CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年01月 | Main | 2010年03月»
<< 2010年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
2009年度「海の文化遺産総合調査プロジェクト」調査報告会・第3回『水中文化遺産と考古学』シンポジウム開催のお知らせ [2010年02月28日(Sun)]
ここはご案内枠です。日々のブログはこの下からです。

以下の内容で、
日本財団助成事業
2009年度「海の文化遺産総合調査プロジェクト」調査報告会
第3回『水中文化遺産と考古学』シンポジウム

を開催します。

日 時: 2010(平成22)年2月28日(日曜日) 
                10時30分〜17時(10時開場)
 
会 場: 日本財団ビル 1階バウルーム  
            東京都港区赤坂1丁目2番2号
参加費: 無料(資料は有料となります)
主 催: 特定非営利活動法人 アジア水中考古学研究所
                                 (ARIUA)

内 容: 
  【第1部】(午前) 10時30分〜12時30分
  2009年度「海の文化遺産総合調査プロジェクト」調査報告会
    1.アジア水中考古学研究所とプロジェク紹介
    2.調査報告
      ◯南西諸島 : 片桐千亜紀(ARIUA会員)
      ◯九 州     : 野上建紀(ARIUA副理事長)
      ◯瀬戸内・琵琶湖 : 吉崎 伸
                      (水中考古学研究所理事長)
      ◯日本海域    : 小川光彦(ARIUA会員)

  【第2部】(午後) 13時20分〜17時
  シンポジウム「水中文化遺産を理解する」
   【特別講演】 「水中考古学と私」 
              中山千夏(作家)
   【基調報告】
     1.「水中文化遺産と水中考古学」
              岩淵聡文
(東京海洋大学教授)
     2.「海洋考古学の調査・研究の実例」
              Randall J.Sasaki
(ARIUA会員)
     3.「水中文化遺産と国際法
             −日本国内法制への示唆−」
                  中田達也
(文教大学講師)
     4.「身近にある水中文化遺産を巡る」
                   林原利明
(ARIUA理事)
   【討 論】 コーディネーター 塩屋勝利(ARIUA理事)

 ※休憩時間等を利用して、山本祐司氏(ARIUA会員・プロフォトグラファー)による水中文化遺産(ARIUAの調査にともなう)の写真上映も予定しています。


東京でこのような、水中文化遺産・水中考古学に関する会を一日かけて開催することは、初めてではないかと思います。

広くこの分野に興味をもっている方を対象した調査報告会・シンポジウムですので、興味がある方はぜひ、ご参加ください。
水中文化遺産・水中考古学を学びたいと思っている方にも、参考になる情報が多くあります。どうやって学んだら良いのか、などの質問にもお答えできると思います。

多くの方に参加していただき、水中文化遺産や水中考古学を知っていただければ、幸いに思います。

なお、東京シンポに関しての
お問合せや発表者に聞いてみたいこと等が
ありましたら、下記のアドレスまでご連絡ください。

sea.museum@gmail.com


皆さまからのご連絡をお待ちしております。
Posted by T.Hayashibara at 00:09 | セミナー | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
明後日は,東京シンポジウムです [2010年02月26日(Fri)]
東京地方は、昨日に続き、雨が降っていたにもかかわらず、
今日も暖かい一日でした。

そのせいか、昨日から鼻がムズムズし、目がかゆくなってきました。
花粉の季節到来ですかね。

何回も告知させていただいている
東京シンポジウムも明後日にせまりました

今日は、夕方に会場となる日本財団ビルに行き、
ホールの下見・打ち合わせをしてきました。
夕方に行ったのですが、
イス、プロジェクターやマイクの設置がほぼ終了していました。

後は、当日を待つばかりです

明日は、東京海洋大学・越中島キャンパスで、
事前準備・打ち合わせをします。
東京シンポジウムのレジュメができました [2010年02月24日(Wed)]
今日、28日(日)に開催する「東京シンポジウム」のレジュメが私の手元に届きました。

後々に残るものを作ろうと考えていましたので、
報告者のほかに誌上報告というかたちで、
会員や外部の方にも寄稿していただきました。

各執筆者の東京シンポジウムにたいする熱意がこめられているように、
単なるレジュメではない、内容の濃いものとなりました。
体裁はA4版で、ボリュームは60ページ弱です。

現在の水中文化遺産・水中考古学を取り巻く環境や問題点について、整理された内容で、
この分野を理解することはもとより、
これからこの分野を学ぼうとしている方々にも参考になるものと思います。

当日は、1冊500円で販売いたします。


東京シンポジウムまで、あと1週間 [2010年02月21日(Sun)]
東京シンポジウムまで、ちょうど1週間となりました
来週の今日の開催です。

何度も言うようですが、多くの方に参加していただき
「水中文化遺産・「水中考古学」を正しく知っていただきたいですね。

そして、このシンポジウムを次の段階に議論進ませる契機にもしたいとも思っています。

皆さんのご参加をお待ちしています。

なお、当日は研究所の刊行物
研究誌・会報等の販売もいたします
(もしろん,すべて水中文化遺産や水中考古学をあつかった内容のものです)

それとともに、特別講演をお願いしている中山千夏さんの著書
ARIUAの会員で、水中考古学の著作を出版されている井上たかひこさんの最新刊
販売します。

こちらも、よろしくお願いいたします。
新潟県で現地調査がおこなわれました [2010年02月19日(Fri)]
新潟県で「海の文化遺産総合調査プロジェクト」関係の調査がおこなわれましたので、
そのようすをご紹介します。
(情報提供:金沢大学考古学研究室)

調査場所:新潟県沿岸域(新潟市・長岡市・出雲崎町・柏崎市・上越市)
調査実施日:2010年2月12日〜14日
調査目的:海揚がり資料の実見・調査および海岸の踏査


          寺泊での海岸踏査のようす

今回の調査では、
これまでに各海域から引揚げられた須恵器・陶磁器(珠洲焼など)や幕末に撃沈された運搬船の外輪シャフトなどの調査をおこないました.


       寺泊民俗資料館所蔵・外輪船シャフト

新潟県の海揚がり資料の多くは、昭和50年代に盛んであった底引き網漁によって、
引揚げられたものが多い
とのことです。
そのため,水深100mを超えるところから引揚げられたものが多く,
なかには水深500〜600mから引揚げられたものもあるそうです.

また、柏崎市の海岸では、陶磁器片が打ち揚げらる海岸も多くあるそうです.

遺物の種類としては、中世・珠洲焼が多いですが、
縄文土器・弥生土器・須恵器・越前焼や近世の陶器まで、
幅広い年代のものがあります


       巻郷土資料館所蔵・海揚がり須恵器甕

これらの引揚げ資料や海岸に打ち揚げられる資料の由来については、
海上交易にともなうものも多いものとか考えられますが、
今回の調査では、難破船や沈没船の情報は得られませんでした。
館山市立博物館の特別展 [2010年02月17日(Wed)]
千葉県・館山市立博物館本館で、
館山市制施行70周年記念特別展「館山湾の洞窟遺跡」が、
開催されていますので、ご紹介します。

房総半島や対岸の三浦半島にある縄文時代から古墳時代の
生産・生活の場や墓地としてつかわれた
海蝕洞窟遺跡にスポットをあてた展示会です。
眼前に広がる海とのかかわりが深い遺跡です。
丸木舟を利用した「舟葬」の資料も展示されています。
初公開の資料も多いようです。
興味がある方は、ぜひ、お出かけください。

20日(土)には関連講演会が開催されます。
 「海上他界観と海食洞窟墓〜舟葬説再論」
   講 師 :千葉大学文学部教授 岡本東三氏

 館山市立博物館本館
  〒294-0036 千葉県館山市館山351-2
   TEL 0470-23-5212 FAX 0470-23-5213
   E-mail: hakubutukan@city.tateyama.chiba.jp


◆ 開催期間 平成22年2月6日(土)〜3月14日(日)
◆ 開館時間 午前9時〜午後4時45分(入館は、午後4時30分まで)
◆ 休 館 日 2月8日(月)・15日(月)・22日(月)、3月1日(月)・8日(月)
◆ 会   場 館山市立博物館本館 企画展示室
◆ 観 覧 料 一般 500円(300円)、小・中学生、高校生 250円(150円)

詳細につきましては,博物館のホームページでご確認ください.
http://www2.city.tateyama.chiba.jp/Guide/?stoid=17338

Posted by T.Hayashibara at 00:19 | 展覧会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
東京シンポジウム [2010年02月15日(Mon)]
東京シンポジウムまで、2週間をきりました。

今日、産経ニュースに東京シンポの告知記事が出ていました。
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/100215/acd1002150822004-n1.htm

ありがたいですね。

なお,このblogの現在のトップ記事として記載されている
東京シンポの告知内容に間違えがありました。
第2部の開始時間が、間違っていました。


申し訳ありませんでした。
訂正して、お詫びいたします。

あらためて、開始時間をご案内させていただきます.

第1部 2009年度「海の文化遺産総合調査プロジェクト」調査報告会
  10時30分〜12時30分

第2部 シンポジウム「水中文化遺産を理解する」
  13時20分〜17時


以上、です。

なお、当日は途中参加も大歓迎です。
東京マラソン [2010年02月11日(Thu)]
東京シンポジウムの開催日の2月28日は、
東京マラソンの開催日でもあります。

このことは、シンポジウムの日程を決定してから知りました。

東京マラソンの案内をみますと、
開催時間がシンポジウムと見事にかぶります
また、会場近くがコースとなっています

昨年の人出は、190万人ということです。
今年も多くのひとが、繰り出すのでしょうね。

シンポジウムの会場近くも人出が多いのでしょう。
ですので、このblogを見ている方で、
もし、東京マラソン観戦にでかける予定の方がいらっしゃるようでしたら、
少し足をのばして、こちらの会場にも来てください。
途中からの参加も大歓迎ですので、よろしくお願いします。



話題は、まったく変わりますが、
今週初めに、ドルフィンスイムで有名な御蔵島に、
シャチの群れがあらわれたそうです。
http://wanana.blog122.fc2.com/
20〜30頭はいたそうです。
壮観でしょうね。
見たみたいです。

イルカはどうしたのでしょうか?
こっちにも興味があります。

「東京シンポ」まで3週間 [2010年02月07日(Sun)]
2009年度「海の文化遺産総合調査プロジェクト」調査報告会
第3回『水中文化遺産と考古学』シンポジウム

(略称:東京シンポ)
の開催が、3週間後にせまりました。

年が明けてからは、チラシ・ポスターとレジュメづくりで、
慌ただしくしていましたが、
レジュメの原稿も先週に入稿することができ、
一段落つくことができました。

レジュメ原稿をお願いしたていた方々には、
お忙しい中、こちらのスケジュールに合わせていただきまして、
ありがとうございました。

あとは、当日、多くの方に参加していただくように、
周知活動に努めます。


会員の皆さまは、宣伝をよろしくお願いいたします。
そして、会場でお会いしましょう。


なお、東京シンポの詳細につきましては、
このblogのトップとARIUAのホームページでご案内していますので、
ご確認ください。

また、お問合せや発表者に聞いてみたいこと等が
ありましたら、下記のアドレスまでご連絡ください。
sea.museum@gmail.com

よろしくお願いいたします。
瀬戸内海沿岸域での調査のようす [2010年02月01日(Mon)]
「海の文化遺産総合調査プロジェクト」関連調査が、
瀬戸内海沿岸域でおこなわれましたので、そのようすをご紹介します。
(情報提供:NPO法人水中考古学研究所)

調査場所:兵庫県たつの市御津町・韓荷島(からにじま)
調査実施日:2010年1月10日㈰〜11日㈪
調査目的:伝承地の現地確認し、遺物の分布状況から水中遺跡の有無を探る
         (たつの市からのアンケート回答による情報)

韓荷島は、1.5〜2kmに沖合にある島で、
古代から天然の良港であった室津へ行くための目印であったとされています。
その名前の由来について『播磨国風土記』には、
韓国の船沈没し、その荷物が打ち上げられたことによると記されています。


             韓荷島三島

その他に『万葉集』にある
「玉藻刈る 辛荷の島に 島廻する 鵜にしもあれや 家思はざらむ」
という山部赤人の詩は、この島のことをうたったものとして知られています。

いずれにしても、古代から知られていた島であることは、
間違えありません。

この韓荷島という名称は、室津に近い方から、
地ノ唐荷島」・「中ノ唐荷島」・「沖ノ唐荷島」という
3つの島の総称です。
いずれの島も切り立った岩礁が半分をしめる無人の島です。


            中ノ唐荷島(沖ノ唐荷島から見る)

調査は、三島の一部に広がる砂および礫の浜を中心におこない、
地ノ唐荷島と中ノ唐荷島では、近世を主体とする陶磁器片
沖ノ唐荷島では、古墳時代および平安時代の須恵器片を採集しました。


            遺物散布状況(陶磁器)

これらの土器・陶磁器の由来は、
現段階ではよくわかりませんが、
2kmあまり沖合にある島ですので、
航海にともなうものの可能性は、多いにあるものと思います。


             調査状況