CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年05月 | Main | 2014年07月»
<< 2014年06月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
滋賀県立安土城考古博物館で「第49回企画展 湖底遺跡が語る湖国二万年の歴史」が開催れます [2014年06月28日(Sat)]
滋賀県立安土城考古博物館(滋賀県八幡市)で,
水中文化遺産関連展示会
「第49回企画展 湖底遺跡が語る湖国二万年の歴史」
が開催れます.

開催期間:2014年7月19日(日)〜8月31日(日)

約40年にわたる琵琶湖での調査成果が,見られる展示会です..

期間中,7月21日(月・祝)と8月22日(金)には,
湖上から湖底遺跡を見る,湖底遺跡クルーズも開催されます.

詳細については,博物館のホームページをご覧ください.
http://azuchi-museum.or.jp/

1403502679.jpg
Posted by T.Hayashibara at 02:55 | 展覧会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年度・第1回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)が開催されました  [2014年06月08日(Sun)]
昨日,2014年度・第1回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)が,東京海洋大学・越中島キャンパスで開催されました.

強く雨が降るあいにくの天気であったにもかかわらず,多くの参会者がありました.
2本の報告とともに,活発な意見・情報交換がなされ,盛会で終えることができました.
(当日は,大学の学園祭開催日でしたが,催しの目玉である東京湾クルージングはすべて中止になるほどの荒天でした)

参加された方々,ありがとうございました.
また,遅くまでおつき合いいただきました方々,お疲れさまでした.

次回は,12月に開催する予定です.
詳細については,あらためてお知らせします.
ご都合がつく方は,ぜひご参加ください. 

PICT0014.jpg

PICT0026.jpg
2014年度・第1回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(研究報告会)開催のお知らせ [2014年06月07日(Sat)]
ここはご案内枠です。日々のブログはこの下からです。

2014年度・第1回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(研究報告会)を下記の内容で開催いたします.
[今年度より,名称を「アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(研究報告会)」へ変更いたしました]

2014年度・第1回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(研究報告会)
日 時:6月7日(土) 14:00〜17:30
場 所:東京海洋大学・越中島キャンパス 3号館4階会議室(405号室)
    http://www.e.kaiyodai.ac.jp/access.html
研究報告
1.「幕末期海戦時代に沈んだ軍艦〜榎本海軍の航跡を辿って〜」 
    辰巳ちあき氏(アジア水中考古学研究所会員)
2.「琵琶湖湖底遺跡と水没村伝承」 
    中川 永氏(滋賀県立大学大学院・日本学術振興会特別研究員)

水中文化遺産情報交換

参加費:無料

会員以外の方でも参加は可能ですので,この分野に興味がある方は,ぜひご参加ください.
研究報告終了後,水中文化遺産の情報交換もおこないます.水中文化遺産に関する質問にもお答えします.
なお,会場準備の関係がありますので,ご参加の方は sea.museum@gmail.com までご連絡をお願いいたします.

当日は,東京海洋大学海洋工学部の学園祭・第54回海王祭が開催されています.
海洋の研究・教育に特化した大学の特色を活かした催し物が多数執り行われます.他大学の学園祭とは一味違いますので,お時間があるかたは,こちらへもぜひご参加ください.
http://www.kaiosai.com/