CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年02月 | Main | 2010年04月»
<< 2010年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
エルトゥールル号の調査 [2010年03月15日(Mon)]
今朝のNHKニュースで、今からちょうど120年前に、
和歌山県串本沖で、沈没したトルコの軍艦エルトゥールル号の調査について、
放映をしでいました。
継続して調査がおこなわれていること、
地元も協力体制にあること、
引揚げられた遺物はトルコで整理されるとのこと、
などが報告されていました。

水中文化遺産としての沈没船が考古学的な手続きで、
調査されている数少ない国内事例です。

ただし、この調査は日本の文化財保護法のもともでおこなわれているものでは、ありません。
調査を実施するにあたり、さまざまな事情があったと聞いでいます。

現在、調査は地元の協力のもと進んでいるようですので、今後はARIUAとしても何ができるのかを
検討しながら調査の推移をみたいと思います。
| 次へ