CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«あさか環境市民会議の総会・講演会を開催―2016年5月22日 | Main | 10月23日(日)に朝霞の里山」観察会を開催»
2016/09/25 妙音沢まで― あさか環境まち歩き (第8回) [2016年09月28日(Wed)]

 あさか環境まち歩き (第8回)主催:あさか環境市民会議を開催

今回は朝霞台駅に集合、黒目川に上流に向かい、新座市の妙音沢付近まで歩きました。参加者は23人、雨の多かった9月では久しびりの好天でした。

朝霞リサイクルプラザ(産業文化センター)前を通って浜崎黒目橋から上流へ、土手上の遊歩道を列になって歩きながら、周りの景観を楽しみます。東武東上線鉄橋のトンネルをくぐると東林橋まで両岸が桜堤ですが、この帆は彼岸花が咲く季節でした。先日の台風時には「洪水警戒警報」が出ましたが、堤防を超えるようなことはありませんでした。

高橋あたりでは、川と台地崖線の緑、最近さらに増えてきたマンション群一望できる朝霞らしい風景ですが、崖線斜面林はだんだん減少しているようです。泉橋付近の堤防近くには最近、数本の樹木が植えられています。桜だけでない多様な樹木・植物が豊かな自然を守る役目を果たします。

膝折地区に入ったあたり新しくできた「水車広場」があります。これも遊報道と同じ昨年の整備事業で完成したものです。明治から大正時代にかけて、この地には黒目川の水量を利用した伸銅工業がたくさんあり、朝霞の近代化を支えた歴史は朝霞市博物館の展示でも見ることができます。

遊歩道が川越街道をくぐるあたりで新座市との境になります。黒目川の護岸の様子も変化してきます。ここから崖を登る形で子の氷川神社に向かいました。この神社裏手には豊富な湧水があり、2つの池を作っています。これは次に行く妙音沢と同じように武蔵野台地の地下水構造のめぐみです。新座市霊をへて、吊橋状のデザインで有名な市場坂橋の下が「妙音沢湧水地」です。

IMG_2840.JPG

右岸の崖線下から大量の湧水が流れ出て、小さな谷をつくっています。現在、大小2つの沢の間には遊歩道が作られています。大沢の近くの湿地帯には昔の修行の場を示すような古びた石碑がたっています。この場所を目当てに散歩をする市民も多く、付近の憩いの場になっているようです。

この日の黒目川は雨の影響で水量が多かったですが、早瀬では流れがきれいに澄んでいて、釣り人や飛び込んで遊ぶ子供たちも多く、朝霞市民に親しまれていることがよくわかりました。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1217539

コメントする
コメント