CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年12月 | Main | 2017年02月»
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
横浜市歴史博物館・神奈川大学日本常民文化研究所主催展覧会「和船と海運」 [2017年01月18日(Wed)]
今月の下旬から神奈川県横浜市で開催される江戸時代の海運と船(弁才船)に関する展覧会を紹介します


横浜市歴史博物館・神奈川大学日本常民文化研究所主催展覧会
「和船と海運」
二つの研究機関により2会場で開催されるコラボ展覧会です.
模型や実物資料も展示され,弁才船を理解するうえで興味深い内容です.

横浜市歴史博物館会場
「津々浦々 百千舟 −江戸時代横浜の海運−」
会  期:1月28日(土)〜3月20日(月)
開館時間:9:00〜17:00
休 館 日 :毎週月曜日(3/20は開館)
会  場:横浜市歴史博物館 横浜市都筑区中川中央1-18-1
観 覧 料 :有料
http://www.rekihaku.city.yokohama.jp/koudou/see/kikakuten/2016/20170128_wasentosuiun/

神奈川大学会場
「順風満帆千石船−和船の構造と技術−」
会  期:1月30日(月)〜3月17日(金)
開館時間:9:00〜17:00
休 館 日:土日祝,および2月6日(月)〜8日(水)
会  場:神奈川大学横浜キャンパス3号館展示ホール
      横浜市神奈川区六角橋3−27−1
観 覧 料:無料
http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/topics/2017/koplrv00000009je.html

2会場ともに関連事業も開催されます.
詳細については,両機関のホームページでご確認ください.
Posted by T.Hayashibara at 23:19 | 展覧会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
水中文化遺産関連の情報 [2017年01月14日(Sat)]
展覧会・フォーラム等の水中文化遺産関連の情報をお知らせいたします.

日中韓文化遺産フォーラム「水中文化遺産の保護と活用」
日時:2月12日(日) 10:00〜15:45
場所:九州国立博物館 ミュージアムホール
主催:文化庁・九州国立博物館
入場無料・要事前申込
詳細は,文化庁H.P.でご確認ください.
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/2017010501.html

ロマノフ王朝展−日本人の見たロシア,ロシア人の見た日本−
会期:1月7日(土)〜4月9日(日)
場所:東洋文庫ミュージアム
幕末の資料を多く展示しているようです.
ディアナ号理解のためにも興味深い展示会です.
詳細は,チラシでご確認ください.
http://www.toyo-bunko.or.jp/museum/romanov.pdf

石展2 かながわの大地が生み出した石材
会期:2月26日(日)まで
場所:神奈川県立生命の星・地球博物館
展示内容をそのまま表したストレートな名称の展示会です.
昨年,神奈川県立博物館で開催された同名の展示館の続編です.
前回の展示が,石と人との関連を主題としてものですが,今回は石そのものの特徴や産出場所に主題をおいたものとなっています.
水中文化遺産とは直接の関係はありませんが,水中に残されることも多い「石」を理解するうえでは興味深い展示会です.
詳細は,博物館のH.P.でご確認ください.
http://nh.kanagawa-museum.jp/exhibition/special/ex139.html

発掘された日本列島2017展
会期:6月〜
場所:江戸東京博物館ほか
特集として,これまで調査された「水中遺跡」から引き揚げられた遺物が展示されるとのことです.
Posted by T.Hayashibara at 06:26 | 展覧会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
国立ハンセン病資料館の調査見学に行って思ったこと [2017年01月06日(Fri)]
昨年の暮れに,国立療養所多磨全生園(東京都東村山市)敷地内で行われている発掘調査を見学してきました.

この調査は,国立ハンセン病資料館が主体となり,多磨全生園の前身の全生病院(ハンセン病療養所)の「患者地区」と「職員地区」とを隔てた堀と土塁(堀の内側に設置)の実態を探るために,11月から実施されたものです.
堀は埋め戻され,土塁も一部が残るのみで,公的な記録が一切なく,関係者の証言や古い写真の一部に状況が見られるのみであることも発掘調査を実施した理由のひとつとのこととです.
DSCN1913.JPG
       調査地区近景(2016年12月)

また,この調査に先立ち2013年には国立療養所栗生楽泉園(群馬県草津町)の「特別病室」(重監房)跡地で,やはり「記録」のない「特別病室」の復元に際して,発掘調査を行ない成果を得ることができたこも今回の調査実施に影響があったとのことです.
(この調査については,第82回(2016年度)日本考古学協会総会で研究発表され,報告書は国立ハンセン病資料館で作成中です.)

今回の調査についての最近の報告では,約200m2の調査地区から幅約4m,深さ約2mの断面逆台形の堀が20mにわたって検出され,詳細不明であった堀の内容が明らかになりました.
見学時には,堀の一部が掘られているのみでしたが,その規模についてはわかる状況でした.
担当者も言っていましたが,まるで中世の城郭に匹敵する規模のものです.
DSCN1909.JPG
      検出された堀(2016年12月)

全生病院は,1909(明治42)年に設立されますが,設立をめぐっては地元からの反対運動があり,誘致したした村長(当時・東村山村)らが襲撃される事件が起こるなど,ハンセン病にたいする偏見や嫌悪感は相当なもので,患者の逃亡のみならず外部からの襲撃に備えるためにつくられたものが今回検出された堀です.

今回の調査は,記録が残せる時代に記録にない・残っていない・残さなかった歴史を可視化したという点に意義があると思います.
言い換えれば,記録に残さない負の遺産を残こさなかった理由とともにその実態を明らかにしたと言うことです.
そして,その方法として考古学が採用され,明らかにできた点も評価できることと思います.

考古学というと,とかく古い時代の人びとの生活を明らかにする学問と思われがちですが,
今回の例のように,まだ関係者がいる現代においても有効な学問なのです.
記録というものは,すべてが残されているものではありません.
当事者に不都合なものは,意識的に残されません.
今回の事例はその一例ですし,戦争関係の当時トップシークレットだったもの・ことも同様です.
それを明らかにできる(可視化)できるのは,モノ(実物資料)であり,それを研究する考古学(だけ)なのです.

その点において,成果もですが,今回の国立ハンセン病資料館の調査は,考古学の可能性を示唆したものと言えると思います.

ただし今回の調査は,行政的周知がなされている遺跡(周知の埋蔵文化財包蔵地)ではありませんので,文化財保護法に則った調査ではないとのことです.
例の文化庁平成10年通知(http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/t19980929001/t19980929001.html)による近世以後の遺跡軽視(無視)の弊害と言えます.
(この点に関しては,近世以降の水中文化遺産の取り巻く状況と同じです)

ちなみに今回の調査では,療養所関連以外の遺構・遺物は検出されていません.

行政的周知はなされていませんが,遺跡自体はハンセン病患者にたいする差別・隔離の歴史をしめす貴重な近代遺跡であることには変わりません.


この遺跡の見学会が明日(7日)に行われます.
詳細については,国立ハンセン病資料館のホームページでご確認ください.
http://www.hansen-dis.jp/
明けましておめでとうございます [2017年01月05日(Thu)]
少し遅くなってしまいましたが,
新年明けましておめでとうございます.

皆様おすこやかに新春をお迎えのことと存じます.
今年も水中文化遺産の保護・周知および研究に尽力しますので,
よろしくお願いいたします.