CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
自然部会 生活環境部会 広報評価部会
朝霞の環境に興味のある方のご参加をお待ちしています。
詳細は事務局[朝霞市役所市民環境部環境推進課]までお問い合わせ下さい


2016/04/23 '16里山フェスタを開催 [2016年04月28日(Thu)]
朝霞の春の恒例行事になった市内根岸台再生林での「里山フェスタ」が、今年も4月23日(土)に開催されました。自然保全地域である「郷戸特別緑地保全地区」は、日ごろからあさか環境市民会議の自然部会が管理を行っている場所のひとつで、明るい林と湧水に続く湿地帯が市内でも有数の貴重な自然の生態系を保存している場所です。

今年は春先に高温が続き、雨も多かったことから竹の生育も盛んだったようです。この日はくもり空のもとでスタートしましたが、作業終了時には青空が広がりました。児童を含む応募市民をはじめ、会員や市役所・寄居林業事務所の皆さんなど例年同様に総計70名以上の参加者になりました。

開会は午前9時、藤井あさか環境市民会議会長、澤田大介朝霞市役所都市建設部長、横田寄居林業事務所長、大岡城山町内会会長のあいさつのあと、スコップや唐鍬などの道具を手に約1時間のタケノコ掘りが始まりました。作業を始めるとあっという間に感じる時間でしたが、大人数での作業の威力は大きく、ビニールシートの上には驚くほどの大きさのものも含め、予想以上のタケノコの山ができました。
IMG_2403.JPG


IMG_2404.JPG


続いて、今年から管理を行う近くの雑木林に出かけ、主に林内のゴミ拾いなど清掃作業を行いました。

予定した作業の終了後、収穫した大小のタケノコをこの日の参加者全員にもれなく配布、最後に場所を城山町内会館前に移しての「試食会」になりました。前の日に同じ市内の保全林で収穫してあったタケノコをメインに野菜やブタ肉などを加え、城山町内会の皆さんのご協力で料理された味噌仕立ての季節の味―タケノコ汁を全員でおいしくいただきました。


4月〜8月の保全活動予定 [2016年03月10日(Thu)]
木々の芽吹きが始まります。
啓蟄も過ぎ、野山の賑わいが始まっています。
身近にある朝霞の緑地へお出かけください。
16.04-08Yote.jpg
■3/27に「見沼遊水地と自然公園の見学会」を開催 [2016年02月20日(Sat)]

「見沼たんぼ」は埼玉県中央部に残された広大な自然保全地域です。その西南部にあたる東浦和―川口地域には見沼通船公園、川口自然公園、芝川第一調節池などの川と湿地を生かした公園施設があります。調節池は周囲を歩きます。河川流域を含めた今後の保全運営活動の参考になると思います。

[コース] 北朝霞駅→東浦和駅→通船堀公園→木曽呂の富士塚→川口自然公園→見沼自然の家→芝川第一調節池池→浦和くらしの博物館民家園(昼食)→東浦和駅→北朝霞駅。(3〜4時間ほど歩きます)

IMG_1938.JPG

・日時:3月27日(日) 午前9時30分〜午後3時頃
・集合 JR北朝霞駅前口午前9時30分
・定員:20名(参加申し込みをお願いします) 雨天の場合は中止
・申込:FAX(048─470─2758)またはEメール(pu8n-tki@asahi-net.or.jp)
・費用:東浦和までの交通費、保険代100円程度
・その他:歩きやすい服装、昼食・飲み物、雨具など
・連絡先:(090-1990-4807 つくい)
・主催:あさか環境市民会議
16里山フェスタ in あさか [2016年02月16日(Tue)]
恒例「16里山フェスタ in あさか」のご案内

市民参加の森づくりを開催いたします。応募方法など詳細はチラシをご覧ください。
地元町内会さんの協力も頂き、好評の「たけのこ汁」もご賞味できます。
一般受付は4月1日より13日まで、抽選うえ35名といたします。
ご応募お待ちしております。
16satoyama.fes.jpg
Posted by hero_hero at 16:24 | 全体 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
4月25日に春の観察会 [2016年02月09日(Tue)]


「トダスゲ」保護地の観察会のお知らせ
内間木の朝霞調節池の絶滅危惧種を探します。

日時:4月25日(月曜日)9時。
集合場所:内間木公民館(現地へは徒歩20分ぐらい)
交通機関:わくわくバス内間木線 北朝霞発 8時44分 内間木公民館下車
お問い合わせ:048-463-1504(あ さか環境市民会議事務局
申し込:ファクスまたはメールでお願いします。
     048-472-6885
     7403msjo@jcom.home.ne.jp
担当:あさか環境市民会議自然部会…明山
4月までの活動予定 [2016年02月09日(Tue)]
15-3.12-4yotei.jpg
立春も過ぎ里山には早春の息吹が聞こえてきています。
コブシの花芽も膨らんできています。
是非お出かけください。
「環境大学」が開講されています [2016年02月03日(Wed)]
朝霞市では毎年2月に、ごみ問題や環境問題に関する学習の場として「環境大学」を開講しています。以下のお知らせをご覧ください。

 問い合わせは 資源リサイクル課 まで
http://www.city.asaka.lg.jp/soshiki/15/kankyoudaigaku.html
三鷹市の「水車」など―新春見学会 [2016年01月30日(Sat)]
P1140031_2.jpg

あさか環境市民会議は恒例の新春見学会を2016年01月14日に開催しました。参加者は35名。今回は、東京都三鷹市のエコミュージアム「水車・しんぐるま」と参加体験型の科学館「多摩六都科学館」(西東京市)を訪問しました。まず午前10時から三鷹市のエコミュージアム「水車・しんぐるま」を見学。ここは江戸時代から昭和40年頃まで利用されてきた両袖型の大型水車経営農家全体が良好な状態で保存されており、その水車機構の歴史・文化財的価値の高さから、東京都から「武蔵野(野川流域)の水車経営農家」として有形民俗文化財の指定を受け、日本機械学会からは「旧峯岸水車場」として機械遺産の認定を受けています。

場所としては多摩川の支流である野川沿いに位置しており、一帯が大沢と呼ばれる地域で、多い時には6軒ほどの水車農家があったそうです。地域にはごく最近まで湧水を利用したわさび田やホタルの放流地になっている湿地が残り、崖線には横穴式古墳跡など古代からの文化遺跡も点在しています。水車は、江戸時代の文化5(1808)年頃に創設され、昭和43(1968)年頃に野川の改修によって水流が変わるまでの160年間、回り続けていたとのこと。野川の改修工事によって水車の稼働は停止しましたが、八代目当主の峯岸清さんが水車全体を大切に保存してこられたため、現在も、複雑な機構を持つ水車装置全体が良好な状態で保存されているとのことです。全国的に見ても、精米製粉用の水車としては最大級の規模を誇ります。

余談ながら、この付近は旧日本軍の飛行場があった場所で、戦闘機の掩体豪などの戦争遺産もあり、現在は調布飛行場になっています

当日は三鷹市職員とボランテイアの方が2名で、丁寧に説明をしてくださり、質疑応答では細かい内容も聞くことができました。三鷹市は市内全体をエコミュージアムと考え、さまざまな施設や史跡の保全に取り組んでいるとの説明もありました。朝霞市にも多くの文化遺産や史跡があります。これらをエコミュージアムという観点から有機的に結び付けていくことは可能と思います。午後からの多摩六都科学館では館内の科学実験施設を体験でき、またオーロラなどの自然現象を解説したすばらしい大型映像を球形の立体大画面で見学できました。

参加者の感想より。
「大沢の水車では、国分寺崖線の湧水を集めた野川が製粉を主とする水車経営農家を支えてきた様子をみることができた。同じことが朝霞の黒目川でも起こり、台地と低地の湧水が産業と人々の暮らしを支えていた。ここに見学の意義があります」
「六都科学館での大自然の神秘=オーロラの調べが素晴らしかった」
15年8月〜12月保全活動予定 [2015年07月23日(Thu)]
自然部会の27年8月〜12月の活動予定を更新しました。
暑い日が続きますが、保全活動にご協力いただけますようご案内いたします。
15-.8~12yotei.jpg.pdf
宮戸緑地春の観察会 [2015年03月12日(Thu)]
里山再生活動のおかげで山野草の復活が顕著です。
どのような山野草が復活しているか、みんなで調べましょう。
15kannsatu.jpg