CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 水中文化遺産 | Main | 訃報»
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
2017年度・第1回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)が開催されました [2017年09月13日(Wed)]
2017年度・第1回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)が2日(土)に開催されました.

今回は,事例報告・研究報告・日本考古学協会セッション報告の
3本の報告がメインでした.

多くの方に参加いただき,活発な意見交換および情報の共有がなされました.

講師のお三方は,いずれも遠方から多忙な中、貴重な時間を割いて参加いただきました.
あらためて感謝いたします.

講師ならびに参加者の皆さん,お疲れさまでした.

次回は,12月開催を予定しています.

DSC_1272 のコピー.JPG
2017年度・第1回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)開催のご案内 [2017年09月02日(Sat)]
ここはご案内枠です.日々のブログはこの下からです.

今年度1回目の連絡会(研究報告会)の開催が決まりましたので,お知らせいたします.

2017年度・第1回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)
日 時:2017年9月2日(土) 13:30〜17:00
場 所:東京海洋大学・越中島キャンパス 3号館4階会議室(405号室)
    http://www.e.kaiyodai.ac.jp/contact.html
 
内  容
1.調査・研究報告
 (1)事例報告 「地方公共団体における水中文化遺産の対応状況 −静岡県の場合−」
                        谷口哲也さん(沼津市教育委員会)
 (2)研究報告 「窯業と水辺文化 −窯業遺跡出土の漁労具を事例に−」
                        大西 遼さん(愛知県陶磁美術館)
 (3)報  告 「日本考古学協会総会セッション「水中文化遺産と考古学−その動向と展望−」
                        中川 永 会員
2.水中文化遺産情報交換
 
今回は,東海地方(静岡県・愛知県)にお住まいの会員および外部講師による3本の報告となりました.
谷口さんには静岡県を例に水中文化遺産と行政の現状および展望についての報告,
大西さんには水中文化遺産関連遺物についての研究報告,
中川会員には,5月におこなわれた日本考古学協会でのセッションの報告
をぞれぞれしていただきます.
このほか,水中文化遺産の情報交換の場も設けます.
 
会員以外の方の参加も大歓迎ですので,お知り合いの方への周知もいただけましたら幸いです.
多くの方のご参加をお待ちしております.
なお,会場設定の都合がありますので,ご出席されるばあいは林原(sea.museum@gmail.com)までご連絡をお願いいたします.
 
ARIUAポスター.jpg
2016年度・第3回アジア水中考古学研究所東日本会員連絡会が開催されました [2017年03月11日(Sat)]
2016年度・第3回アジア水中考古学研究所東日本会員連絡会が先週末,5日(日)に開催されました.

今回は,メインの報告として今年度に実施した調査報告(初島沖・琵琶期),
講座として海底に残された遺物としての四爪鉄錨の事例報告が,
会員によりなされました.

また情報交換では,先日福岡で開催された「日中韓文化遺産フォーラム」も参加報告,
今年11月に開催が予定されている「第3回アジア太平洋地域水中文化遺産会議(APCONF2017)」の概要説明がなされました.

年度末の開催となりましたが,遠方からの方もふくみ,多くの方に参加いただき,
活発な意見交換および情報の共有がなされました.

報告者ならびに参加者の皆さん,お疲れさまでした.
PICT0005.jpg

PICT0023.jpg
2016年度・第3回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)開催のご案内 [2017年03月05日(Sun)]
ここはご案内枠です.日々のブログはこの下からです.

2016年度・第3回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)を開催します.

日 時:2017年3月5日(日) 13:30〜16:30
場 所:東京海洋大学・越中島キャンパス 3号館4階会議室(405号室)
    http://www.e.kaiyodai.ac.jp/contact.html
参加費無料

内 容:
 1.水中文化遺産調査報告
  (1)「2016年度初島沖海底遺跡調査報告(朝日新聞文化財団助成事業)」 長井 宣子(ARIUA)
 (2)「2016年度琵琶湖湖底遺跡調査」 中川 永(ARIAU)

 2.水中文化遺産講座
「水中文化遺産と考古学 –海底に残された四爪鉄錨−」  林原 利明(ARIUA)

 3.水中文化遺産情報交換

「水中文化遺産調査報告」では,今年度実施した初島沖海底遺跡(静岡県)と琵琶湖湖底遺跡(滋賀県)の調査について担当した会員により報告をしていただきます.両遺跡ともに,国内では少ない継続調査を実施している事例です.

「水中文化遺産講座」では,具体的な事例をあげて水中文化遺産への理解を深めたいと考えています.
今回は「海底に残された四爪鉄錨」を取り上げます.

このほか,水中文化遺産の情報交換の場も設けます.

 会員以外の方の参加も大歓迎ですので,お知り合いの方への周知もいただけましたら幸いです.
多くの方のご参加をお待ちしております.
なお,会場設定の都合がありますので,ご出席されるばあいは sea.museum@gmail.com (担当:林原)までご連絡をお願いいたします.
ARIUAチラシ-2016-03.pdf
2016年度・第2回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会が開催されました [2016年11月14日(Mon)]
2016年度・第2回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会は、昨日、多くの方に参加いただき、盛会で終えることができました。

今回は、「学生による水中文化遺産研究」として、「水中文化遺産」をテーマとした卒論・修論の発表(6件)をしてもらいました。

参加者からは、発表者にたいして、
研究内容や進め方等、多くの助言や意見が述べらました。

発表者には、今後研究を進めるにあたり、
自身の研究を振り返り、課題を整理するうえでも良い機会になったのではないかと、思います。

発表者および参加者の皆さま、お疲れさまでした。

2016年度・第2回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)開催のご案内 [2016年11月13日(Sun)]
ここはご案内枠です.日々のブログはこの下からです.

2016年度・第2回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)を開催します.

日 時:2016年11月13日(日) 13:00〜17:30
場 所:東京海洋大学・越中島キャンパス 3号館4階会議室(405号室)
    http://www.e.kaiyodai.ac.jp/contact.html

内 容:
 1.学生による水中文化遺産研究(卒論・修論報告会)
  昨年度卒論・修論を提出した学生および今年度卒論・修論提出をひかえた学生による卒論・修論の報告
 2.水中文化遺産情報交換

今回は,学生(元学生)による卒論・修論の報告会です.
提出をま間近にひかえた学生,および昨年度提出した(元)学生にも報告をしてもらいます.
水中文化遺産研究の多様性を反映し,考古学・文化財学・法学の各分野から8名の報告となりました.

学生による水中文化遺産研究にたいするテーマや取り組み方を知ることができる機会になることと思いますし,
この分野に興味がある方はもとより,水中文化遺産研究を研究テーマに考えている学生には,参考になることも多いと思います.
報告する学生にとっても自身の研究の内容や進展を確認する機会ですので,
多くの方に参加いただき,学生に叱咤激励をしていtだければ,と思っています.

このほか,水中文化遺産の情報交換の場も設けます.

 
会員以外の方の参加も大歓迎ですので,お知り合いの方への周知もいただけましたら幸いです.
多くの方のご参加をお待ちしております.
なお,会場設定の都合がありますので,ご出席されるばあいは林原(sea.museum@gmail.com)までご連絡をお願いいたします.
ARIUAチラシ-2016-2.ai.pdf
2016第2回 ARIU連絡会 発表内容.pdf
2016年度第1回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)を開催しました [2016年06月13日(Mon)]
昨日(6月12日.13:30〜17:00),2016年度第1回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)を開催しました.

今回も20名以上の参加があり,盛会で終了できました.
また,今回は初めての試みとして参加者の疑問や質問を交換するミニシンポジウムというかたちを採りました.

テーマは「水中文化遺産保護条約」.
講演をお願いした小山佳枝さん(中京大学)は,水中文化遺産保護条約採択までの経緯や内容・問題点・課題を丁寧に整理していただき,わかりやすくお話ししていただきました.

2本の報告では.
中田達也さん(ARIUA・東京海洋大学)が.法学の立場から国内法との関連や問題点・課題を,
中川永さん(ARIUA・豊橋市文化財センター)が,考古学研究者の立場から考古学調査・研究における「条約」の問題点・課題を,
それぞれ整理していただきました.

これにたいして,参加者が疑問・質問・意見を交わし合うなど,活発な意見交換ができました.

講演・報告・意見交換を通じて,
「水中文化遺産」および日本の「水中文化遺産」への理解・取組の現状の理解が,一歩進み,
課題についても共有できたことと思います.


ご講演いただいた小山さん,報告いただいた中田さん・中川さん,お忙しいところご対応いただきまして,ありがとうございました.
参加していただいた皆さん,長時間お疲れさまでした.

次回は,10月下旬の開催を予定しています.

DSCN1790.JPG

2016年度・第1回アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会を開催します [2016年06月12日(Sun)]
ここはご案内枠です.日々のブログはこの下からです.

2016年度・第1回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)を開催します.

日 時:2016年6月12日(日) 13:30〜17:00
場 所:東京海洋大学・越中島キャンパス 3号館4階会議室(405号室)
    http://www.e.kaiyodai.ac.jp/contact.html
 
1.水中文化遺産ミニシンポジウム
     −「水中文化遺産保護条約」を理解する−
 講 演 「水中文化遺産の保護をめぐる法的諸問題」 小山佳枝(中京大学)
 報 告「埋蔵文化財行政と水中文化遺産保護条約−海域区分に対する日本の対応を展望して」 中田達也(ARIUA・東京海洋大学)
   「日本における考古学環境と,水中文化遺産保護条約」 中川 永(ARIUA・豊橋市文化財センター)
 質疑応答

2.水中文化遺産情報交換
 
今回は,ミニシンポジウムとして「水中文化遺産保護条約」をテーマにします.

中京大学の小山佳枝さんをお招きして,「条約」についてご講演していただきます.
このほか,国内法および考古学研究者からみた「条約」について
会員の中田達也さんと中川永さんにもご報告いただきます.

講演・報告・質疑応答を通して「条約」を正しく理解し,水中文化遺産の保護やその実情についても考えてみたいと思っています.

水中文化遺産の情報交換の場も設けます.
 
会員以外の方の参加も大歓迎ですので,お知り合いの方への周知もいただけましたら幸いです.
多くの方のご参加をお待ちしております.
なお,会場設定の都合がありますので,ご出席されるばあいは林原(sea.museum@gmail.com)までご連絡をお願いいたします.
2015年度・第3回アジア水中考古学研究所東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)が開催されました [2016年02月22日(Mon)]
昨日(21日),2015年度・第3回アジア水中考古学研究所東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)が開催されました.

催しものが多く開催される時期にもかかわらず(昨日も近郊で複数の催しがありました),
今回も多くの参加者があり,盛会で無事に終了することができました.
遠路からの参加者もあり,また各報告にたいして活発な質疑応答もなされるなど,
水中文化遺産にたいする関心の高さをあらためて確認することができました.

参加された皆さまお疲れさまでした.

次回(2016年度・第1回)は,5月中旬を予定しています.

PICT0005-2.jpg

KIMG1000.JPG

KIMG1001.JPG
2015年度・第3回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)の開催のお知らせ [2016年02月21日(Sun)]
ここはご案内枠です。日々のブログはこの下からです。

2015年度・第3回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)を開催いたします.

日 時:2016年2月21日(日) 13:30〜17:00
場 所:東京海洋大学・越中島キャンパス 3号館4階会議室(405号室)
    http://www.e.kaiyodai.ac.jp/contact.html

1.水中文化遺産講座
 ○「水中文化遺産と考古学−遺跡を残す意味を考える−」
 (1) 「水中文化遺産と原位置保存」   岩淵聡文(東京海洋大学教授・ARIUA理事)
 (2) 「なぜ遺物をすぐに取り上げないのか」  林原利明(ARIUA理事)
2.報 告
 ○「初島沖海底遺跡調査報告(2015年度・朝日新聞文化財団助成事業)」
3.水中文化遺産情報交換

今回は,水中文化遺産講座1と報告1本を予定しています.
水中文化遺産講座は,入門講座として発見した遺構・遺物をすぐに取り上げず(引揚げず)に,その場に残す意味について考えます.
報告では昨年の11月〜12月にかけて水中ロボットを用いた遺跡の検出状況図を作成する実験をした初島沖海底遺跡の調査報告をします.また,水中文化遺産の情報交換もおこないます..

会員以外の方の参加も大歓迎ですので,多くの方のご参加をお待ちしております.
なお,会場設定の都合がありますので,ご出席されるばあいは林原(sea.museum@gmail.com)までご連絡をお願いいたします.
お問い合わせも林原までお願いいたします.

ARIUAチラシ.jpg
| 次へ