CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年11月 | Main | 2013年01月»
<< 2012年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
朝日新聞・夕刊の記事から [2012年12月11日(Tue)]
今日(12月10日)の朝日新聞・夕刊の「歴史」面に,
「国史跡 眠れる地域振興源」という記事が掲載されています.

全国にある1700件超の国指定史跡の管理(保存・活用)方法が地域によって異なるが,
今後の史跡を地域振興源のひとつとして考え,
管理に際しては,綿密なマネジメントに基づき,
地元住民を巻き込むことが不可欠

とういう内容です.

史跡(遺跡)の管理の現状と課題について,考えさせられる記事です.

確かに,国史跡として指定されても,
現地に行くと,標柱や説明板があるのみで,
史跡自体は野原(放置)状態なものもあります.

その理由としては,財政的なこと,その後の維持管理費用の問題があるとのことです.

史跡として保存するのであれば,指定だけで何もしないことも,
ひとつの方法かもしれません.

しかし,これではせっかく指定になった史跡(遺跡)を生かすことはできません.
とくに,遺跡(埋蔵文化財)は埋まった状態では,見えませんから.
実際に,地元住民に「足元の史跡が知られていないことも多い」とのことです.
これでは,何かことを興すにしても,地元の理解を得られないのではないでしょうか?

その反面,管理の行き届いた史跡もあり,
そのような史跡は,行政が地元の関心を引く努力をして,
地元住民を巻き込んだ管理がなされています.

地元と史跡とのつき合いがうまくいっている.

違いは,財政的なことだけではないようです.

行政によって,さまざまな事情があり,担当者の負担は多くなるでしょうが,
うまく管理することは,史跡(遺跡)の保護は言うまでもなく,
地元住民も参加による地元の活性化にも繋がるものと思います.

史跡指定はそれがゴールではない,とも思いますので.


この記事中の写真,放置状態にある史跡の標柱の一部が加工され,
遺跡名がわからないようしてありますが,
これ,必要なこなのでしょうか?
地元への配慮かもしれませんが,違和感を感じました.
西日本新聞 [2012年12月08日(Sat)]
昨日(12月7日)の西日本新聞
11月の東京で開催された
東南アジア考古学会研究大会「東南アジア水中考古学最前線」
関連の記事が掲載されました.
http://www.nishinippon.co.jp/wordbox/word/6957/9324

研究大会の紹介とともに,
日本の水中文化遺産・水中考古学の現状・意義等がわかりやすくまとめられています.