CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
自然部会 生活環境部会 広報評価部会
朝霞の環境に興味のある方のご参加をお待ちしています。
詳細は事務局[朝霞市役所市民環境部環境推進課]までお問い合わせ下さい


自然部会の4月から8月までの活動予定です [2018年04月11日(Wed)]

自然部会の4月から8月までの活動予定です。


18.04-08yotei.pdf

↑ PDF画像です。クリックしてください。

3月28日に開催 満開のサクラの中で―黒目川エコ探検隊 [2018年04月11日(Wed)]
堤防に植えられたサクラの花が満開になった3月28日(水)、ひと味変えた「まち歩き」ということで「黒目川エコ探検隊」という名称の散策会を開催しました。この日は天候に恵まれたこともあって18名が参加。保護者と一緒の小・中学生も3〜4人加わり、家庭的な楽しい川歩きになりました。

DSC_0468.jpg

集合は午前10時、リサイクルプラザです。歩いてすぐの浜崎黒目橋では朝から散歩しているひとがいます。サクラの季節はいつもより数も多く、華やかです。藤井会長が東上線陸橋付近までの地形や流れの様子などを説明しながら、自然を大切にした黒目川の護岸工事の歴史や特長を説明。

一行は、上流に向かってゆっくり歩きながら、春の暖かさで芽を出し始めた堤防・川岸の植物やサギやカルガモ、カワウ、カモなどの冬鳥が見られる川面を観察して行きます。植物に詳しいひと、動物に詳しい人、川の歴史に詳しい人―さまざまな知識を持ったひとが集まっていますのでこうしたグループでの活動は面白いのです。

DSC_0483.jpg

食べられそうな植物を摘んでいるひとが多かったようですが、今年の暖かい気候のためか。ツバメやチョウ、コウモリなども観察されました。土手斜面上の草地は定期的にかなり徹底した刈込みが行われますので、夏になるとイネ科の植物ばかりが目立ちますが、季節ごとにゆっくり観察すればかなりの種類があることがわかるのではないでしょうか。
 また、川の中ではコイに交じって、赤いヒレをしたマルタウグイが目立ちました。海から遡上しているそうで、泉橋付近ではかなりの数が集まって川底の石に産卵しようとしている姿が観察できました。黒目川ではアオサギなど大型の鳥類、カワセミの姿もかなり頻繁に目にします。

一行は、泉橋までいったところで反対の左岸側の堤防に移動して、堤防横の敷地に新たに植栽された数種類の樹木などを見ながら、将来ともこの川がきれいな水質を保って、朝霞市民の憩いの場であることを期待しました。
見学会「利根大堰と武蔵水路」さらに「さきたま古墳群」 [2018年01月22日(Mon)]
あさか環境市民会議の今年の見学会は埼玉県北部・行田市にある「利根大堰」とそこから流れ出る「武蔵水路」さらに「さきたま古墳群」でした。「武蔵水路」を流下した利根川の水は荒川を経由して秋ヶ瀬取水堰から朝霞浄水場などに送られ東京都、埼玉県などの重要な生活用水になります。この貴重な水資源の源の視察ということになります。また、近くにある「さきたま古墳群」はこうした水の循環をもたらす地形が古代に創りだした文化の象徴であり、埼玉県の地名発祥の地でもあります。

午前8時半、朝霞市役所を出発。参加は会員23名。10時過ぎに荒川を超えて武蔵水路の見える地点に出ました。つい最近改修された水路を水が勢いよく流れています。さらに流れに沿った進み、目的地の利根大堰とそれを管理している水資源機構利根導水総合事務所に到着です。総合事務所では管理センターに案内され、巨大な情報パネルの前でこの利根大堰で導水した水の流れを説明してもらいました。1960年代の高度成長期の水需要の増大により造られたこの施設ですが、現在も朝霞浄水場ばかりでなく見沼代用水、葛西用水、邑楽用水など関東の各地に水道、農業、工業などので多用途な水が導水されている様子が示され、リアルタイムの流量も刻々と表示されています。

DSC_0474.jpg

こうしてみるとこの利根川という河川が水需要の上でいかに重要な役割を果たしているかがわかります。次いで事務所の屋上にあがります。まず北側を流れる利根川とそこを横断する大堰の姿に圧倒されます。堰の上は利根大橋という道路橋になっています。渇水期の時期とはいえ利根川は広大ですが、この堰を過ぎると急に流量が減っているのが確認できます。

DSC_0478.jpg

反対側では、堰取水口から流入する河川水が沈砂地を経て見沼代用水、武蔵水路、埼玉用水路、邑楽道水路に分かれて流れていく様子が観察できます。その量は最大で毎秒約120トンにもなるそうです。この用水路に何か異変があれば国民生活には重大な支障が出ます。電気やガスもそうですが、こうした基礎的なインフラ事業を日々管理維持していくのは地味ですが非常に重要な仕事だと思います。

利根川のスケールに感動した後、武蔵水路をたどって「和装文化の足元を支え続ける足袋蔵のまち」として日本遺産に指定された行田の市街に向かい、趣きある歴史的景観建築物でもある蔵造りそば店で昼食。午後はこれも日本遺産級の「さきたま古墳群」で古代文化に触れました。県名発祥の地とされる「埼玉(さきたま=前玉とも)」の地にあり、前方後円墳8基と円墳1基の大型古墳が残る全国有数の古墳群で、国の史跡として整備がなされています。史跡の博物館を訪問し、出土された金錯名鉄剣などの国宝指定された古代史の重要文化財を見学しました。また、いくつかの古墳に登り、そのスケールを体感しました。

DSC_0485.jpg

帰路は参加者がひとりずつ、あさか環境市民会議今後の活動方向に対する要望やそれぞれの参加方法や抱負などの意見を自由に発表しました。現在継続している活動は自然部会の里山管理が中心ですが、そのほかさざまな要望や提案が出されました。
自然部会2017/12〜2018/4の作業予定 [2017年12月18日(Mon)]
自然部会の2017/12〜2018/4の作業予定です。
2017/12の予定が前回のお知らせから変更されているのでご注意ください。

17.12-18.04年活動予定A4.jpg
自然部会の8月〜12月の活用予定 [2017年07月20日(Thu)]
自然部会の8月〜12月の活用予定です。


17.08-12ブログ用-2.jpg

キツネノカミソリ」の開花が間近のため、岡緑地から宮戸緑地の保全活動に変更します。

(PDFで表示)

17.08-12ブログ用.pdf
自然部会の2017/4〜8月の活動予定 [2017年04月14日(Fri)]
自然部会の2017/4〜8月の保全活動予定です。


17.08-12yotei.jpg
3/25(土)にあさか環境まち歩き―彩湖(荒川調整池)周辺を歩いてみよう [2017年03月12日(Sun)]
 
彩湖(荒川調整池)周辺を歩いてみよう

−あさか環境まち歩き―


彩湖は、さいたま市南区から戸田市にかけての荒川第一調節池内・貯水池の名称です。平成9年に完成、全長8.1km、面積は1.18平方km、総貯水量は1060万立方m。目的は洪水時の増水による被害に備えた調節池ということですが、彩湖の上流には秋ヶ瀬公園、サクラソウ公園、下流側には道満グリーンパークなどが広がり近隣の県民・都民の憩いの場所にもなっています。彩湖自然学習センターでは付近の景色を一望でき荒川の治水の学習もできます。約6km、2時間ほどの行程になります。

・日時
3月25日(土)午前9時30分集合〜午後2時30分頃まで   ※雨天中止
・集合場所
志木駅東口交番前
・費用
保険代100円、志木駅からサクラ草公園まで往復バス代
・服装・持ち物
歩きやすい服装、昼食、飲み物、雨具持参
・行程
志木駅東口=サクラ草公園バス停下車=彩湖周辺の散策(ビオトープや水塚跡)=管理橋=道満グリーンパーク一周(昼食・休憩)=彩湖・自然学習センター=サクラソウ草公園バス停=志木駅
・申込方法 FAX又はEメールで

【電話(問合せ用)】 つくい090-1990-4807/もちづき090-1427-9075
【FAX】 048-470-2758
【Eメール】 pu8n-tki@asahi-net.or.jp


4/22に春の観察会―自然部会から [2017年03月09日(Thu)]

 ★★★ 春の観察会 ★★★

宮戸緑地において「春の観察会」を下記の通り開催いたします。
ジロボウエンゴサク、ムラサキケマン、ニリンソウ、ヤマブキソウなど春の里山はとても華やいでいます。市街化が進む朝霞市ですが、里山の再生活動により復活しつつある多様な在来種の植生に触れてみましょう。

<日時>
4月22日(土曜日)午前9時30分集合、12時頃終了予定(雨天中止)
<会場>
宮戸3丁目「宮戸緑地」
<参加費>
100円(保険代)
<申込み先>
あさか環境市民会議 明山 弘(FAX048-472-6885)
メール akeyama@jcom.home.ne.jp

2017422観察会22.jpg
2017/01/19 あさか環境市民会議見学会「新春見学会」 [2017年01月23日(Mon)]

あさか環境市民会議は恒例の見学会を2017年1月19日に開催しました。参加者は会員、参加市民あわせて34名。今回は、飲料水の宅配方式ビジネスを行っているクリクラ製造工場(埼玉県本庄市)と食品のガトーハラダ本社工場(高崎市)を回りました。水と食品という、われわれの生活に密着した商品の生産設備がどうなっているのか、周辺環境への配慮、材料リサイクルの現状などを知ろうというのが目的でした。

午前9時に朝霞を出発、10時過ぎには最初のクリクラ本庄工場に到着しました。2015年に完成したという新工場は広い敷地の中にあざやかなデザインの事務所棟と工場が並んでいます。工場正面には「クリクラミュージアム」の文字があります。つまり、ここははじめから訪問者に見学してもらうことを予定して建ててあるということです。産業観光開発に力を入れている埼玉県本庄市との協力体制のもと、この施設も本庄市の新たな観光資源として活用されているようです。

R0019703a.jpg

中に入ると、はコンシェルジェと呼ばれる女性たちに説明を受けます。最初に企業と宅配水事業の歴史にについての20分くらいのビデオで説明を受けます。運営会社が宅配水事業を開始したのは2001年、現在は全国47工場で月産330万本の生産を行っているそうです。この最新工場では月産100万本とのこと。生産設備を見学しましたが、驚くのは工場内にまったく人がいないこと。水の浄化、充填、容器の搬送などはきれいな流れ作業ですが、フルオートメーションです。

出荷用のラックの倉庫は天井が見えないほど巨大な立体構造の建物ですが、ラックを探して運んでくるのも、そこに詰め込むのもすべて産業用ロボットです。冗談みたいですが、これで輸送のトラックが自動運転になったらまさに無人工場です。もちろん、見えない場所で監視やメンテナンスなどを行っているのでしょうが。

意外だったのは、原料の水は通常の上水道水だということです。工場の方の説明によると上水道は品質面ですでに飲料水基準に達しているので、これを基本にして逆浸透膜などの濾過技術によって不純物を除き、さらに必要なミネラルなどを加えているとのことです。その他、世界各地のペットボトル(飲料水)はここだけのユニークなの展示です。

午後にたずねたガトーフェスタハラダは、ラスクなどパンから作った洋菓子の専門メーカーで生産はこの高崎工場(事業所は2か所)すべて行われています。この工場も2年程前に完成した新工場で外観が西洋のお城の陽なっているので「シャトー」の名称がつけられています。
(写真)

Img_0047-2.jpg

ビデオでは、中山道沿いの和菓子店から出発した企業の歴史と材料→フランスパン→ラスクを製作する工程の説明をうけました。次いで担当の方より、この工場の省エネルギー化、材料のリサイクル化などの環境活動についての説明をうけました。工場の屋根全体に太陽光パネルを設置し、全工場電力の8%を自給、稼動していない時間の電力は売電ししているとのこと。材料については食品工場なので、豚の飼料なども含め、全体の98%をリサイクルし、100%を目指しているようです。

このあと、工場2階、3階の生産ラインを見学しましたが、ここでも白衣をきた作業員の姿はすくなく、製品の検査や選別、袋詰めなどがほとんど自動化されています。検査や選別の仕事はおそらく少し前まではベテラン作業員がやっていたものと思いますが、こうした最新工場での省力化の波はすごいものがあります。

自然部会2016年12月から2017年4月の活動予定 [2016年11月23日(Wed)]

自然部会20161122yotei12-4.jpg

自然部会2016年12月から2017年4月の活動予定です。
12月の岡緑地が第4火曜日(27日)。根岸台緑地が第2火曜日(13日)日に変更になっています。
| 次へ