CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年04月 | Main | 2010年06月»
<< 2010年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
「遣唐使船」復活 [2010年05月12日(Wed)]
5月8日付けの朝日新聞に、
「遣唐使船」復活、上海万博へ出航 当時のルートたどる
という記事が掲載されていました。
http://www.asahi.com/national/update/0508/OSK201005080090.html

平城遷都1300年祭にちなみ、
遣唐使船が復元され

現在開催中の上海万博会場へ向け、
8日に大阪港を出港したそうです。
(到着は6月12日の予定)

この事業は、財団法人角川文化振興財団
「遣唐使船再現プロジェクト」として行なわれたものです。
http://www.kentoushisen.com/

復元された遣唐使船は、
木造で、全長32.5m、幅9.6m
竹で編んだ帆2本5mの櫂(かい)20本を備えており、
「最新の学説にもとづいて現代によみが」えったものだそうです。

限られた資料での復元は、大変だったことでしょう。
どのような資料を使ったのでしょうか?
その点にも興味があります。

ちなみに、ディーゼルエンジンを搭載しており、
自走もできるそうです。

日本に戻ってきたら、ぜひ見に行きたいですね。

| 次へ