CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年04月 | Main | 2011年06月»
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
日本考古学協会第77回総会の図書交換会に参加してきました [2011年05月29日(Sun)]
今日(29日)、日本考古学協会第77回総会の図書交換会に参加してきました。
激しい雨が降る中にもかかわらず、
多くの方に、研究所のブースにきてきいただきました。

会員の方にも手伝ってもらい,無事に終了しました。
皆さん,ありがとうございました。

お手伝いいただいた方々、お疲れさまでした。
2011年度第2回日本財団助成事業推進全体会議が開催されました [2011年05月22日(Sun)]
本年度2回目の日本財団助成事業推進全体会議が、
21(土)・22日(日)の2日間にわたり,福岡市で開催されました。

3カ年事業のまとめとなる
・水中文化遺産データーベース
・水中文化遺産地図
・水中文化遺産調査報告書
の刊行・公開

沖縄での
・海底遺跡見学会
・シンポジウム
開催

東京での
・企画展
・シンポジウム
開催

という今年度の柱となる事業の検討がなされました。

沖縄・東京での事業については、
日程・詳細が決定次第,お知らせします。

2011年度第1回ARIUA関東・東北会員連絡会 兼 日本財団助成事業(太平洋沿岸海域調査)推進会議が開催されました [2011年05月16日(Mon)]
昨日(15日)、東京海洋大学越中島キャンパスで、
今年度度第1回ARIUA関東・東北会員連絡会 兼 日本財団助成事業(太平洋沿岸海域調査)推進会議が開催されました。

九州から理事長と理事2名にも参加して、
今年度事業の説明・内容確認およびそれらにたいする意見交換をしました。

後半には、外部講師をお招きして講演会もおこいました。

参加された皆さま、お疲れさまでした。


縄文海進 [2011年05月15日(Sun)]
昨日(14日)の朝日新聞・朝刊・BE土曜版に、
縄文海進」についの記事がありました。

皆さんは、「縄文海進」をご存知でしょうか?
縄文海進」は今から約7,000年前の縄文時代前期に、
海水面が上昇したため、現在の内陸部まで海が入りこんでいたという現象です。
当時の海水面は、今より3〜5m高かったと考えられています。

この現象は、当時のゴミ捨て場であった貝塚(海で採れる貝殻が捨てられています)が、
かなりの内陸部でみつかっている
こからも証明されています。

一般的には温暖化により、陸にある氷がとけて海水面が上昇した結果と説明されています。
ところが、それほど単純な現象ではなく、さまざまな要因により起こった現象です。

そのことについて、記事はわかりやすく説明しています。
興味がある方は、読んでみてください。

もう一つ、少し前の記事となりましたが、
同じ朝日新聞の日曜版GLOBEには、
日本人の起源」という特集が組まれていました。

人類の発展過程、日本人起源についての取材記事が掲載されています。
人類の発展・日本人の起源について、最新成果が反映されている興味深い記事です。
GJOBEホームページ(http://globe.asahi.com/feature/110501/index.html)からも読めますので、これも興味がある方は、ぜひ。

このなかでも取り上げられている、昨年調査された沖縄県石垣島の
白保竿根田原洞穴(しらほさおねたばるどうけつ)から検出された約2万年前の旧石器時代人骨については、
先日、ご紹介した日本考古学協会総会で29日(日)に発表があります。
日本考古学協会第77回総会が開催されます [2011年05月09日(Mon)]
今月28日(土)・29日(日)
日本考古学協会第77回総会が國學院大学渋谷キャンパス(東京都渋谷区東4-10-28)で開催されます。

総会では、公開講演会・セッション・研究発表会・図書交換会が公開されます。
場所やプログラム等の詳細については、日本考古学協会のホームページでご確認ください。
http://archaeology.jp/index.htm

総会のプログラムへは、参加費無料(レジュメは有料)でどなたでも参加できます
日本国内の研究者が一堂に会し、
国内および日本の研究者がかかわった外国の最新の調査成果や研究成果が公開されます。

日本考古学界最大のイベントですので、
興味のある方は、ぜひ参加してみてください。

なお、29日の図書交換会では、
全国から持ち寄られた最新の発掘調査報告書や研究誌がみられ、購入することもできます。

図書交換会へは、アジア水中考古学研究所も参加します
神奈川県のブースでの参加となりますので、ご参加される方はぜひお立ちよりください。


Posted by T.Hayashibara at 23:49 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)