CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年03月 | Main | 2013年05月»
<< 2013年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
第54回科学技術映像祭・入選作品発表会で,RKB毎日放送放映「甦る元寇の船」が上映されます [2013年04月11日(Thu)]
4月18・19日に開催される第54回科学技術映像祭・入選作品発表会で,
昨年末に放映され,科学技術教養部門・文部科学大臣賞を受賞した
RKB毎日放送の「甦る元寇の船〜神風の正体に迫る〜」
が上映されます.

以下,放映の概要です.

主 催 (公財)日本科学技術振興財団,(公社)映像文化製作者連綿,(公社)つくば科学万博記念財団
日 時 4月19日(金) 11:30〜(46分)
            午後には授賞式もあり
会 場 科学技術館・サイエンスホール(千代田区北の丸公園2-1)
参加費 無料

詳細は,科学技術映像祭ホームページ http://ppd.jsf.or.jp/filmfest/
または,チラシでご確認ください.
54chirashi.pdf

昨年の12月31日に放映された「鷹島海底遺跡」関連の番組で,
九州限定で放映されたものです.
http://rkb.jp/genko/

長期にわたる丹念な取材に基づいて作成された番組です.
平日の開催なのですが,ご都合がつくようでしたら,
この機会にぜひご覧になってください.

なお,このあと,全国各地でも上映されるようです.
JNMSC設立5周年記念講演会 『元寇』の謎解明に一歩前進! 国指定史跡『鷹島神崎遺跡』の今とこれから [2013年04月10日(Wed)]
特定非営利活動法人 博物館活動支援センター(JNMSC)主催の
「鷹島神崎遺跡」関連講演会が開催れます.

JNMSC設立5周年記念講演会
『元寇』の謎解明に一歩前進!
  国指定史跡『鷹島神崎遺跡』の今とこれから

日 時 平成25年4月20日(土)14:30〜17:00
会 場 大妻女子大学千代田校舎A棟150号教室
内 容
 講演1:「鷹島神崎遺跡調査で元軍沈船を発見!(仮称)」 
       講師:池田榮史氏(琉球大学法文学部教授)
 
 講演2:「鷹島神崎遺跡のいまとこれから(仮称)」 
       講師:中田敦之氏
          (松浦市教育委員会文化財課課長 学芸員)

定 員 200名
参加費 無料(事前申込必要)

※詳細は,JNMSCのホームページでご確認ください.
   http://www.npo-msc.org/

昨年3月に水中遺跡では国内初の国史跡に指定された「鷹島神崎遺跡」関連の講演会です.
遺跡の現状はもちろんですが,水中での考古学調査の映像も見られる良い機会だと思います
どなたでも参加できる講演会ですので.興味がある方はぜひご参加ください.
Posted by T.Hayashibara at 23:56 | セミナー | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)