CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2018年度第1回東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)を開催しました | Main | 勝浦市でハーマン号関連遺物の展示»
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
鷹島で「水中考古学公開セミナー」が開催されます [2018年09月20日(Thu)]
鷹島(長崎県松浦市)にある松浦市立水中考古学研究センターで,
国史跡鷹島神崎遺跡の周知と水中考古学の普及公開を目的とする水中考古学の公開セミナーが開催されます.

テーマ:「あなたも水中考古学の魅力に触れる」
日 時: 10月6日(土)〜8日(日)
対 象:地方自治体職員,大学生,一般
参加費:無料
申 込:事前申込必要(締切9月28日)

地方自治体職員・大学生と一般の方は別メニューでおこなわれるとのことです.
現地で水中遺跡,調査,法律(国内外),保存処理,水中工学機器に関すること等多彩な内容を学ぶことができます.
このような機会はなかなかありませんので,興味がある方はぜひ参加してみてください.

詳細は,松浦市のH.P.でご確認ください.
http://www.city-matsuura.jp/www/contents/1536727983281/index.html



Posted by T.Hayashibara at 03:02 | セミナー | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1391188

コメントする
コメント