CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年12月 | Main | 2012年02月»
<< 2012年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
米海軍横須賀基地内の水中文化遺産 [2012年01月12日(Thu)]
神奈川県横須賀市にあるアメリカ海軍横須賀基地は、
旧日本海軍横須賀海軍工廠であった施設を日本の敗戦後、
そのままアメリカ軍が利用しているものです。

旧日本海軍施設と使用される以前は、
幕末に横須賀製鉄所として開設され、
その後、明治政府によって完成された横須賀造船所であったこともあり、
基地内には、100年以上経つ施設が多く残っています
そして、その多くは今も現役の施設として稼働しています。

たとえば、基地内には6基のドライドックがありますが、
このうち1〜4号ドックは明治年間に造られた石積みのもので、
現在もほぼ原形をとどめたままの状態で、現役の施設として活用されています。

なお、1号ドックは,1871(明治4)年に完成した石積みドックとしては、
現存最古のもの
です。

                                  1号ドック

これらのドックをふくめた旧日本軍関連施設は、いずれも米軍基地内にありますので、
通常は直接に見ることはできません

ただし、年数回ある基地開放日やベース歴史ツアーなどでみることができます。

箱根駅伝 [2012年01月05日(Thu)]
正月休みも終わり、すでに通常の生活に戻られた方も多いことと思います。

皆さんは正月休みは、ゆっくりと過ごせましたでしょうか?
私は、2・3日は箱根駅伝をテレビ観戦しました。
今年は、母校が大活躍で、
うれしく思うとともに、後輩から多くの力をもらいました

正月早々、力強いメッセージをもらい、
後輩に負けないよう、がんばらなくてはと、力がはいりました。

今年最初の水中文化遺産関連遺物を紹介します。
写真は、年末に訪れた靖国神社境内に展示・保管されている
幕末に駿河湾に沈没したロシア艦船ディアナ号のものとされる
「鋼製30ポンドキャノン砲」
です。
(全長2.57m、口径160mm)
境内にあり,いつでも見られる状態ですので,
興味がある方は見に行ってください。
本物は、写真より迫力もありますので。
明けましておめでとうございます [2012年01月01日(Sun)]
新年明けましておめでとうございます。

今年は、2〜3月に企画展、2月にシンポジウムを
いずれも東京で開催します。
2009年から始まったプロジェクトのまとめの事業です。

年度末には、調査報告書・水中遺跡地図・水中文化遺産データベースの刊行・公開もします。

また、継続して調査も予定しています。

今年も水中文化遺産の周知・保護、水中考古学の推進に努めますので、
ご理解、ご協力のほどをよろしくお願いいたします。