GAPの研修機関はいろいろありますが、研修機関によって、研修内容は異なります。

★GAP総合研究所の「JGAP指導員 研修」は、ここが違う!

https://asiagap.jp/contens/content1.html

研修参加のお申し込みは、こちらまで

https://asiagap.jp/kenshu/kenshu_schedule.html

問い合わせ電話番号 029-893-4424

------------------------------------------------------------------------------------------
<<GAP総合研究所>>
日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供を行う公益団体です。
特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の方の希望に合わせ、広く対応しています。

農業者の方やJA、都道府県からGAPに関する様々なご相談を日々お受けしております。
その他の関連業種につきましても、会員を中心に対応しております。
お気軽にご連絡ください。

https://asiagap.jp/

------------------------------------------------------------------------------------------
認定NPO法人 GAP総合研究所
info@asiagap.jp / https://asiagap.jp
●つくば事務所&研修センター
●東京リエゾンオフィス(グランイート銀座内)
●台湾事務所
●香港事務所

------------------------------------------------------------------------------------------
GAP総合研究所のメールマガジン(無料)を読んでみよう!

>>GAP総合研究所の研修スケジュールはこちら

------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by GAP総合研究所 at 14:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
入手困難だったGAPの牛乳・乳製品とパンの話 [2019年08月27日(Tue)]
GAP総合研究所 所長の武田です。

グランイート銀座で今週行われている北海道産のGAP食材を集めたビュッフェ「食王国・北海道フェア」ですが、NHKで報道されたので共有します。

■NHK「東京で五輪関係者に北海道産食材PR」

https://www.nhk.or.jp/sapporo-news/20190826/7000013051.html

★北海道フェア@グランイート銀座 写真 GAPのチーズとか

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1166021855439798273

★北海道フェア@グランイート銀座 写真 GAPのジェラートとか

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1166022544341622784

主催:北海道庁
場所:グランイート銀座(東京都中央区銀座西2−2 銀座インズ2 2階)
期間:2019年8月26日から9月1日
詳しくは、コチラ

http://blog.canpan.info/asiagap/archive/71


グランイート銀座は、消費者にGAPを知ってもらうべく、オリンピックの調達基準で食材を集めてビュッフェをやってみようということで、始まったプロジェクトです。

知る人ぞ知る話ですが、プロジェクトが始まった頃、店名は「オリパラ食堂」と企画書に書いてありました。
なかなか良い名前だったのですが、オリンピックのブランド規定との関係で、この店名はボツになりました、、。


グランイート銀座で使う農産物はGAP認証ということになりますが、実際のGAP農産物の使用率は9割程度というのが実態です。

残りの1割は何か?
それは、主に牛乳・乳製品とパンです。

GAPの牧場や小麦はあるのですが、流通・加工の途中で他農場のものが混じってしまうために、GAPに限定して入手するのが難しかったというのが理由です。


今回の北海道フェアで、北海道庁からの食材紹介があり、牛乳とパンが供給されましたので、グランイート銀座のGAP食材率は95%までいきました。

(残りの5%は、加工品で調達せざるを得ないものや、ハーブ・スパイスなど)

オリンピックまで1年を切っています。
選手村は、入手困難なGAPの牛乳・乳製品とパンをどうするのか、心配ですね。



★北海道内のGAP研修

晩秋から、JA関係で道内5か所でGAPの研修が行われるようです。
お近くのJAにお問い合わせください。

その他、GAP総研主催の以下の研修もご活用ください。

◆JGAP指導員 基礎研修◆
「家畜・畜産」【JGAP2017対応】
(北海道 開催 2019年10月26-27日)会場:しべちゃ農協

「青果物・穀物」【JGAP2016対応】
(北海道 開催 2020年1月21-22日)会場:札幌 かでる2.7

参加申込は下記を参照ください。


■■ 最新の GAP 研修日程 ■■

GAPの研修機関はいろいろありますが、研修機関によって、研修内容は異なります。

★GAP総合研究所の「JGAP指導員 研修」は、ここが違う!

https://asiagap.jp/contens/content1.html

研修参加のお申し込みは、こちらまで

https://asiagap.jp/kenshu/kenshu_schedule.html

問い合わせ電話番号 029-893-4424

------------------------------------------------------------------------------------------
<<GAP総合研究所>>
日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供を行う公益団体です。
特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の方の希望に合わせ、広く対応しています。

農業者の方やJA、都道府県からGAPに関する様々なご相談を日々お受けしております。
その他の関連業種につきましても、会員を中心に対応しております。
お気軽にご連絡ください。

https://asiagap.jp/

------------------------------------------------------------------------------------------
認定NPO法人 GAP総合研究所
info@asiagap.jp / https://asiagap.jp
●つくば事務所&研修センター
●東京リエゾンオフィス(グランイート銀座内)
●台湾事務所
●香港事務所
------------------------------------------------------------------------------------------
GAP総合研究所のメールマガジン(無料)を読んでみよう!

>>GAP総合研究所の研修スケジュールはこちら

------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by GAP総合研究所 at 16:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
GAP認証農産物 食王国・北海道フェア@グランイート銀座(8月26日から9月1日) [2019年08月26日(Mon)]
GAP総合研究所 所長の武田です。

真夏のオリンピック・パラリンピックへ、国産の食材をしっかり供給するにあたり、欠かせないのは北海道でしょう。

日本最大の農業王国・北海道のGAP農産物がグランイート銀座に集まります。


■『食王国・北海道フェア』〜 2020東京オリ・パラに向けた道産食材PRイベント〜

主催:北海道庁

場所:グランイート銀座(東京都中央区銀座西2−2 銀座インズ2 2階)

期間:2019年8月26日から9月1日

詳しいフェアの概要はコチラ

https://asiagap.jp/agri_news/190823gran.pdf

フェア・デザインバナー

https://asiagap.jp/


さすが北海道。
GAP認証農場が山ほどあります。

下記のようなメニューが食べられます。

★JAとうや湖のジャガイモ とうやを使ったシュークルート

★明治39年創業 若山農場の大正メークインの天ぷら

★丸富青果の玉ねぎの丸ごとロースト

★士幌高校 カラフルニンジンのラペ

★北海道グリーンパートナーの大根ステーキ

★中捨農場のスイートコーンのオーブン焼き

★矢作農場のカボチャのソテー

★Ambitious farmのブロッコリーサラダ

★中山農園のメロンのジェラート

★堀井農場のパプリカのマリネ

★アプレ農園のホワイトセロリのサラダ

★山川ワサビのホースラディッシュ ローストビーフに沿えて

★トースト 士幌高校・シホロンのゆめ

★折笠農場の黒千石きなこのジェラート

★前田農産食品のポップコーン

★若松ポークマンのローストポーク

★藤井牧場のミルクを使ったジェラート各種

★藤井牧場のゴンダチーズ 切りたてチーズ

★JAあさひかわ・ななつぼしの白米/炊き込みご飯

★ローストサーモンのパッションフルーツソース リオ大会の選手村のメニューとして

★北海道ホタテの鉄板焼き

★フォーレ白老のしいたけアヒージョ

★十勝マッシュ(マッシュルーム)使った長芋のラグー 

★トップファームのローストビーフ

注:ランチとディナーでメニューが異なります。


腹いっぱい、北海道のGAP食材をご賞味ください!


オリンピックでも求められる持続可能な漁業の認証MSC/MELのホタテやサーモンも北海道から届きます。



■■ 最新の GAP 研修日程 ■■

GAPの研修機関はいろいろありますが、研修機関によって、研修内容は異なります。

★GAP総合研究所の「JGAP指導員 研修」は、ここが違う!

https://asiagap.jp/contens/content1.html

研修参加のお申し込みは、こちらまで

https://asiagap.jp/kenshu/kenshu_schedule.html

問い合わせ電話番号 029-893-4424

------------------------------------------------------------------------------------------
<<GAP総合研究所>>
日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供を行う公益団体です。
特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の方の希望に合わせ、広く対応しています。

農業者の方やJA、都道府県からGAPに関する様々なご相談を日々お受けしております。
その他の関連業種につきましても、会員を中心に対応しております。
お気軽にご連絡ください。

https://asiagap.jp/

------------------------------------------------------------------------------------------
認定NPO法人 GAP総合研究所
info@asiagap.jp / https://asiagap.jp
●つくば事務所&研修センター
●東京リエゾンオフィス(グランイート銀座内)
●台湾事務所
●香港事務所

------------------------------------------------------------------------------------------
GAP総合研究所のメールマガジン(無料)を読んでみよう!

>>GAP総合研究所の研修スケジュールはこちら

------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by GAP総合研究所 at 11:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
農業高校等のGAP食材を活用したおもてなしコンテスト(内閣官房オリパラ事務局 企画)ご案内 [2019年08月21日(Wed)]
GAP総合研究所 所長の武田です。

一生に一度のオリンピックかもしれません。
思い出に残る楽しいこと、何かしたいですね。

内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局が面白いコンテストを企画して、募集を開始していますので、関係者の皆様にご案内します。

■農業高校等のGAP食材を活用したおもてなしコンテスト

全国の農業科のある高等学校や農業大学校(以下「農業高校等」)とホストタウン自治体等が連携したプロジェクトチームに、全国の農業高校等で生産している「GAP食材」を使い、ホストタウンの相手国・地域の選手等の皆様をおもてなしする企画に取り組んでいただき、その取組を表彰いたします。

選考を通過した取組は、すべてWEBサイト上で公開され、国民投票によってランキング順位が決定します。

★主催
内閣官房オリンピック・パラリンピック推進本部事務局

★選考委員会
料理、スポーツ等の有識者5名程度

★事務局
GAP食材を使ったおもてなしコンテスト事務局(株式会社ジャパンデザイン内)

★スケジュール 概略
9月10日 エントリー提出期限
9月17日 第一次選考結果通知(メールにて)
12月16日頃 サイトOPEN/応援投票開始
1月22日頃 ランキング発表
1月下旬から2月上旬 審査委員会
2月上旬 受賞者通知
3月7日or8日 表彰式

★応募方法・エントリー方法・詳しい募集要領が欲しい方は、下記にご連絡ください。

事務局(株式会社ジャパンデザイン内)担当:今村・近藤
MAIL: hosttown-gap@jpdesign.jp


全国の農業高校、農業大学校、自治体の関係者、奮ってご参加ください!


■■ グランイート銀座に、新しいGAP認証農場 続々と登場! ■■

★三重 鈴鹿山麓夢工房 しいたけのポシェ スターアニスの香り@グランイート銀座
https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1163741505837649921

★いばらき農流研 箕輪農場の長芋と十勝マッシュのラグー@グランイート銀座
https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1163747204277784577

★千葉 和郷 平塚農園 大玉トマトのグリル@グランイート銀座
https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1163741301277249536

GAP認証食材を食べに来てください。
グランイート銀座のご予約は、こちらから。

https://www.gran-eat.jp/


■■ 最新の GAP 研修日程 ■■

GAPの研修機関はいろいろありますが、研修機関によって、研修内容は異なります。

★GAP総合研究所の「JGAP指導員 研修」は、ここが違う!

https://asiagap.jp/contens/content1.html

研修参加のお申し込みは、こちらまで

https://asiagap.jp/kenshu/kenshu_schedule.html

問い合わせ電話番号 029-893-4424

------------------------------------------------------------------------------------------

<<GAP総合研究所>>
日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供を行う公益団体です。
特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の方の希望に合わせ、広く対応しています。

農業者の方やJA、都道府県からGAPに関する様々なご相談を日々お受けしております。
その他の関連業種につきましても、会員を中心に対応しております。
お気軽にご連絡ください。

https://asiagap.jp/

------------------------------------------------------------------------------------------
認定NPO法人 GAP総合研究所
info@asiagap.jp / https://asiagap.jp
●つくば事務所&研修センター
●台湾事務所
●香港事務所
------------------------------------------------------------------------------------------
GAP総合研究所のメールマガジン(無料)を読んでみよう!

>>GAP総合研究所の研修スケジュールはこちら

------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by GAP総合研究所 at 10:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
永田町・霞が関のサラメシ(NHK)に、グランイート銀座が出ました [2019年08月08日(Thu)]
GAP総合研究所 所長の武田です。

GAP総研が行う消費者向けGAP普及の最前線施設「グランイート銀座」が、NHKのWEB版「永田町・霞が関のサラメシ」に出ました。

■五輪まで1年 選手村ランチ

https://www.nhk.or.jp/politics/salameshi/


内閣官房 東京オリ・パラ推進本部の皆さんにご利用頂きました。

NHKのサラメシは、好きな番組ですので、嬉しいですね。

連日、たくさんの一般の消費者にGAPを知って頂いています。
なんとかオリパラまでに認知度10%以上にはしたいですね。

グランイート銀座のメニューは毎日かわるので、使うGAP認証食材も日々異なりますが、最近では下記のGAP認証農場が登場しました。


★香川県 GAP認証 大平やさい 新玉ねぎ

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1149072961145462784


★北海道 GAP認証 鎌田商事 十勝マッシュ

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1149072210222391296


★山口県 GAP認証 農事組合法人YONESATA ボンジョルノトマト

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1149070901364707328


これからも新しいGAP認証農場に、どんどん参加してもらいます!



明日は、この灼熱の中、JGAP/ASIAGAP指導員の現地研修です。

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1149066104330784769

GAP総研の現地研修は、最初から最後まで6時間以上、農場内で研修です。

私が講師をやりますが、受講生の方も含め、熱中症にならないように気を付けます。


■■ 最新の GAP 研修日程 ■■

GAPの研修機関はいろいろありますが、研修機関によって、研修内容は異なります。

★GAP総合研究所の「JGAP指導員 研修」は、ここが違う!

https://asiagap.jp/contens/content1.html

研修参加のお申し込みは、こちらまで

https://asiagap.jp/kenshu/kenshu_schedule.html

問い合わせ電話番号 029-893-4424

==================================


<<GAP総合研究所>>
日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供を行う公益団体です。
特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の方の希望に合わせ、広く対応しています。

農業者の方やJA、都道府県からGAPに関する様々なご相談を日々お受けしております。
その他の関連業種につきましても、会員を中心に対応しております。
お気軽にご連絡ください。

https://asiagap.jp/

------------------------------------------------------------------------------------------
認定NPO法人 GAP総合研究所
info@asiagap.jp / https://asiagap.jp
●つくば事務所&研修センター
●台湾事務所
●香港事務所
------------------------------------------------------------------------------------------
GAP総合研究所のメールマガジン(無料)を読んでみよう!

>>GAP総合研究所の研修スケジュールはこちら

------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by GAP総合研究所 at 15:30 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

GAP総合研究所さんの画像
http://blog.canpan.info/asiagap/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/asiagap/index2_0.xml