CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«『水中遺跡保護の在り方について』(報告)[水中遺跡調査検討委員会・文化庁] が公表されました | Main | 『Safeguarding Underwater Cultural Heritage in the Pacific』»
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
http://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
『千葉県勝浦市 興津海浜遺跡調査報告書』のPDF版が公開されました [2017年12月26日(Tue)]
以前このブログでも紹介した
『千葉県勝浦市 興津海浜遺跡調査報告書 −デビッド・M・ギルフォイル氏蒐集資料−』
PDF版が,公開されました.
http://blog.canpan.info/ariua/archive/481

公開先は,「歴史と文化再生研究会」のホームページです.
http://hcra.sakura.ne.jp/wp/

地元のデビッド・M・ギルフォイル氏が,20年以上にわたって興津浜で採集した資料の整理報告書です.
収集資料は2万点以上におよび,
縄文から近世までの土器・陶磁器・ガラス製品・石製品・瓦など幅広い内容です.

なお,冊子版もまだ残部があるとのことですので,
ご希望の方は,ホームページから問い合わせをしてください.


Posted by T.Hayashibara at 23:53 | 本のこと | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1327886

コメントする
コメント