CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年04月 | Main | 2009年06月»
<< 2009年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
メキシコ海軍帆船が横浜寄港 [2009年05月30日(Sat)]
今週の27日(水)に、メキシコ海軍の練習帆船「クアウテモック号」(1,800トン)が横浜に入港しました。
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryivmay0905724/

これは、横浜開港百五十周年を祝う「開国博Y150」の記念事業のひとつであるとともに、
日本・メキシコ友好四百周年に合わせたメキシコ側の記念事業でもあり、横浜港出港後は、東京・晴海、千葉・御宿の両港に寄港する予定だそうです。

今からちょうど400年前の1609(慶長14)年9月に、千葉県の御宿町沖に一隻のスペイン・ガレオン船(Galleon.外洋大型帆船)が座礁・沈没するという事件がありました。
この事件をきっかけとして、日本・スペイン・メキシコの修好がはじまるのですが、
記録に残された当時の江戸幕府およびスペイン間の交渉には
双方の政治的思惑が見え隠れして
、非常に興味深いものがあります。

結局は、江戸幕府の鎖国政策によってスペインとの関係は断絶してしまいますが。

このガレオン船は、当時のスペインの支配下にあったアジアのフィリピンと北アメリカのメキシコ間を行き来し、アジアの香辛料や中国・東南アジアの陶磁器や象牙・絹製品などをメキシコ経由でスペインに運んだ貿易船でした。日本の肥前磁器もメキシコに運ばれています。
この貿易はガレオン貿易と呼ばれ,16世紀半ばから19世紀初頭までの長期にわたり、
スペインに多大な利益をもたらました


1609年の沈没船には、任期を終え、メキシコへ戻る途中であったフィリピン臨時総督のドン・ロドリゴ・デ・ビベロ・イ・アベルサが乗っていたこともあり、江戸幕府も彼ら一行に興味をしめしたようで、厚遇しています。
そして、ロドリゴ一行は漂着から10ヶ月後の1610年8月に江戸幕府の用意した帆船で帰国しています。

ロドリゴは、この航海や漂着後のようすを記録に残しており、
和訳されたものとして、次の文献があります。
 村上直次郎(訳注) 1929『ドン・ロドリゴ日本見聞録 ビスカイノ金銀島探検報告』駿南社

なお、御宿町の漂着地区に「日西墨三国交通発祥記念之碑」が建てられており、
今年の9月には、御宿町で記念式典も予定されています。
「横浜マリンタワー」リニューアル [2009年05月24日(Sun)]
6月2日は、150回目の横浜開港記念日です。

横浜のベイエリアは、今、開港150年の記念イベント「開国博Y150」で賑わっています
これに合わせて、数々の施設がオープンあるいはリニューアルされています。

何度か紹介してきた、開港当時からの港湾施設であった「象の鼻」も復元・改修工事がほぼ終了して、
6月2日には「象の鼻パーク」として公開・開放されるそうです。

このほか、4月24日には「マリタイムミュージアム」が常設展示室を全面改装して「横浜みなと博物館」として、昨日の5月23日には横浜のシンボル的存在であった「横浜マリンターワー」もリニューアルオープンしています。

このうち、「横浜マリンターワー」は、長いあいだ横浜のシンボルとして親しまれてきた施設で、
今から約50年前の1961(昭和36)年に、開港100周年を記念して横浜のシンボルモニュメントとして建てられたものです。

高さ106mで、100mの位置には展望台があり、横浜のベイエリアを一望できます。
また、頭頂部には光源が設置され、灯台としての機能ももっていました。
正式名称は「横浜マリンタワー灯台」で、世界でもっとも高い灯台として『ギネスブック』にも登録されていました。

リニューアルに際して、灯台としての機能はなくなってしまいましたが、横浜のシンボルモニュメントであることには変りはありません。

映画にもたびたび登場していますね。

私も「横浜マリンタワー」には何度か行ったことがあります。
展望台からの景色はもろんですが、鳥を放し飼いにした「バードピア」という鳥類園もあったことが印象に残っています。
「なんで、こんなところに鳥類園?」という感じの施設でしたが。
ちなみに、この鳥類園はリニューアルではなくなってしまいました。
飼われていた鳥たちは、神戸のポートアイランドにある「神戸花鳥園」に引き取られたそうです。
港つながりですね。
朝日新聞・西部版 [2009年05月09日(Sat)]
5月1日付の『朝日新聞・西部版』(夕刊)に、3月29日に開催されました
第2回「水中文化遺産と考古学」シンポジウム 『海の道 その遺産と考古学』に関する記事が掲載されました


                            〈この新聞記事の無断転載は禁止します〉

カラー写真つきの大きな記事です。
シンポジウムの内容がわかりやすく、報告されています。

新聞にこのような記事が掲載されると、
より多くの方々に水中考古学、水中文化遺産や研究所の活動を知ってもらえるため、
励みになりますね。
『諏訪湖底曽根遺跡研究100年の記録』が刊行されました [2009年05月04日(Mon)]
昨年、その発見から100年を迎えた長野県諏訪市「諏訪湖底曽根遺跡」の研究調査報告書が刊行されました。

諏訪湖底曽根遺跡」は、以前にこのブログでも取り上げたように、旧石器時代から縄文時代にかけての石器研究の重要な遺跡であるとともに、日本で水中遺跡研究への関心が高まるきっかけともなった記念すべき遺跡でもあります。

私もまだ案内をもらったのみで、内容の確認はしていませんが、
内容は、複数の研究者による曽根遺跡調査・研究の学史出土資料の所在確認藤森資料(諏訪市博物館所蔵)の再整理遺跡の考察など遺跡の総合調査・研究報告書といえるものようです。

早速、注文をしました。





 ・ ページ数  537項(カラー図版込み)
 ・ 監   修 戸沢充則
 ・ 編   著 曽根遺跡研究会(代表 三上徹也)
 ・ 発   行 株式会社長野日報社
 ・ 刊 行 日 2009年3月3日
 ・ 価   格 5000円(送料別)

 購入等の詳細については、下記に連絡をしてみてください。
  曽根遺跡研究会(代表 三上徹也) 
        pekopone@po24.lcv.ne.jp
下蒲刈島と上蒲刈島へ行ってきました [2009年05月01日(Fri)]
広島県呉市下蒲刈島(しもかまがりじま)上蒲刈町島(かみかまがりじま)に行ってきました。



両島とも瀬戸内海に浮かぶ小島で、下蒲刈島は、面積約8km2で、本土とは安芸灘大橋によって結ばれています。
上蒲刈島は、下蒲刈島と蒲刈大橋によって結ばれており、面積は約19km2です。

かつては、下蒲刈島が安芸郡下蒲刈町上蒲刈島が安芸郡蒲刈町として行政上、それぞれ独立していましたが、現在は合併によって呉市に編入されています。

訪れた日は、天気が良かったこもあり、両島とも海の青と山肌の緑が美しく、名産品のみかんの黄がそれに色をそえていました。

下蒲刈島古くから瀬戸内海交通の要衝と栄えた歴史があり、江戸時代には朝鮮通信使も立ち寄っています
それを物語るように朝鮮通信使に関連した遺構も複数残っています

この下蒲刈島には、蘭島閣美術館、蘭島閣美術館別館、松濤園、三之瀬御本陣芸術文化館、白雪楼、昆虫の家(頑愚庵)、貝と海藻の家など多くの文化施設があります

これは,豊かな自然と日本古来の風習を生かした全島庭園文化事業(ガーデンアイランド構想)の一環として整備されたものです。
(詳細は、財団法人蘭島文化振興財団のH.P. http://www.shimokamagari.jp/ で確認できます)

この文化施設の中心をなしている松濤園(しょうとうえん)は、陶磁器館、朝鮮通信使資料館、あかりの館、御番所の4館からなり、このうち朝鮮通信使資料館『御馳走一番館』には、全国的にも珍しい縮尺1/10の朝鮮通信使船が復元・展示されています



東対岸にある上蒲刈島には、海岸整備工事時に発見された古代製塩遺跡(沖浦遺跡)を復元展示をした展示館があります
展示館は、発見された海岸に接して建っており、隣接する施設では古代製塩(藻塩作り)が体験できる施設もあります。



このほかにも両島には旧石器時代以降、各時代の遺跡・遺構が残されています
そのなかには、島という地理的な特徴から海に関連するものも多くあります
海底の文化遺産についての調査例はありませんが,残されている可能性は多いにあると思います
(それも陸上の遺跡の在り方をみると,各時代にわたっている可能性があります。)

調査をしてみたいと思うとともに、
美しい海を見ていると、「海底遺跡ミュージアム構想」の有力な候補地にもと考えてしまいます。
陸上にも多くの歴史遺産や文化施設があるなど、条件はそろっています。
残るは、海の中だけです。