CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«『千葉県勝浦市 興津海浜遺跡調査報告書』のPDF版が公開されました | Main
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
『Safeguarding Underwater Cultural Heritage in the Pacific』 [2017年12月29日(Fri)]
『Safeguarding Underwater Cultural Heritage in the Pacific』が,
UNESCO太平洋諸国事務所から刊行されました.

本書は,太平洋域における第二次世界大戦中の関連水中文化遺産の保護と管理の現状について報告したものです.
今後,関係国間で問題となる第二次世界大戦中の関連水中文化遺産の効果的かつ持続可能な管理のためのガイドラインを作成するための資料でもあります.

UNESCOのホームページからPDF版がダウンロードできますので,
ぜひご覧になってください.
http://www.unesco.org/new/en/culture/themes/single-view/news/safeguarding_underwater_cultural_heritage_in_the_pacific/

なお,この報告書は東海大学のサポートによって出版されたものです.
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1328527

コメントする
コメント