CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年02月 | Main | 2012年04月»
<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
水中文化遺産企画展が終了しました [2012年03月30日(Fri)]
2月15日から東京海洋大学・越中島キャンパスで開催していました
水中文化遺産企画展「海のタイムカプセル」は、
3月25日に終了しました。

開催期間中には、たくさんの方々にご来場いただきました。
多くの方に、海揚がりをはじめとする遺物を見ていただけたことで、
水中文化遺産の周知には貢献できたのではないかと、
思っています。

ご協力いただきました諸氏・機関の方々には
お礼申し上げます。
また、ご協力いただきました会員の皆さま、
お疲れさまでした。

今後もこのような周知活動は、
続けますので、よろしくお願いいたします。

002.jpg
          最終日の会場のようす
企画展も残りあと1日、明日終了します [2012年03月24日(Sat)]
2月15日から始まった水中文化遺産企画展も明日で終了を迎えます。

開始当初は、毎日の来場者も多くはありませんでしたが、
3月にはいってからは、連日多くの方が来場されています。

累積来場者数は、今日600名を越えました。
当初の予想を越える来場者数です。
小さな展覧会ですが、多くの方に見ていただけたことは、
それだけで、今回の企画展を開催して、良かったと思っています。

さまざまな方が来場されています。
水中文化遺産に興味ある方、考古学や遺跡に興味がある方、展示されている遺跡の所在地に故郷がある方、研究者の方など、
近所の方、わざわさ遠方から見に来られた方など、
お子さん、若い方、年配の方など。
皆さん、じっくりと見てくれています。

また、今日は以前私が担当した発掘調査現場でご一緒した方が、
人づてに聞いて、わざわざ見に来てくれました。
十数年ぶりにお会いしました。
うれしかったですね。

企画展は、明日で終了しますが、
全国各地の海揚がりの遺物を一同に見ることができる機会は、
なかなかないと思いますので、
ご都合がつく方は、明日、ぜひ会場までお越しください。

お待ちしております。

会場:東京海洋大学・越中島キャンパス(旧東京商船大学)・越中島開館2階特別展示室
会場時間:10時〜16陣30分
入欧無料
会場へは,
・JR京葉線・越中島駅,下車すぐ,
・地下鉄東西線・大江戸線 門前仲町駅から徒歩約10分
・地下鉄有楽町線・大江戸線 月島駅から徒歩約10分

です。
なお、明日は、大学へは正門からしかはいれません。
水中文化遺産企画展 開催中 [2012年03月16日(Fri)]
東京海洋大学で開催中の水中文化遺産企画展も会期があと10日となりました。
国史跡指定が答申された鷹島海底遺跡出土遺物をはじめとした全国14箇所の海揚がり遺物が多数展示されています。

全国の海揚がり遺物を一同に見ることができる機会は、
なかなかありませんので、
この機会にぜひご来場ください。

会期は、25日(日)まで.
入場無料、開場時間は10:00〜16:30です。
25日までは、休みなしで開場しています。


ご不明な点は、sea.museum@gmail.com までお問い合わせください。
あれから1年 [2012年03月13日(Tue)]
東北や関東に大きな被害を及ぼした東日本大震災とその後に起こった原発事故による被害から
1年がたちました。

地震が起きたときに、私は調査で訪れていた八丈島にいました。
調査を終え、メンバーと飛行場に向かっていた車中のラジオで、
地震の一報を聞きました。

羽田空港は閉鎖されため、八丈島からの飛行機はすべて欠航、
延泊を余儀なくされました。

その夜、テレビで観た映像は、とても現実とは信じられないものでした。
船と車、そして家までもが一緒に流されている。
とてつもない勢いを内陸部へ押し寄せる津波。
これまでに実際のものとしては、観たことがないため,
バーチャルかと、錯覚するかのような映像でした。

今でもその時の映像は、鮮明に覚えています。

あれから、早1年。
被災地には、その時の爪痕はまだ残されています。
そして、その後の原発事故は周辺地域の人びとの生活の基盤を奪うともに、
社会的にも大きな影響を与えています。

この1年、地震のこと、津波のこと、原発のこと、
そして自分自身、被災地に何ができるのか、
自身が被災したらどうのように行動したら良いのか、
これまでじっくりと考えたことがないことについて、
いろいろなことを思い巡らしました。

今日は、原発事故により、
多くの生徒たちが地元を離れた福島県の中学校で卒業式がおこなわれたそうです。
水中文化遺産企画展「海のタイムカプセル−水中考古学からのおくりもの」開催中 [2012年03月04日(Sun)]
水中文化遺産企画展「海のタイムカプセル−水中考古学からのおくりもの」は、
3月25日(日)まで開催されます。
写真.JPG


会  場:東京海洋大学・越中島キャンパス 越中島会館2階・特別展示室
           東京都江東区越中島2-1-6
アクセス:・JR線京葉線 越中島駅(各駅停車のみ)から徒歩約2分
     ・地下鉄東西線・大江戸線 門前仲町駅から徒歩約10分
     ・地下鉄有楽町線・大江戸線 月島駅から徒歩約10分
開催時間:10:00〜16:30
会期中の休館日:3月9日〜12日
連絡先:090-3427-9542
※休館日以外は、土・日も開館しています。
※入場無料です。

沖縄〜関東の14ヶ所の海揚がり遺物を展示しています。
時代は、縄文時代〜江戸時代まで。

これまで、多くの方にご来場いただき、内容の濃い展示との言葉をいただいています。
全国の海揚がり遺物を一同に見られる機会は、なかなかないと思いますので、
ぜひご来場ください。
IMG_2224.jpg


なお、ご来場いただいた方から会場の場所がよくわからなかったとの声をいただいています。
案内が不親切であったことをお詫びしますとともに、あらためてご説明します。
下に越中島キャンパス案内図を添付しましたので、参考にしてください。
※裏門から:正面に見える2階建の建物が越中島会館です。
※正門(守衛室のある門):右手に明治丸を見ながらまっすぐにお進みください。しばらく歩くと案内板がありますので、その正面に見える2階建の建物が越中島会館です。
※土・日・祝日は、正門のみの開門となりますので、ご注意ください。
※ご不明な点は、守衛室か、連絡先までご連絡ください。

kikakuten-annai-1.jpg




「第6回水中文化遺産と考古学シンポジウム」が開催されました [2012年03月02日(Fri)]
2月26日(日)に第6回水中文化遺産と考古学シンポジウム「海のタイムカプセル−水中考古学からのおくりもの−」が、東京海洋大学・越中島キャンパスで開催されました。

多くの方にご参加いただき、終了することができました。
運営上の不手際おありましたが、
参加された方には、水中文化遺産を知ってもらうことができたと、思います。

これからもこのような周知活動は続けますので、
ご支援・ご協力のほどをよろしくお願いいたします。

同時開催している水中文化遺産企画展は、
3月25日(日)まで開催しています。

(会場は、東京海洋大学越中島キャンパス・越中島会館2階特別展示室)
期間中は、3月9日〜12日のみが学校行事のため休館しますが、
ほかは土・日・祭日もふくめて開催しますので、
ぜひご来場いただき、全国から集めました海揚がりの遺物をご覧ください。
入場は無料、開館時間は10:00〜16:30です。