CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2018年度・第1回アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会開催のお知らせ | Main | 鷹島で「水中考古学公開セミナー」が開催されます»
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
2018年度第1回東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)を開催しました [2018年09月17日(Mon)]
昨日(9/16 ),2018年度第1回東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)を開催しました.
多くの方の参加があり,盛会で終えることができました.


出席いただきました方々,ありがとうございました.
また,遅くまでおつきあいいただきました方々,お疲れさまでした.

今回はいつにも増して,考古学・海事史.工学・法学および研究者・行政関係者・学生.ダイバー・この分野に関心を持っている方等多分野・多彩な方々の出席者となり,
「水中」にたいする学問的多様性をあらためて実感しました.

今後も水中考古学・水中文化遺産の理解・周知のために連絡会を開催しますので,
非会員の方でも参加でも参加できますので,ご都合がつく方は,ぜひご出席ください.
次回は12月開催を予定しています.
詳細が決まりましたら,お知らせします.
P9169465.jpg

P9169486.jpg
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1390567

コメントする
コメント