CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年02月 | Main | 2011年04月»
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
東北地方太平洋沖地震支援基金 [2011年03月23日(Wed)]
blogトップページの右上に、
「CANPAN 東北地方太平洋沖地震支援基」のバナーを貼りました。

バナーをクリックすると、
日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金のページに入りますので、
ご協力いただける方は、よろしくお願いいたします。

また、ARIUAのホームページ上にも支援金のバナーを貼りました。
東日本大震災による文化財の被害 [2011年03月22日(Tue)]
今朝の朝日新聞に、東日本大震災による文化財の被害についての記事が掲載されていました。
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201103220283.html

記事によると、国関連の文化財の被害は295件に達し、
このなかには、国宝・重要文化財・特別名勝・特別史跡・重要伝統的建造物群保存地区などもふくまれています。

とくに被害が深刻なものとして、
先日もお知らせした岡倉天心デザインで旧天心邸でもある登録有形文化財・茨城大学五浦美術研究所六角堂(茨城県北茨城市)は津波により建物ごと流され、
重要文化財の東照宮(宮城県仙台市)では石灯籠の8割が崩壊、
旧弘道館(茨城県水戸市)では鐘楼が全壊したとのことです。

また、東京でも江戸城跡(特別史跡)の石垣が崩壊し、
小石川後楽園(特別名勝・特別史跡)では石橋の崩壊・瓦の落下などががあったそうです。

今後、大きな被害を受けた地域の実情が明らかになれば、
被害件数も増えるでしょう。
しかし、地元自治体が文化財調査をできる状態ではないのが現状ですので、
その調査には時間がかかります。

文化庁では地元の混乱が落ち着いた地域から順次、現地調査をしてゆくとのことです。

このように、今回の震災ではひとびとの生活はもとより、
先人が作り上げ、地域の方々の人尽力で守られ、残されてきた多くの文化財も被災しています
2010年度水中文化遺産委員会および第4回日本財団助成事業全体会議が開催されました [2011年03月20日(Sun)]
3月19(土)・20日(日)の2日間にわたり、
2010年度水中文化遺産委員会および第4回日本財団助成事業会議が福岡市で開催されました。

各海域の担当者から今年度の調査報告
事業最終年度になる来年度の事業予定
および事業の総括となる水中文化遺産データーベース・水中文化遺産地図・水中文化遺産調査報告書
の取りまとめ方等の確認がなされ,
委員の先生方には、調査成果の評価やご意見をいただきました。
混乱 [2011年03月16日(Wed)]
地震の被災地では、日ごとに大変な被害の実態が明らかになってきています。

私が住んでいる南関東でも昨日、大きな揺れがあり、
今日も複数回の揺れを感じました。
原発の状況も心配です。

また、計画停電により多少の不便も感じています。

このような状況なのですが、
こちらのスーパーやコンビニでは、棚から食料品がなくなっています。
今日、私もスーパーとコンビニ行きましたが、
弁当類・パン・カップ麺・缶詰めなどがほとんどない状態でした。
ティシュー・トイレットペーパーなども見られませんでした。

また、ガソリンスタンドには長蛇の列。

コンビニでバイトをしている教え子に聞くと、
ひとりでたくさんのカップ麺やパン、さらには弁当やおにぎりを買うひとがいるようです。
買い占めの状態です。
それもカップ麺やパンはわかりますが、
弁当やおにぎりの大量買いには理解に苦しみます。

本当に必要なひとに、ものがゆきわたりません。

通常の状態ではありません。

皆、不安なのでこのような行動に走るのでしょうが、
何が不安なのでしょうか?

ゆっくりと考えてみてください。

地震、原発や計画停電などは、確かに不安要素ですが、
切羽詰まった状況ではないはずです。

少なくとも私や私のまわりのひとは、
普通に食事はとれます、普通に水が飲めます、普通に通勤できます、普通にトイレに行けます、ゆっくりと風呂に入れます、公園では普通に子どもたちが遊んでいます。
普通の生活ができています。

今回の地震で日本全国が被害を受けたわけではありません。
混乱のなかで一時的に物資の流通が滞っているようですが、
西日本はには被害はないわけですから、
必ずもとにもどるはずです。

停電時のように、少しの間、がまんすれば良いのではないでしょうか。
今は、食料品を買いだめしたり、ガソリンや灯油を無理に入手しなくても問題ない状態なのではないでしょうか。

被災地では、食料、ガソリンや灯油といった燃料が不足しています。

もう一度,考えてみてください。
そんなに切羽詰まった状態ではないはずですから。
ほかにやることがあるはずです。
東日本大震災 [2011年03月15日(Tue)]
被災地では、甚大な被害の実態が明らかになってきています。
被害にあわれた方々には、あらためてお見舞い申し上げます。

昨日、被災地に在住の会員から無事である旨の連絡をいただきました.
まだ大変な状況なのでしょうが、本当に安心しました。

私の住んでいる神奈川県では、
計画停電やそれにによる公共交通機関の運転調整などで、
多少の不便は感じますが、
通常の生活を送ることができています。

毎日,揺れは感じています.

被災地では余震はまだ続いています.
原発も心配です.

地震関連の偽情報・偽メールも出回っているようですので,
皆さん,正しい情報で,正しい行動をとってください.
津波 [2011年03月13日(Sun)]
今回の地震での津波と津波ががもたらした光景は、とても衝撃的なものです。

津波が押し寄せて家・車をのみ込んで押し流している光景、
川をさかのぼる津波のようすは、
不謹慎な言い方ですが、CGの映像のようでした。
とても現実とは思えないのです。

スマトラ沖の地震で津波の衝撃や怖さは見ているはずなのですが、
まさか日本でこのような光景をみることになるとは...

今回の地震では、文化財も被災しています。
茨城大学五浦美術研究所(北茨城市)にある登録有形文化財の六角堂(岡倉天心設計)は、
津波により流されて、滅失してしまったそうです。

多くのものを一瞬にのみ込んでしまう津波、
津波の怖さをまざまざと見せつけられました。

まだ連絡がとれない方が多くいます。
無事でいることを祈るばかりです。
また、避難されている方々の健康も心配です。

私たちに何ができるのか、
考えるのですが、
事態が大きすぎて、考えがまとまりません。
東北地方太平洋沖地震 [2011年03月12日(Sat)]
東北から関東にかけて大きな被害をもたらした東北地方太平洋沖地震で、
被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

多くの方が亡くなられています。
多くの方が行方不明になっています。

テレビからは、とても現実とは信じられない衝撃的な映像が映し出されています。
家・船・車を押し流す津波、壊滅状態の集落、火災。
言葉がでません。

私は、この地震を調査で訪れていた八丈島で知りました。
八丈島でもかなりの揺れを感じましたし、
津波もやってきました。

また、現在調査中の天草(熊本県)でもこの地震の影響による津波注意報により、
今日の潜水調査は中止になったそうです。

遠方にまで影響をあたえる天災、
自然の力を実感します。

被災された方々には、あらためてお見舞い申し上げるとともに、
一刻も早く行方不明の方々が救出されることを祈ります。