CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年02月 | Main | 2010年04月»
<< 2010年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
大多喜町・御宿町の調査 [2010年03月28日(Sun)]
千葉県大多喜町と御宿町の現地調査
26日(金)・27日(土)の2日間におこないました。

今回の調査は、御宿町沖に約400年前の1609(慶長14)年に座礁・沈没した
スペイン・マニラガレオン船「サン・フランシスコ号」に関する基本的情報収集・整理を目的としたもので、
地元へのあいさつもしてきました。

「サン・フランシスコ号」事件に関連する現在の行政機関の大多喜町と御宿町の両教育委員会へ赴き、
大多喜町では教育長と担当者、御宿町では担当者と会い、
こちらの調査の趣旨・内容を説明し、理解していただき、協力をいただけることとなりました。

本格的な調査は、来年度となります。

また、関連する現地にも行ってきました。

御宿町歴史民俗資料館では、関連資料をみせていただき、
地元の岩瀬酒造株式会社では、母屋(江戸初期の築造)の屋根材として使用されている
サン・フランシスコ号のマスト材と伝わるものを見学しました。

             岩瀬酒造株式会社・母屋

また、サン・フランシスコ号事件を契機にできたスペイン、メキシコとの友好関係を記念して1928(昭和3)に建てられた日・西・墨三国交通発祥記念之碑(メキシコ記念塔)

               メキシコ記念塔

沈没した船から人やものが流れついて、
地元の人たちがその救助をした場所とされる御宿町岩井田の田尻海岸へも行ってきました。

             田尻海岸への入り口にある案内板


                  田尻海岸
| 次へ