CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年03月 | Main | 2010年05月»
<< 2010年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
捕鯨 [2010年04月24日(Sat)]
今日の夕刊に、調査捕鯨にたいする大幅縮小案がIWCによって提案されるとの記事が掲載されていました。

今日、捕鯨は大きな国際問題となっています。
捕鯨をおこないたい国条件付きで容認する国認めない国 
が、それぞれの立場からの意見で議論を展開しています。

日本の捕鯨の歴史は、
縄文時代前期(約8,000年前)まで遡れます
当時のごみ捨て場であった貝塚からイルカ類の骨が多量にみつかっている例があります。
中期の土器の底部に鯨類の脊髄骨の圧痕が残っている例もありますし、鯨骨製の刀も出土しています。

弥生時代になると、線刻による捕鯨を表現したと考えられる絵が描かれた土器が出土しており、
このころには集団による積極的な捕鯨がおこなわれたことが伺えます。

ここ数年毎年、海底遺跡の調査をおこなっている
長崎県五島列島の小値賀島は、江戸時代には捕鯨基地として栄え、
その家屋が歴史民俗資料館に利用されている旧小田家は、捕鯨で財をなしています。

日本では、捕獲した鯨の肉は食用、油は灯火用や肥料、ヒゲ・骨は装身具や工芸品、筋は弓の弦、血は薬用、そして糞は香料に使われるなど、「捨てるところがない」と言われるように、
人びとの生活に必要なさまざまなものに利用されてきました。

また、鯨を祭った神社や鯨を供養する寺もあるなど、
鯨(捕鯨)は、日本人の生活とふるくから関係をもってきました

このように、捕鯨は日本文化のひとつだったと言えます。

私も子どものころには、よく鯨肉を食べましたし,
給食の献立にもあったことを思い出します。

ちなみに,江戸時代末に日本にやってきて、開国をせまったペリー一行の来日の目的のひとつは、
太平洋での捕鯨用の寄港地を確保することでした。
ただし,当時の欧米の捕鯨の目的は,おもに燃料用の鯨油と工芸用の鯨ヒゲ・歯の確保です。
肉は食肉の風習はなかったようですので、ほとんど廃棄していたようです。
日本とは、鯨とのかかわりはかなり違いますね。

この違いが、捕鯨にたいする現在の各国の立場・考え方にあらわれているようです。
『島の考古学』橋口尚武・著 [2010年04月21日(Wed)]
本の紹介です。
今回は、橋口尚武・著『島の考古学−黒潮圏の伊豆諸島−』[UP考古学選書3](東京大学出版会発行.1988年刊行)です。

本書は、考古学の研究成果からみた縄文時代〜律令時代の伊豆諸島について記されたものです。
筆者の橋口尚武氏は、島の高校への赴任を契機に伊豆諸島の考古学・民俗学研究に取り組み始めた方で、この分野での第一人者です。



内容は、伊豆諸島の特性および考古学研究史をまとめ、
伊豆諸島の縄文時代・弥生時代・古墳時代・律令時代の遺跡の在り方
本土との関係・交流の在り方および生活の実態についてを
考古学の成果に民俗資料を援用してわかりやすくまとめています。

目次は、以下のとおりです。

1 伊豆諸島の考古学
2 縄文時代の伊豆諸島―海の民の活躍
3 弥生時代の伊豆諸島―焼畑農耕を基盤として
4 古墳時代の伊豆諸島
5 律令時代の伊豆国―伊豆諸島を中心として
島の考古学―第2の貝の道


1988年刊行で、今から約20年ほど前のものですが、
伊豆諸島の原始・古代を理解する上での良書だと思います。

一読した上で、現在の研究成果を加えれば、より理解が深まるものと思います。

A5版・本文136ページ・定価1,800円です。
現在も新本で購入が可能です。


Posted by T.Hayashibara at 23:45 | 本のこと | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
平成22年度第1回事業促進会議が開かれました [2010年04月19日(Mon)]
昨日(18日)に福岡市で、
今年度第1回事業促進会議が開かれました。

今年度事業の方向性・内容の確認、
および各海域での計画の精査がなされました。

今年度は、昨年度に引き続き
南西諸島・鹿児島、日本海域、瀬戸内・四国の調査をおこない、
新たに東日本(紀伊半島〜北海道)の太平洋沿岸域の調査が始まります。
川崎市川崎区の地名 [2010年04月17日(Sat)]
川崎市の川崎区は、東京と神奈川の境を流れる多摩川の下流から河口の南岸に位置しています。
川崎区には、川崎駅、川崎大師があり、
海寄りには扇島・東扇島に代表されるような埋立地が築かれています。

元々は、多摩川の氾濫原でしたが、
江戸時代の新田開発により、活発に土地利用されるようになりました。

今は、埋め立ても進み、
川崎駅前は商業地区、海側は工場地区、その間は住宅地となり、
当時の面影はほとんど見られませんが、
ほとんど坂の無い平坦な地形からは、
氾濫原や海浜であったことが伺われます。

また、地名には砂子・堤根・貝塚・新川通・大島・渡田・浜町・川中島・塩浜・中瀬・港町・浮島町などの
低地や海浜に関連するものが多く残っています
このほか、「〜橋」いう地名も多くみられ
かつて多くの橋がかけられていたことが偲ばれます。

このように、川崎区の地名には、
ひとびと水との強いつながりをしめすものが多くあります。
ですので、水中文化遺産も地中に埋まっているかもしれません。
小値賀島前方湾海底遺跡見学会の様子の動画を公開しました [2010年04月14日(Wed)]
2007年8月に行われた長崎県・小値賀島前方湾海底遺跡見学会の様子の動画を
ARIUAのホームページで公開しました。

(http://www.ariua.org/)

小値賀島前方湾海底遺跡のようすと
見学会がどのようにおこなわれたのかが,おわかりになると思います。

ぜひ,ご覧ください。

この見学会は、ARIUAが掲げている「海底遺跡ミュージアム構想」を実現したものです。
(このブログの題名にもなっています)
とにかく何もかもが初めてのことでしたので、計画段階から試行錯誤の連続だったことを思い出します。
(事業は、日本財団の助成でおこないました)

「海底遺跡ミュージアム構想」は、現在も進行中です。
今後も条件がそろえば、見学会を実施したいと考えています。
映画『てぃだかんかん』 [2010年04月13日(Tue)]
今日、映画『てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡』の試写を観てきました。

世界で初めてサンゴ礁の再生を実現させた金城浩二さんと彼を支えた奥さんの
紆余曲折の実話をベースに映画化した
世界初”サンゴ礁再生”の奇跡に向かって夢を追いかけたふたりの感動実話」(パンフレットにから)です。
出演は、岡村隆史・松雪泰子・吉沢悠・國村隼・原田美枝子ほか、
監督は、李闘士男
です。

映画の内容詳細は、公開前なので書きませんが、
今も続けられている沖縄での「サンゴ礁再生」プロジェクト
「美しかったサンゴの海をもう一度取り戻したい」という一民間人の一心から始まり
実行されてきたようすを丁寧に描いています。
当初は積極的にかかわることがなかった行政・研究者やマスコミが、
金城氏が結果をだすと、それに飛びつくということにたいしては、
かなりの皮肉が込められていました。

全体としては、やや話しの展開が早すぎる感はありましたが、
比較的わかりやす映画だと思います。


サンゴ礁再生の取り組みは、
私たちが取り組んでいる「水中文化遺産」が置かれている状況と似ています
とくに、今では、行政や研究者はもちろんのこと、
一般ダーバーの協力を得られるようになって進められていることは、
「水中文化遺産」の周知・保護・活用の取り組みにも多いに参考になります

映画『てぃだかんかん』は、4月24日(土)から公開です。
海に残されているモノを保護・保全する大変さを実感できる映画でもありますので、
興味がある方は、観てください。

それにしても、お母さん役の原田美枝子さんの快演には圧倒されました。
今日のNHK「クローズアップ現代」 [2010年04月12日(Mon)]
今日、NHKで放映された「クローズアップ現代」で、
産業遺産が取り上げられていました

近年、日本の近代化を支えた炭鉱や製鉄所など現在は廃虚となっている施設を巡るツアーが大人気だそうです。
行政も民間と組んで、村・町おこしの目玉として、これらの産業遺産を利用するケースが増えているそうです。

番組では、産業文化遺産の活用が地域の活性化につながることを強調していました。
確かに、私もその点は同感ですが、
それにともなって、生じているはずの保護や活用にあたっての問題点の指摘・検討はほとんどなされておらず、
偏った内容に感じました。

産業遺産は、その地域に根付いていた産業の姿を伝える遺物や遺跡のことを言います。
そのなかで日本の近代化に貢献したものについては、近代化遺産とも呼ばれています。
1990(平成2)年度より全国を対象とした「日本近代化遺産総合調査」事業を文化庁が開始し、
その保護に乗り出した、比較的最近認識されだした文化遺産でもあります。

重要文化財や登録有形文化財に指定されているものもあります。
広い意味での水中文化遺産に該当するものもあります
(横浜港関連遺産は、その代表的例です)

このような産業遺産ですが、実は定義は一様ではないそうです
担当官庁も文化庁、経済産業省、農林水産省などと複数にわたるものもあります。
また、何をもって、残すもの(保存される)と残されないもの(壊されるもの)を区別するのかという明確な指針はないようですし、
保存と活用の仕方についても、通常の文化財の扱い方とは異なる方法でおこなわれているとも聞いています。

ただし、文化遺産を地域の活性化に生かすということは、
市民の文化財保護にたいする意識の向上になります


ですので、そろそろ保護・活用のための統一的なマニュアルやルールづくりが必要と思います。

この点は、水中文化遺産にも通じることでもありますので、
その推移には注目してゆきたいと思います。
文化は海から...しかし、 2 [2010年04月11日(Sun)]
相模湾岸で、確実な船体の出土例としては葉山町の古墳時代の丸木舟が1艘あるのみです。
装備具としても逗子市・平塚市・小田原市でのそれぞれ1遺跡から
縄文・弥生・古墳時代の櫂(オール)が出土しており、
中世と近世の碇石と考えられてるものが、鎌倉と三浦市に各1例、
近世の鉄製四爪錨が茅ヶ崎市に3例あるのみです。

いずれにしても少ないですね。

これだけでは、各時代の船のようすを語る(復元)することはできません

船体や装具は、大きいものが多いので、
違うものに再利用されている例も他の地域ではあります。
ただし、再利用されているばあいや、
その一部分が出土したばいいは、
それを正確に判断することは、難しいと思います。
ですので、出土しているのに、見逃している例もあるかもしれません
とくに、船体、錨・碇石を遺物としてじっくりと見た経験のない調査担当者には、
その判断は恐らく無理なことだと思います。

ですので、船関係の遺物を多くの方(研究者もふくめて)に知ってもらうことが必要です。
そのために、船体や装備具に関してのセミナーや実物の展示会等を開催して、
理解してもらう場を提供することも実現させたいと思っています。
文化は海から...しかし、 [2010年04月10日(Sat)]
私の住んでいる神奈川県は、東は東京湾、南は相模湾に面しています
とくに、旧「相模国」にあたる相模湾岸には、湘南海岸とも呼ばれる砂浜が東西に長く続いています

この光景は、少なくとも縄文時代以降は、
大きく変わることはありませんから、
ふるくから眼前に広がる海をひとびとは生活の糧としていたことは想像できます。
事実、陸上に残された遺物には、漁業に関するものも多数あります。

また、神津島産の黒曜石の存在は、
旧石器時代から南方に所在する伊豆諸島との交流があったことをしめしますし、
弥生時代では海路からとしか考えられない状況で、西方からの「モノ」が入ってきています
そして、中世・近世には、相模湾に面した鎌倉と小田原という都市が発展し、
両都市と他の都市を結ぶ海運も活発になります。
江戸時代になると江戸−大坂間の航路の途中にある相模湾岸には、
廻船が出入りするような港もありました。

これ以外の時代でも海を介して、「相模」に入ってきた「モノ」(文化)は、数多くあります。

このように、「相模」の発展に、海は大きな役割を果たしてきました

しかし、この海運にもちいられた「船」や「港」の実態は、よくわかっていません
文献が残されている時代でも史料から断片的に語られているすぎませんし、
文献が残されていない(無い)時代となると、ほとんどわかっていないのが現状です。

証明するための遺物の出土がきわめて少ないのです
奈良・西大寺旧境内から渡来官僚の名を記した須恵器片が出土 [2010年04月09日(Fri)]
今朝の朝日新聞に、
「奈良時代に遣唐使船で来日した中国人、皇甫東朝(こうほとうちょう)の名前が記された皿状の須恵器の破片(8世紀後半)が出土した。」
というニュースが掲載されていました
http://www.asahi.com/kansai/entertainment/news/OSK201004090039.html

奈良時代の史書には、約60人の渡来中国人の名前が記されているそうですが、
発掘史料で、それが裏付けられたのは初めてだそうです
「皇甫東朝」なる人物が、実際に存在し、
平城京でも活躍していた可能性が高まったのです。

まさに、考古学の醍醐味ですね。
文字で書かれたことを「モノ」により、証明する

しかし,彼が乗ってきた遣唐使船はというと.....
その実態はよくわかっていません
どんな船で、どんな装備をしていたのかなど。

現状では、文献史料もかぎられているので、
考古学で証明するしかないようです

関連する「モノ」が出土すれば、明らかにできるはずです。
しかし、これまでに陸上から、直接に関連する遺物の出土はありません。
船ですから、それは、海底に残されている.....のでしょうか。



| 次へ