CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 自然部会 | Main | ニュース»
4月〜8月の保全活動予定 [2016年03月10日(Thu)]
木々の芽吹きが始まります。
啓蟄も過ぎ、野山の賑わいが始まっています。
身近にある朝霞の緑地へお出かけください。
16.04-08Yote.jpg
4月までの活動予定 [2016年02月09日(Tue)]
15-3.12-4yotei.jpg
立春も過ぎ里山には早春の息吹が聞こえてきています。
コブシの花芽も膨らんできています。
是非お出かけください。
4月活動日変更のお知らせ [2015年02月06日(Fri)]
何時も里山保全活動にご協力いただきありがとうございます。
4月25日に里山フェスタを開催することになりましたので、通常活動の変更をいたします。
21日(宮 戸)……根岸台に変更
28日(根岸台)……宮戸に変更
根岸台斜面林 [2013年06月18日(Tue)]
参加者 13名
湿地の水面を広げ、水生動物が住みよい場所を作ろうと作業を始めた。前回掘った部分を広げる作業を行った、次々に中から昔捨てられたゴミが出てくる。脚立、流し台、絨毯、雨樋、網戸、七輪。。。掘り出したあとには水がしみ出てくる。畦になるように土を持ち上げ、水の流れを作っている内にトンボがもう水面を見つけて集まってきた。
 遠くから始めてきてくれたボランティアの方が、重労働にびっくりしてこりごりにならなかったら幸い。
negisidai1.jpg
岡斜面林 [2013年06月06日(Thu)]
参加者 11名

梅雨入りし、蒸し暑い時期になりました。休憩時には水分摂取が大事な時季になりました。
作業は草刈りがメイン。アズマネザサが茂っているので草刈り器も併用して草刈り。土留めに積んだ小枝が草刈りをするときの邪魔になるので、しっかり束ねて使用するべきだったと反省。
写真はニワトコの実。
niwatoko.jpg
根岸台 [2013年05月28日(Tue)]
参加者 14名

2週間続いての作業ははじめて。今まで手の回らなかった水路沿いの斜面を整備。草を刈り水路が分かるように地上部分を明るく。ついでに常緑樹の小さい物、シュロやアオキ、アオダモなどを除去。見通しが良くなったので、もし子供が危ない場所に来たときに近所の方たちが気がつけば注意してもらえるかもしれない。
見回っている間に見つけたイチヤクソウ。昔は朝霞市内の雑木林によく咲いていた物だがこの頃見つからず探していた。全国的には希少種ではないけれど、朝霞市内では希少種!
itiyakusou.jpg
根岸台斜面林 [2013年05月21日(Tue)]
参加者 14名

湧き出た水の流れでできる沼地に生えてきた木や草、ツル植物などを整理して積み上げたあった物をすべて水路脇の山側に粗朶として積み上げた。急斜面の一番下に一番下に積み上げたので、土留めとしてもしっかり役に立ってくれることと思う。
竹林の筍の発芽が今年は余りよくなかった。今までずっと採るばかりだったので、今年は沼の土を斜面の上に上げて竹林の下に敷いてお礼肥にしたいと思うが、何しろ年齢層の高い集団なのでどの程度運べるか、余り期待は出来ない。

写真は作業中に見つけたキヌガサタケ。竹林に生える珍しいきのこです。
kinugasatake.jpg
宮戸斜面林 [2013年05月14日(Tue)]
参加者 12名

草刈りを主に作業。斜面林の前(北側、新河岸川との間)の田んぼで孵ったアマガエルがあちこちで見られた。
写真はキツネアザミ。春に咲くアザミに似た花をつけるが、アザミのようにとげとげしていないのが特徴。
azami.jpg
根岸台斜面林 [2013年04月16日(Tue)]
参加者 17名

今年は、筍にはちょっと気候が早めのよう。もう少し暖かくなってくれば次々筍が出てくると思われますが、まだ小さいものがちょっと見つかるだけ。里山フェスタでの収穫が心配。ゴミはあちこち散らばって人手が欲しい状況。
ジュウニヒトエ、キランソウ、スミレ、ウラシマソウ、ついでにタマノカンアオイも花をつけていて春爛漫。ウバユリやヤマユリ、オニユリ、ホウチャクソウなどの芽が大きくなってきている。クサイチゴやカジイチゴも花をつけて5月には赤い実がたわわになりそうだ。
RIMG0007.jpeg
宮戸斜面林 [2013年04月09日(Tue)]
参加者 12名

竹林として残した一番南西部分の整備。落ち葉を集めて落ち葉だまりへセッセと運んだ。落ち葉を除いた後に筍の先が見え収穫。この斜面林から筍を収穫したのは初めてでした。
ホタルブクロの芽が沢山出ていたり、フタリシズカも芽が増えているし、在来の野草がどんどん復活している。また、丁度ウワミズザクラが真っ盛り。きれいだった。
RIMG0010.jpeg
| 次へ