CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« おいしい給食 | Main | お知らせ»
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
PTAブログ「あしけぶいちばん」

PTAブログ「あしけぶ一番」

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ボランチ
田起こし (02/12) 元生徒会長
生徒会役員認証式 (10/31) M 父
おはようございます (05/29) 伝説のキャプテン
給食〜 (04/16) ろんのとうちゃん
校長室 (04/04) N
入試二日目 (03/14) 阿久根市立大川小学校
ラウンジャー (02/27) ボランチ
奄美新聞 (12/03) 下水流関係者
地域が育む「かごしまの教育」県民週間 (11/02) 下水流関係者 
バナナ (10/31)
2月23日 福祉作文コンクール表彰式 [2019年02月27日(Wed)]

奄美市社会福祉協議会にて表彰式が行われました。本校からは最優秀賞2名,優秀賞1名,佳作1名選ばれました。
A7487754-2676-455B-A1AF-38DD2A8AA0AA.jpeg
応募は400点を超えていた中での受賞でした。受賞した皆さん,おめでとうございます!
New year's card [2011年12月21日(Wed)]

6年生が外国語活動の時間に作った
New year's cardです。



来年の干支も入っていますね。

2012年カレンダー [2011年11月29日(Tue)]

玄関ホールの壁面に2012年のカレンダーが
ぶら下げられました。
暦の上の方は,今年学校行事などを撮影した写真が
たくさん並べられています。


中学生が技術の時間に
パソコンで作成した作品です。
ちゃんと12月まであります。
生徒の作文が新聞に掲載されました [2011年04月26日(Tue)]

中2年M君の作文が4月24日付
南日本新聞「若い目」欄に掲載されました。
全文をご紹介します。



2年生になって

芦花部中2年 M               


中2になりましたが,未だに実感がありませ
ん。この文章を書いているこのしゅん間も,
小学校6年生のような気持ちで書いています。
周囲から精神年齢が実際の年齢よりも低いと
言われながらも,何も考えずに今まで生きて
きました。                     
 だから,今年の目標は中2らしい行動を取
るです。これを実行するために静と動の区別
をつけ,自分は中2なんだという気持ちを持っ
て,この1年間を過ごしていこうと思っていま
す。                          
 そして,もう一つ付けるなら,短気なところを
直すこともあります。マハトマ・ガンジーの格
言に「固く握りしめた拳とは手をつなげない」
というのがあります。これはユーモアをふくん
だ世界平和の呼びかけだと思います。   
 僕はそういう大人をカッコイイとおもいます。
だからガンジーさんのようなすごい大人にな
るためには,まず短気を直さなければいけな
いと思いました。                
竹馬にのれたよ! [2010年10月13日(Wed)]

鹿児島県児童生徒図画作品展入選作品です。

リボン

小学4年 Nさんの作品です。


「竹馬にのれたよ」

リボン
復活,私 [2010年10月04日(Mon)]

本校生徒の作文が
10月4日付け南日本新聞 若い目 の欄に
掲載されました。本ブログでも紹介いたします。


 復活,私 

    芦花部中   3年  山口 百音

 私は夏におそらく最後になるであろう
舟こぎ大会に出た。舟こぎとは言っても、
こぐ方ではなく笛吹きで出場した。小学
校3年生から船に乗せてもらい、小学校
6年生の時にはスポーツ少年団でこぐ方
として出場したこともあった。      

 だが、なぜ笛吹きに戻ったのか。それ
には理由がある。一つは,舟こぎは地域
一体となって取り組んでいるが,笛吹きに
適切な人材がいなかったため。もう一つは,
ひざの故障。今年1月に膝に痛みが出て,
走れなくなった。成長痛かと思っていたが,
半月板損傷というものだった。このけがで
たくさんのことに影響が生じ,続けてきた
部活も満足にできなかった。       

 それでもみんなと一緒に何かをやり遂
げたいと思い,少しずつではあったが回
復に向けて頑張った。そして,部活も舟
こぎもなんとか復帰できた。だが,復帰で
きたのには,部活の先生や仲間,家族,
地域の方々が支えてくれたからだと思っ
た。今,私はみんなとやり遂げようと全力
で燃えている。               




がんばれ卓球部3速報! [2010年06月17日(Thu)]

奄美大島地区中体連総体で
徳之島に遠征している卓球部ですが
団体戦予選の結果速報です。

芦花部●0−5○天城
芦花部○5−0●伊仙

予選1勝1敗で決勝トーナメントに進出OK
県大会出場をめざしファイトです炎
姉へ [2010年06月07日(Mon)]

本校生徒の作文が,6月2日の南日本新聞
「若い目」の欄に掲載されました。

その作文を掲載します。どうぞ,お読みください。


姉へ
 
芦花部中学校3年
福崎瑠奈

 中学3年。14歳。この世に生まれ,
はや14年。私は何を思い何を感じ
何をしてきたのか。

 この14年という年月を,家族,友人に
助けられ生きてきた。中でも姉は,
私に一番近い存在であり,一番
手のとどかない人だった。
 
母は私と姉を,いつも比べていた。
姉は頭が良く,運動もでき,
みんなから愛され大切に
されている人だった。私は
何でもできる姉があまり好き
ではなかった。しかし今は姉を
尊敬し,誇りに思う。

 
ある日,私が母とけんかをし,
ふとんに顔をうずめて泣いていると,
姉は私に優しく話しかけた。
「気にするな。瑠奈はそのままでいい。」
姉の何気ない一言だった。

 しかし,その言葉は
「姉のようにならなくては」
という私の思いを打ち消すものだった。
心がかるくなった。
その時は言えなかった
姉への感謝の気持ち。
伝えなくてはならないと思った。

 あなたがつらくくるしい時,
私はあなたを助けたい。
そう思った。