CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 訃報 | Main | メディア»
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
第3回アジア太平洋地域水中文化遺産会議 [2017年12月04日(Mon)]
11月27日から12月1日に,
第3回アジア太平洋地域水中文化遺産会議が,香港海事博物館で開催されました
http://www.apconf.org/

会議について,第6セッションを主催された岩淵聡文理事から紹介文をいただきましたので,
転載させていただきます.
詳細については,Facebookでも報告をされています.
https://www.facebook.com/Asian-Research-Institute-of-Underwater-Archaeology-ARIUA-%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E6%B0%B4%E4%B8%AD%E8%80%83%E5%8F%A4%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80-299782973479347/?hc_ref=ARQTOfDUo4eyjK-frsdof8VsFC4C9vR0IxA-EifM3mmUOCrN69Ac5bFzJRsud1YLcZA

以下,転載記事となります.

我々の第6セッション「東アジア周辺部における水中考古学の歴史と現在の傾向」においては,
14本の優れた論文発表が行われ,同会議中最大のセッションとなることができました.
また,ベスト論文賞も,我々のセッションで発表を実施した王立地理学会のClifford J. Pereira さんへ授与されることになりました.

これもひとえに皆様方のご尽力,ご協力の賜物であると考えております.

第3回アジア太平洋地域水中文化遺産会議については,
12月17日(日)に東京海洋大学で開催の2017年度第2回アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)においても,簡単な総括を実施する予定です.

お時間が許せば,是非ご参集下さい.

2020年に開催の第4回アジア太平洋地域水中文化遺産会議の際にも,
また皆様に再会できますことを楽しみにいたしております.

IMG_0637.JPG
http://blog.canpan.info/ariua/archive/805
Posted by T.Hayashibara at 23:34 | 国際学会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
台湾国立水中文化遺産研究所設立記念国際フォーラム [2017年09月16日(Sat)]
2017年10月16日(月)〜18日(水)
台湾文化省,国立台湾海洋大学,IMARM(国立台湾海洋大学海洋事務輿資源管理研究所)主催の
台湾国立水中文化遺産研究所設立記念国際フォーラム
台北において開催されます.

韓国国立海洋文化財研究所の金炳菫博士,
グアム大学のビル・ジェフリー博士(第3回アジア太平洋地域水中文化遺産会議会長),
東京海洋大学の岩淵聡文教授(ARIUA理事)
らが基調講演を行います.
Posted by T.Hayashibara at 22:51 | 国際学会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第8回世界考古学会議京都大会(WAC-8 KYOTO) [2016年04月04日(Mon)]
今年,2016年8月28日〜9月2日に,
第8回世界考古学会議京都大会(WAC-8 KYOTO)が,
同志社大学・今出川キャンパスを主会場にして,開催されます.

http://wac8.org/japanese/home-j/
http://www.book61.co.jp/pdf/sympo00356.pdf

大会では水中文化遺産や水中考古学に関連したものもふくむ
15のオーガナイズドセッションが設けられています.

セッションT10-Vの「水中考古学における水中ロボットの活用」(Underwater archaeology using robots)では関連の報告が現在3本エントリーされています.
http://wac8.org/academic-program/accepted-sessions-2/accepted-sessions-list/

現在,水中ロボットを応用した水中考古学関連の報告希望者を募っています.
詳細については,以下の連絡先でご確認ください
 連絡先:kawamura@se.ritsumei.ac.jp
     立命館大学・川村貞夫(理工学部ロボティクス学科)
Posted by T.Hayashibara at 01:27 | 国際学会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第6回国際水中考古学大会(IKUWA)が今年オーストラリアで開催されます [2016年02月29日(Mon)]
第6回国際水中考古学大会
The Sixth International Congress on Underwater Archaeology(IKUWA6)


が、11月28日から12月21日にオーストラリアで開催されます.


水中文化遺産関連では,
小野林太郎・木村淳氏(東海大学海洋学部)等による
「東アジアの水中文化遺産研究と管理の現状と展望」
''Current and future prospects of underwater cultural heritage studies and management in East Asia”
をふくむ,
3つのセッションが設けられています.

大会の詳細はIKUWAYのホームページをご覧下さい.
Posted by T.Hayashibara at 01:31 | 国際学会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)